添田の人~久保田実生の活動日記~

英彦山の麓にある添田町(福岡県田川郡)。そんな添田の住人、久保田実生(くぼたみしょう)の政治的活動日記です。

久保田実生からのお知らせ。

☆添田町議会のYouTubeチャンネル(こちら
 YouTubeで議会中継がご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あり方委員会、完結。

昨日(20日)、議会のあり方を考える特別委員会がありました。
特別委員会の任期が、議員の任期(今年の7月)までとなっており、6月議会で最終報告をする予定です。
委員会では、まとめ(報告書)の内容確認を行いました。
委員会としては、最後の委員会となります。

平成23年の3月議会で設置以来、実に34回にわたる委員会の開催でした。
私は委員長を務めたのですが、反省の残る委員会ではありました。
そもそも委員長をやった方がよかったのかと。。。
立候補で委員長をさせてもらったのですが、委員長は進行役(まとめ役)。
表決には加われませんし、意見をどんどん述べるのも憚られます。
まぁ、よく喋る委員長だったかも知れませんが(笑)

委員として積極的に発言し、意見をカタチにしていく方がよかったのかなぁとも思ったり。
ただ、委員として方向性を示して引っ張っていくなんてことも難しいのが現実。。。
というわけで、委員長になったですが、果たしてどうだったのか。

チーム議会をつくりたいと思いながらも、チームづくりは途上にあるって感じで終わった気がします。
議会とは何か、どうあるべきかという問題をチームで共有するのも難しかったかも。
委員長としての力量のなさを感じたりと。。。
それでも、視察先の選定や委員会の進め方など、任せてもらえたところもあったのはよかったです。
あと、議会事務局の皆さんと深い議論ができたのは貴重な時間でした。
事務局としても大変だったと思いますが、よくやってくれました。


委員会の成果の最後の判断は、住民の皆さんにしていただければと思います。
ただ、議会が議会自身と向き合ったのも初めてかと思います。
議会の課題がなくなったわけではないので、議会があるかぎり、どのようにあるべきか問い続けなければなりません。
引き続き、議会のチェックもお願いします。

委員会の報告書は、6月議会で報告後、ホームページにも掲載予定です。
昨日の委員会で確認しました。
これまで、議会の報告書をホームページで掲載なんてこともなかったので、新たな試みです。
3年ちょっとの結果を、ありのままの添田町議会を、ご覧いただければと思います。

ちなみに、福岡市議会では、ホームページ内に「議会改革の取り組み」というページがあり、
これまでの経過や何を目指そうとしているのかがよくわかります。
スポンサーサイト

思いたちました。

「もう更新はしないの」と言われ、
「いえ、書きますよ。でも、時間が・・・」という返事。
時が経つのは早いもので、サボりだして季節は夏から秋へと変わってしまいました。

「ヤル気があればやっている。やっていないのはヤル気がない証拠である」なんてことを
よく人には言うのだけども、自分自身はちょっと横に置いてる今日この頃です。

土曜日(20日)は「第2回 住民投票条例をつくりましょう」、日曜日(21日)は議員の息子さんの結婚式に御呼ばれで参加してきました。
自分の友人以外の結婚式に出ることがそれなりに増えると、大人になったなと思ったりもします。
とはいえ、議員勢揃いの結婚式だったので、よくみる面子での・・・という感じで、よく飲みました

パソコンに向かっている時間は多いのですが、
その時間を日記の時間にもあてようと思います。
実は、この間にタブレットも購入しちゃったのです。
パソコンを起動せずとも、ネットとつながれるようにと。
買ったのは、ASUSのTF201。ASUSショップのアウトレットで安かったので、ついつい購入。
ipadも欲しいなと思いながら、仕事するのならキーボードも欲しいなと。
まだまだ使いこなせていませんが、便利アイテムが増えました。
この日記は、パソコンから書いているのですけどね(^_^;)


添田町のホームページをチェックしている方ならお気付きかも知れませんが、
例規集がネットで閲覧できるようになっています。
徐々にではありますが、添田町のホームページも普通のレベルになりつつあります。
先ずは田川市郡で一番となりたいもんですね。
ひこゆずブログも始まっています。

発注見通し・入札結果が公表に。

5月19日(土)にまちぱぶを予定していましたが、秋葉(8ヵ月)の発熱のため、延期とさせていただきました。
突然の変更でご迷惑をおかけいたしました。
秋葉はいまだにグッタリしております。
突発性の発熱のようで、3日間は熱が高いとのこと。
急患センターに行ったのですが、田川市のまでの距離で診てくれる機関があるというのは、田舎としては恵まれているのかも知れませんね。

