添田の人~久保田実生の活動日記~

英彦山の麓にある添田町(福岡県田川郡)。そんな添田の住人、久保田実生(くぼたみしょう)の政治的活動日記です。

久保田実生からのお知らせ。

☆添田町議会のYouTubeチャンネル(こちら
 YouTubeで議会中継がご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさと納税 はじめました。

ワールドカップ、始まりました。
日本代表の勢いを。。。と行きたかったのですが、まさかの初戦を落とすとは!!
あれだけ初戦の結果が大事だと言っていたので、選手たちへの動揺も大きいのではないか。

それでも、第2戦、第3戦はやってくる。
岡ちゃん(岡田さん)が言っていたが、この敗戦は今の日本に必要なことだったんだと。
この負けを乗り越えられるかどうかが試されていると。

がんばれ、香川!!



ふるさと納税が話題になって、随分となりますが、添田町でもホームページにその案内が掲載されています。

添田町ふるさと寄附金(ふるさと納税)のご案内

ふるさと納税の競争にはなかなか勝てないかもですが、
添田町へのオモイを持った方に対しては、カタチにするための手段が整ったかなと思います。
まだまだ始めたばかりですが、住民の皆さんにも知ってもらい、多くの方に知ってもらいたいです。


先の議会で、あり方委員会の最終報告を行いましたが、その報告書がアップされています。

議会のあり方を考える特別委員会最終調査報告について

議会事務局の方で対応いただきました。
早速の対応、ありがとうございます。
結果にはいろいろとありますが、
議会が議会のことを自分のこととして向き合った結果です。
ここを新たなスタートにして、改革を進めていけたらと思います。
私たち議会も試される日々が続きます。
スポンサーサイト

18日の活動日記。

昨日(18日)は、北九州市議選(2月1日投開票)の応援に行こうかとも思っていましたが、飯塚市でイベントがあったので、そちらに参加しました。
参加したイベントは、浄化槽フォーラム・シンポジウム「生活排水対策と遠賀川の水環境を考える」です。主催は浄化槽フォーラム、共催は環境省(浄化槽推進室)です。
浄化槽シンポ1 浄化槽シンポ2
先ずは講演があり、原口公子さん(北九州市環境局環境科学研究所)より「遠賀川の水質と浄化の取り組み」についての話がありました。
遠賀川の基礎知識や遠賀川の水質が悪いことなどを聴きました。九州管内一級河川の水質ランキング(平成19年)では、ワーストワンだそうです(参照 こちら pdfファイル)。

次に、川上毅さん(環境省浄化槽推進室長)より「浄化槽施策の最近の動向について」の話がありました。
下水道を整備するには、費用がかかるので、浄化槽が適しているという話でした。推進するために啓発をはじめ、努力しているとのことでした。
今、国会で議論されている第2次補正予算の中にも、浄化槽の普及促進事業が入っているようです。チラシが入っていたので、それを写真に撮って掲載します。ネットで探しましたが、うまく見つけられませんでした。
チラシ1 チラシ2
総額50億円のモデル事業です。これまで、浄化槽の事業費に対する負担支援として、国が1/3を支援していましたが、その割合を1/2に拡充している点も大きいです。
残りも「地域活性化・生活対策臨時交付金」(只今審議中 リンク先はpdfファイル)の充当対象となるので、自治体の負担が軽減されるというものでした。
参加している方の中には自治体関係者もいたかと思いますが、このような情報はありがたいですね。添田町も、是非、このモデル事業に手を挙げて、浄化槽の整備を進められたらと思います。

浄化槽と第2次補正予算で検索していると、公明党のサイトにありました(こちら)。イベントにも弘友和夫さん(参議院議員)からの祝電が届いてました。弘友さんのサイトを見ると、浄化槽の整備に力を入れていることがわかりますね(こちら)。浄化槽の整備なんかは、是非とも早くやってもらいたいことです。やはり、定額給付金は第2次補正予算案から外して、別に議論するというのがよかったんでしょうね。