さて、添田町のホームページをご覧でしょうか?
なかなか情報が増えないというような声も聞かれますが、中身の充実は一歩ずつ進んでいるのではないかと思います。
この5月から、入札結果、発注見通しの公表が行われています。
先の3月議会で、私が一般質問(動画はこちら)を行いました。
実施していくという答弁だったので、カタチになってよかったと思います。

そもそも、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律によって、工事発注の見通しの公表(第7条)や入札結果の公表(第8条)が義務付けられています。
すべての自治体がちゃんと実施しているかどうかは別ですが。。。
義務ではありますが、罰則があるかというと。。。

福岡県では、
広川町が 工事発注の見通しの公表をホームページで実施しています こちら
川町が 入札結果の公表をホームページで実施しています こちら
広川町は以前からその情報提供量に注目しています。
川町は公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律施行令に基づいて、しっかりと入札結果の公表を行っています。

ちなみに、今回の一般質問のきっかけとなったのは、川崎町のホームページでした。
以前から、入札結果の情報発信(情報共有)を主張していましたがなかなか実現せずでしたので。。。
ちゃんと法的根拠に基づいて質問をやらないけんと、反省&勉強した次第です。

添田町でも公表が始まったのは始まったのですが、施行令に基づいているかというと。。。
ちゃんと法律や施行令を確認しないのかなぁとも思いますが、先ずは、一歩前進を喜ぶべきなのかも知れませんね。

あと、添田町第5次総合計画の実施計画(平成24年度~26年度)も掲載されています(こちら)。
気付いている方はどれだけいたでしょうか???
平成23年度~25年度の実施計画についてもアップしては?と言っていたのですが、結局、掲載されずじまいでした

今年度はいわゆる「わかりやすい予算書」も作成され、ホームページにアップされるようなので、楽しみにしておきたいと思います

もうひとつ。
寺西町長がホームページを作成しています(寺西あきお公式ウェブサイト)。
平成23年9月議会に行った私の一般質問(動画はこちら)の答弁でブログをやると言っていましたが、そのカタチです。
有言実行ですね。
サイトがあること、ご存知でしたか?

チェーン装着も空振り。

雪が積もるのではと、前日のうちにチェーンを装着していたが、その必要もなかった。
一年ぶりの装着なので、慣れてないし、朝はバタバタするのでと備えたのだけれども。
一度装着を体験したので、次への練習にはなった。来週も雪マークが出ていたし。

英彦山の方はそれなりに積もったみたい。
その様子は、『英彦山からの便り』(添田町観光ガイドボランティアのブログ)から、伺い知ることができます。

また、添田町のホームページには、積雪情報なるものが。
こういうすぐの対応ができるんだと、感心。


さて、報道ステーションで、社会保障の世代間損得を取り上げていた。
鈴木亘さん(学習院大学教授)監修のもとでと注釈付き。
その鈴木さんのブログ記事を残しておく。

衝撃的な内閣府版「社会保障の世代間格差」

池田信夫さんのブログで、世代間格差の記事は読んでいたので衝撃的ではなかったが、報道ステーションで報道されたというのは衝撃的だった。
損得というのは、とても人に訴えるもの。
鈴木さんのブログにもあるように、「内閣府という政府機関が、このように大きな世代間格差の存在を認めた」のだからこそ、一体改革でどう変わるのか示してもらいたいもんですね。
痛みを伴うというのはイヤかも知れないが、将来世代にツケを回すのもどうかと思う。

添田町 100歳&ホームページリニューアル。

6日(日)は、100周年事業の記念式典がオークホールでありました。
表彰する方が多かったこともあり、まさに式典という感じでした。
式典には、姉妹都市である美深町(北海道)、友好都市である江華郡(大韓民国)からも来賓参加をいただきました。
遠路はるばる、ありがたいことです。

江華郡からは議会の議長さんもいらしていたのですが、その議長さんとは、私が江華郡に行ったときに知り合いました(そのときの日記)。
2007年のことですから、もう4年にもなるのですね~。
通訳は、いつものあきこさん(ブログをされています)
短い時間でしたが、再会を楽しみました。
添田中の吹奏楽部。 ひこちゃん、ゆずちゃん。
写真は、アトラクションの演奏と、記念キャラクターの「ひこちゃん・ゆずちゃん」です。

ひこちゃん・ゆずちゃんは、この日がお披露目ということでしたが、添田町のホームページでは、11月1日より添田町の顔となっていました。
この11月からホームページがリニューアルしています。
「ライフシーン」で選択でき、ワンクリックで必要な情報を得ることができます。
といっても、まだまだ情報が少なく、期待してクリックすると、アレっとなってしまうのですが。。。
「結婚・離婚」をクリックすると、「離婚届」が「婚姻届」よりも上にあるのもご愛敬
これから情報の追加・整理をすることでしょう、きっと。

議会のページも何とかせんといけんです。
そんなこともあり方委員会(議会のあり方を考える特別委員会)で話し合っていこうと思います。

11月に議会だよりを発行しました(こちら)。
各家庭に届いているのではないかと思います。
最終ページの「虹」は、みなさんからのご意見・ご感想のページとしてつくっています。
議会事務局まで、ご感想などをいただければと思います。
gikai@town.soeda.fukuoka.jp

2時のパパ。

9月は、なんやらかんやらであっという間に過ぎてしまいました。
おかげさまで、9月1日14時06分に、次女 秋葉(あきは)を授かりました。
友人からは、2時(二児)のパパやねとのコメントもいただきました

二人目は最初の子よりいい加減になるとは聞いていましたが、その通りですね。
「いい加減」というのも、加減がわかっているという意味もあるんですけどね。
長女 夏子(2歳)は、妹への嫉妬なんかもあり、そんな様子を見るのも楽しみのひとつです。
こうやって、自我とか人間関係とかを学んでいくんやろうなーと。


さて、議会の方ですが、9月議会も無事に終わりました。
録画中継もアップされているようです。
9月議会本会議(初日 9月8日)、9月議会本会議(最終日 9月16日No.1,No.2,No.3,No.4,No.5,No.6)。
※9月8日の分は、なぜか音声のみです。
アップが遅いという声もいただいております
「およそ一週間後」じゃない!!と。
職員の体制変更から半年が経過したのですから、そろそろ軌道にのってもいい頃だろうとは思いますが。。。

6月議会で監査の公表について一般質問を行いましたが、その甲斐あってか(?)、9月議会の全員協議会で、監査結果の報告書が配布されました。
地方自治法に従えば、当然のことなのですが、やっと普通になりました。
もっと欲を言えば、議会への報告は、議場ですべきだと思います。9月議会(9月8日)の録画を見てもらえればわかりますが、決算監査については議場での報告がなされています。だったら、定期監査についても・・・と思うのですけどね。これも「あり方委員会」で検討したいと思っています。あと、自治体によっては、ホームページに監査の結果を公表していますので、そんな対応もできればと思います。11月(!?)からは、添田町のホームページもリニューアルされることですしね。

また、9月議会では、平成22年度決算の認定を行いました。
これまでは、決算審査特別委員会をつくり、6名程度の議員で審査を行っていましたが、今年は「決算についても全員が責任をもって関わるべき」ということで、各常任委員会で行いました。
ただ、各常任委員会の所管の決算審査のみとなりましたので、すべての決算について全員で審査を行ったわけではありません。
9月議会中に、認定結果を出せたことは、新年度予算への反映も期待できますので、いいことなのですが、各常任委員会での審査となったことで、全体的に見れなかったことと審査自体が甘くなったのではないかと個人的には思いました。
私としては、全員参加での予算決算常任委員会をつくって、そこで予算と決算について集中的に審議するのがいいと思っているのですけどね。。。そんなこと言いだすと、「二委員会制をやめて、一委員会制にしてしまえばいい」とか「一委員会制にするには議員13人は多いんじゃないか」などと話が展開し、議員定数のことなんかになっちゃうんですよね。。。
そんなこんなも「あり方委員会」で検討する予定にはしているのですが、なかなかの難題です。


田川市事業仕分け 「現行通り」1件のみ 2日間の日程終了 要改善は13件(西日本新聞Web版)cache

10月8日、9日に田川市で事業仕分けが行われました。
構想日本によるものです。私も見に行きたかったですが、残念ながら行けませんでした
私のように、見に行きたくても行けなったかった方は、田川市のホームページに録画がありますので、そちらから見ることができます
当日も生中継があっていましたし、資料もアップされていましたので、会場に行けなくても、見学することが可能だったのです。こういう取組み、さすがだなーと思います。
事業仕分けの結果が、来年度予算(今後の事業実施)にどう反映されるのか、気になるところです。

家族も増えましたし、我が家にも帰ってきましたので(9月は妻の実家に居候)、ぼちぼち日記を書いていこうと思います。

えせマニフェスト。

朝日新聞(2月28日朝刊3面)に「えせマニフェスト」という言葉が出ていた。
ほぉー、「えせマニフェスト」という言葉は、普通に使われる言葉なんだと認識。
だいたい、「えせ」なんて、日常ではあまり使わない言葉ですよね!?