2人の講演の後は、パネルディスカッションがありました。

テーマ
 「これからの汚水処理対策と浄化槽」
コーディネーター 
 大森英昭さん((財)日本環境整備教育センター参与)
パネリスト
 赤星たみこさん(漫画家・エッセイスト)
 加治忠一さん(香春町長)
 窪山邦彦さん(NPO法人遠賀川流域住民の会

赤星さんは「塩素系の漂白剤を使用すると、浄化槽の生物が死ぬので、酸素系のものを使っている」とのことでした。
なるほど、合併浄化槽にすると、台所での意識も変化するのですね。。。
加治さんからは、香春町での合併浄化槽の整備事業についての話がありました。香春町では、PFI(参照 ウィキペディア(Wikipedia))という手法で整備を進めています。香春町の浄化槽整備については、ホームページ内のこちらにあります。株式会社香春町浄化槽整備事業と協力しての整備となっています。
個人負担が少なくて済むというのは、いいですね。単独浄化槽から合併浄化槽への転換もほとんど費用がかからないようです(町からの補助により)。
水源地の自治体として、見習わなければならないですね。
ふるさと納税の案内(こちら)もやっていて、浄化槽整備事業も使途の中に挙がっています。

イベントはいい勉強になりました。
残念なのは、来場者が少なかったことですかねー。

当日の様子が新聞に載っていました。

「日本が誇る発明 世界に」 浄化槽普及と水環境考えるシンポ 遠賀川浄化へ条例制定を 飯塚市(西日本新聞Web版)cache

17日の活動日記。

15日は、連合福岡京築・田川地域協議会の新春のつどいがあったので、参加してきました。

16日は、産業厚生委員会がありました。
報告は別に書こうと思います。
委員会後は、英彦山温泉しゃくなげ荘で職員(係長以上)との新年会を行いました

本日(17日)は、法事で妻の家へ。
家族が増えたことを実感します。

定額給付金が話題になっている昨今ですが、こんなコラムを発見。

定額給付金、大歓迎!寄付のススメ 辞退せず主体的活用を(山陰中央新報Web版)cache

大阪の橋下知事も寄付の呼びかけをするようですね(こちら)。
添田町でも町への寄付を呼びかけられたらと思うのですが、政治家(=私)は選挙区内への寄付ができないので、あまり大きな声で言えないのが辛いところなんですよね。。。
ふるさと納税の呼びかけさえしていない添田町ですから、 寄付の呼びかけなんて。。。
財政が厳しいというのなら、自主財源の獲得を考えんといかんのですけどね。

産業厚生常任委員会行政視察。

10月27日(月)~29日(水)に、産業厚生常任委員会の行政視察へ行ってきました。
視察先は、長野県下條村(しもじょうむら)奈良県宇陀市(うだし)です。

長野県下條村~出生率2.04人の村~

下條村は、長野県の最南端に位置し、人口4,176人(2008年4月1日現在)、面積37.66㎢の村です。
今回の視察目的は、定住促進政策を学ぶことです。
日本の合計特殊出生率(一人の女性が一生に生む子どもの数)が1.34人(2007年)となっている中、下條村は2.04人という高い値です。新聞やテレビでも取り上げられ、下條村の取り組みは有名です。視察が絶えないとのことでした。今回は、静岡市との合同視察となりました。

下條村は、以前は養蚕で栄えたのですが、養蚕業の衰退、人口減少となりました。ピーク時(1950年)には6,410人いた人口も、1990年には3,859人へ。
このままでは、村は衰退してしまうということで、村に若い人を呼び戻そうと、若者定住促進を推進。1年に1棟ずつ村営住宅を建て、人口増へ転換。人口は4,000人台を回復。若い人が増えたことにより、出生率も上がり、2.04人という数値になっています。

と、住宅だけ建てればそれでいいのかというと、そうではありません。財政状況などもありますし、魅力のある所でないと、住む人はいません。

今の村があるのは、村長のおかげだということでした。下條村の村長は、伊藤喜平さん。2008年のベストファーザー賞にも選ばれています(こちら)。受賞とその理由なんかは、「みのもんたのサタデーずばッと」でも放送されました。その番組の内容を、視察資料として、見せていただきました。
伊藤村長の取組みは、「出生率を伸ばした小さな村の大きな挑戦」(全国町村会ホームページ内)にあります。

村をよくすためには、先ずは村役場からと、役場の改革を行います。
職員の意識改革と人員の削減です。
一般行政職員は、34名(2008年4月現在)。とても少ないです。
それでもやっているのだから、すごいもんです。
下條村のデータは、こちら(下條村ホームページ内)にあります。決算カードは、こちら(長野県を選択し、その48ページ)

人員削減や経費削減により、財政にも余裕ができ、住宅建設を行いました。
住宅は、若者が住むために建設したもので、福祉住宅ではないとのことでした。入居条件は「子どもがいる」か「結婚をする若者」に限定しているとのこと。入居者審査にあたっては、地域の活動にどれだけ参加するのかなども基準になるとか。
家賃は、2LDK(駐車場2台付き)で36,000円です。
添田の町営住宅の感覚からすると高いと思いますが、福祉住宅ではないことや下條村の隣りの飯田市では約その倍するということから考えると安いかと思います。
平成9年度から、1年に1棟ずつ10棟を建設。今は、住宅地の土地分譲なんかも手掛けているそうです。
平成16年度からは、幼児から中学生までの医療費を無料化。年間1,000万円の費用だそうです。
平成19年度には、保育料を一律10%引き下げ。翌20年度も10%引き下げ。
これなら、子どもを産み育てるなら下條村というイメージも定着するでしょうね。
主な職場となる飯田市まで車で20分というのも魅力です。

財政に余裕があるからこそ、様々な取り組みができるのだなと感じました。
その財政をどうするかは、まさにどようなまちづくりをしていくかにかかっているということも。

それでは、下條村での写真です。
下條村役場。 下條村役場内。
役場は内には、ケーブルテレビのデモンストレーションやブロードバンドを体験できるパソコンもありました。
暗くなるのが早く、撮影が遅くなりましたが、村営住宅です。立派です。
下條村村営住宅1。 下條村村営住宅2。
下條村には、道の駅があります。
下條村道の駅。 下條村ふるさと納税。
道の駅でもふるさと納税のアピールを行っています。さすがです。
余談ですが、下條村出身の芸能人に峰竜太さんがいます。
下條村に入ると、「峰竜太のふるさと」みたいな看板がありました。道の駅も峰竜太祭りさながらの商品陳列でした。
下條村峯竜太。



奈良県宇陀市~有害鳥獣への取り組み~

宇陀市は、奈良県の北東部に位置し、人口37,062人、面積247.62㎢の市です。2006年1月1日に、大宇陀町、菟田野(うたの)町、榛原(はいばら)町、室生(むろう)村の3町1村が合併してできた市です。旧室生村の室生寺は全国的にも有名です。
今回の視察目的は、有害鳥獣への取り組みを学ぶことです。
宇陀市は、面積の72%を山林が占め、サル、シカ、イノシシなどによる農林業への被害は年々増加しているとのこと。
そこで宇陀市は、宇陀市鳥獣被害防止計画(平成20~22年度)を策定し、国の補助金を活用しながら、対策を行っています。
狩猟は猟友会と協力してやっているが、高齢化(平均年齢63.2歳)のため狩猟者育成を行っている。育成補助として、狩猟免許取得に対し、10,000円の補助(市単独事業)を出している。
宇陀市の職員に、猟銃免許を持っている方がいるので、その方はフル回転しているとのこと。