3月4日(金)に「えせマニフェストを討つ!」というイベントが福岡市であります。
ネット中継もあるようなので、私はネット中継で参加します。
便利な世の中になったものですね~

昨年8月の添田町長選挙では、「マニフェスト選挙」とはなりませんでした。
候補者もビラなどを作成していましたが、マニフェストとは認識していなかったのではないでしょうか。
マニフェストなんて名乗っていたら、どの候補者が町長になっていても「えせ」と言われていたかも。
ただ、気になるのは、広報そえだNo.590(平成22年12月号)で、「寺西町長がマニフェストのひとつに掲げている・・・」とあること。
マニフェストというものが、ちゃんとあるのだろうか???言葉の選択の問題かも知れないが。。。


国会では、予算・予算関連法案の行方が注目されています。子ども手当てもどうなるかわかりません。
そんな中、武雄市では、「子ども手当法案不成立の影響」というのが、市のホームページに掲載されています。
こういうお知らせが、ホームページに掲載されることに驚きました。
何かが決定した後にしか掲載されないのが普通ですし、添田町のホームページでは、その情報発信ですら十分ではないですからね。

先日の佐々木允さん(田川市議会議員)の事務所開きで、樋渡市長(武雄市長)の話を聴きましたが、やっぱ、おもしろい方でした。
そういう人柄(?)が、市の情報発信に現れているのかも知れませんね。


明日から3月ですね、早いものです。

添田町は来年度ぐらいに公表かな。。。

昨日(26日)は、とあるお宅のもちつきに参加しました。
といっても、夏子(長女)が1時間ぐらいで寝てしまったので、手伝いというよりおもちをもらいに行ったようなかんじになってしまいました。。。
とはいえ、今日(27日)、夏子を抱いていると腕に違和感が!?
運動をしなくなって久しい私の身体に、筋肉痛がやってきてました。。。
サッカーもマラソンも久しくしとりません。。。


すごい雪になるのではと、昨日のうちからチェーンを装着していましたが、
たいしたこともなく、今朝の仕事はチェーン外しから始まりました。
まぁ、大雪になるよりはよかったですが。。。


しばらく香春町のホームページを見ていませんでしたが、いつの間にやらリニューアル。
以前よりすっきりした感じです。

そのホームページの中に「新地方公会計制度に基づく財務書類の公表について」というのがあります。
平成21年度決算から財務諸表を作成し、公表しています。
わかりやすい公表を目指し、解説書をつけているのもいいですね。

この新地方公会計制度に基づく財務書類の公表についてですが、人口3万人以上の自治体ではすでに実施されています。
福岡県下の実施状況は、こちらにその一覧があります。
平成20年度決算に対する一覧なので、香春町などは入っていません。
一覧をご覧いただけるとわかりますが、田川市郡では、田川市、糸田町、福智町は公表済みになっています。

添田町はこれからですので、わかりやすい自治体のものを参考に、作成してもらいたいですね。

財務諸表の見方なら、『会計のルールはこの3つしかない』(新書y、石川 淳一・松本 武洋 著)ですかね
と、松本さん和光市長)の宣伝をしてみる。

議会中継がアップされています。

桜も散り、サンプロも終わり、新年度になりました。

8日、添田小学校の入学式に来賓として参加してきました。
今年の新入生は40名(2クラス)。
昨年は55名だったので、少し寂しい気もしました。。。
新入生を見ながら、夏子の入学もすぐに来るんだろうなぁなどと思ったりもしました。

中学校の入学式(9日)にも行きたかったのですが、産業厚生常任委員会と重なってしまったので、行けませんでした。。。
毎年、何らかと重なり、中学校の入学式には行けてないんですよね。。。


3月議会の最終日の議会中継がアップされています。
議会中継」→「録画中継はこちらから」→「平成22年」→「第1回定例会」→「3月25日(木)」でご覧いただけます。
年度末、年度初めの忙しさに加え、今回は、マイクの調子が悪かったりもしたようです。
そんなこんなでアップが遅れたようです。
田川市議会のように、その日のうちにアップされるようになると、いいのですが。。。
次の6月議会で議会中継を始めて1年となります。
議会中継のあり方についても再度の見直しが必要かなと思います。