また、サルは群をつくり移動しているため、隣の名張市(三重県)と連携し、「宇陀・名張地域鳥獣被害防止広域対策協議会」を設立し、対策にあたっている。
県が異なると、農政部門が異なるのだが、うまく連携している事例だと言える。アドバイザーには、大学にも入ってもらい、サルの位置を把握するためNPO法人サルどこネットとも連携している。

ワナの設置や防護ネットの設置は、地元の方にも協力してもらい設置している。
捕獲した後のシカなどは、解体する場合もあるが、ほとんどが埋設処理。食肉加工所なども視野にいれているが、採算がとれるかどうかで踏み切れていないようです。
イノシシの解体研修なども実施し、DVDなんかも作成しています。

ただ、どう捕獲するかだけを問題にしているのではなく、不要果樹の伐採やゴミ出しの徹底を行い、里に降りてこないための工夫も行っています。

市内でも農村部と中止部の温度差、近隣市町村との温度差があるとのことでした。
特に、奈良はシカを大事にしている(奈良公園)ので、シカの捕獲に対しては様々な意見が寄せられると。県の対応も、まだこれからという感じだとのことでした。

宇陀市役所 入札結果の公表。
宇陀市役所はとてもきれいで立派でした。合併前に建てたそうで、一番新しく、大きいので、ここが庁舎になったとのことです。
吹き抜けになってましたよ。
市役所横には、入札結果が公表されていました。
宇陀市では、設計金額までも公表しているんですね。写真の黒くなっているところは、私が修正しました。
宇陀市の入札に関しては、ホームページにありました。
■予定価格(委託業務を除く)
1.  入札に付する建設工事における予定価格(消費税込み)の決定については、入札書の開札執行時において、開札立会者が「くじ」を引き予定価格算出割合を決定し、事前公表している設計金額(消費税込み)に乗じて算出(千円止め)し、予定価格を決定するものとする。
2.  予定価格算出割合は、95.00%~99.99%の範囲内において「小数点第2の位(0~9)」、「小数点第1の位(0~9)」、「1の位(5~9)」の順に開札立会人が「くじ」を引き決定します。
■公 表
◎ 予定価格と設計金額
 設計金額を事前公表  予定価格を事後公表
◎ 入札参加業者名
 事後公表

設計金額を事前公表し、予定価格の算出割合をくじで決定しているのですね。

視察にいくと、視察目的だけでなく、いろんなところで我が町との違いがわかるので、いい勉強になります。

3日の活動日記。

3日は憲法記念日です。
各新聞には、憲法についての社説や特集なんかが載っています。
一年前と比べると、憲法改正の流れは弱まった気がしますね。
やはり、リーダーが代わると変わるもんなんですね。マニフェストは変わってないんですけど。
さらに一年後はどうなっているでしょうか???
またしてもリーダーが代わっているような気もせんでもないですね。。。


5月1日より、地方税法改正案の成立に伴いいわゆる「ふるさと納税」が可能となりました。
田川市なんかは、市のホームページで田川市への寄付をお願いしています(こちら)。
田川市郡の自治体でこのようにホームページでPRしているのは、田川市だけのようです(5月3日現在)。いいことですね。
添田町も自主財源が少ないのですから、この寄付制度を上手く使えればと思います。
納税者にとっても、自分の税金の一部の使い道を決定できるというのはいいことですね。
佐賀県なんかは、こういう事業に使いますと使い道を示して、選択できるようにしています(こちら)。

自治体間の競争が進むことも想定されますが、税金の使い道を考える契機としてはいいのではないかと思っています。


大牟田市議会 交際費執行状況を公開 市HPで6月から 筑後地区の市で初(西日本新聞Web版)cache

市長の交際費はホームページで公開されているようです(こちら)。市長がしているのなら、議会もってなるのは当然ですね。
でも、その当然のことをちゃんとやっていることはすごいことだと思います。
添田町では、交際費の公開は行われていません。町長、議会ともにです。
議会の方から先立って公開を開始するってのもいいんですけどね。。。
折に触れて、公開しましょうとは言ってきているので、カタチにしたいところです。

プロフィール

久保田 実生

Author:久保田 実生
まちづくリストを目指して活動しています。
添田町議会議員(3期目)。

足跡掲示板

お気軽にコメントしてください♪

※私が不適切だと判断した書き込みは、通知なしに削除する場合があります。ご了承ください。

カテゴリー

最近の記事&コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

キーワード(タグリスト)

キーワードを選択いただくと、関連する日記(記事)をご覧いただけます。

PDCAJIAM添田町議会飯田市行政評価決算審査添田町震災防災大分県熊本県四万十塾狭山事件イベント議会改革川崎町渋谷区クローズアップ現代News23あり方委員会議会広報常任委員会選挙産業厚生常任委員会相川俊英条例年金歴史的風致維持向上計画総合計画議会だより総務文教常任委員会議会議会広報特別委員会ふるさと納税日光市マンガ福岡市行財政改革カイゼン鳥取県わかりやすい予算書DNA運動平川市議会ホームページ福岡市議会チーム議会情報共有子育て講演会花まる学習会高濱正伸議員定数人口藻谷浩介市町村合併婚活街コン流山市議会松野豊クラウドファンディングチクスキ中村文昭観光指定管理者ホテル和住民投票情報発信広川町入札川町情報公開スケジュールまちづくり津屋崎英彦山がらがら英彦山糸田町大阪維新の会せんたくまちぱぶ協働ワールドカフェ大刀洗町NPO共働リコール百条委員会検察審査会ボランティア社会保障世代間格差Evernote奈良市屋久島アクセス数田川市香春町対話事業仕分け構想日本視察御船町福島町福津市ビジョンカフェ田川高校夏祭り男女共同参画ホタル対馬市白老町ウッディー観光ボランティアしゃくなげ荘歓遊舎ひこさん東京財団我孫子市福嶋浩彦神幸陸前高田市八木澤商店議会基本条例東日本大震災報酬審議会マニフェスト武雄市南風原町電子自治体浦添市財務諸表新地方公会計制度松本武洋和光市岡垣町江華郡山伏弁当岩石城ハコモノ行政有害鳥獣地域ブランドイノシシ英彦山サイクルタイムトライアル森の家ボイラーボイラー委員会100条委員会個人情報保護地方自治法議会報告会全員協議会滞納英彦山勤労者福祉協会住宅公職選挙法教育首長阿久根市栄農社公共交通医療制度水源地福智町政治倫理条例飯塚市予算e都市ランキングブロードバンド一般質問総合窓口修験道美深町戦争長谷川岳夏まつり下條村海士町山口はるな小布施町寄付政策木下敏之財政クマタカ猪名川町平和期末手当ラスパイレス指数議員力検定日置市須佐神社国民健康保険まちの駅社民党妊産婦健診浄化槽助成金森林環境税粉炭ストーブ平和憲法をいかす会沖縄国土調査小泉改革都市間交流夕張市財政健全化法添田町郷土史会広報そえだ水道馬路村決算審査特別委員会歴史産廃処分場敬老会ゴミ富士山杉田久女句碑種田山頭火高校交際費直方市基地少子化町民税佐々木小次郎組合乳幼児医療制度川渡り神幸祭渕上塾労政懇田植え米作りNPOタケノコ終末期医療費三セク山村留学津野平成筑豊鉄道クラスター爆弾栗山町添田東長生会平均寿命長洲町2050年大任町遺跡議会事務局まちづくり推進室自己紹介

トラックバック

カウンター&管理方針

※管理者(=私)が不適切だと判断したコメント・TBは、通知なく削除する場合があります。ご了承ください。

ツイッター(twitter)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入りのブログ

メール(お気軽にどうぞ)

こちらのフォームから管理者(=私)にメールを送ることができます。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログランキング


クリックしてくださいね♪ にほんブログ村 政治ブログへ

日記の写真

日記中の写真をクリックすると原寸表示されます。 もう一度クリックすると閉じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。