来年は町制100周年。

添田町長の山本被告が辞職否定 勧告に「支配されない」(西日本新聞Web版)cache

「勧告重いが支配されぬ」(asahi.com)cache

福岡県汚職:「勧告には支配されぬ」 山本・添田町長、全協で辞職否定 /福岡(毎日jp)cache

毎日新聞の記事の中に、町制100周年という言葉が出ています。
2011年(平成23年)に、添田町は100周年をむかえます。
100周年行事を町長自身がやるつもりなのでしょうか???まさかですよね。。。

と思っていますが、過去の記事(西日本新聞 こちら)の中で、町長の後援会幹部のコメントとして「来年の町制施行100周年事業を自ら手掛けるため、11期目の町長選にも意欲を示していた」とありますからね。。。


最後の卒業生 母校に別れ 今月閉校の津野中 63年の歴史に幕 福岡県添田町(西日本新聞Web版)

本会議があった11日、津野中学校では最後の卒業式が行われました。
閉校式が21日に行われますが、中学校がなくなってしまうというのは、寂しいですね。
英彦中学校は、14日に卒業式と閉校式が行われます。


さて、田川市では三役給料の減額案を委員会否決したようです。

三役給料減額案を否決 田川市議会 総務文教委 本会議でも否決か(西日本新聞Web版)

そうなった経緯は佐々木允さん(田川市議会議員)のブログでの報告を待つとして、減額するというのなら喜んで賛成すればいいのにって思うのは外の者だから思うことでしょうか。。。

添田町では行財政改革(添田町行政改革大綱集中改革プラン)の一環として、町長、副町長、教育長の給料を、それぞれ8%、5%、3%減額にしました。
しかし、減額したのは平成18年4月から平成19年1月までです。
平成19年1月には町長選があるので、それ以降の給料についてはそのときの町長が判断すべきというのが減額を決定した町長の言葉でした。
言うまでもなく、どちらも山本文男町長です。
現在、給料は減額前の額に戻り、満額支給されています(添田町職員の給与等の公表 平成18年と平成19年で違いがわかります)。
行財政改革をやろうというのなら、パフォーマンスであれ、トップがその姿勢を示すべきだと思います。


12日で35歳になりました。
宮子と夏子にお祝をしてもらいました

本日(13日)は、まちぱぶの日です。
19時から中央公民館です。
是非、ご参加ください

【報告】産業厚生常任委員会・2010年2月26日。

遅くなりましたが、委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 2月26日(金) 13:30~15:30

日程1 各課からの報告
◎総務課
①人事異動
・錦風荘の荘長が辞任。それに伴う異動。

②まちづくりアンケートの概要(配布資料あり)
・添田町のホームページにもアップされています(こちら

◎水道課
・浄水場の急速濾過装置の工事経過報告。3月末には完成予定。

◎事業課
①獣肉処理施設
・これまでの計画では、解体処理施設を建設し、獣肉解体を目的とした者が利用する となっていたが、その後の県との話し合いの結果、衛生面から利用する者を限定した方がよいとなった。食肉加工センターとして運営していく。
・組織図や収支案を準備して、再度の説明を求める。
→次回委員会で、説明を受ける。

②入札結果の報告(配布資料あり)

③備品購入(配布資料あり)
・町が購入し、栄農社に貸す。

④灰田農業団地のナシ園
・耕作放棄地となっていたので、栄農社が維持管理を行うことに。
→町が個人から土地(耕作放棄地)を借りて、その土地を栄農社へ貸す というこれまでの説明との関係を、次回の委員会で説明を受ける。

⑤繰越事業となっていた三崎の道路改修
・用地の話が進まないので、改修工事は行わない。

⑥歓遊舎の改修工事
・改修工事を行った業者の資格確認を求めていたが、十分な確認はできなかった。
→次回の委員会で、再度確認する。

⑦嘱託職員の見直し
・財政上、適切かどうかの見定めが必要との意見が委員から出た。

日程2 その他
各小中学校の卒業式等のお知らせがありました。
①各中学校卒業式
・添田中学校 3月11日(木) 10:00~
・津野中学校 3月11日(木) 10:00~
・英彦中学校 3月14日(日) 09:45~

②各小学校卒業式
・添田小学校 3月18日(木) 10:00~
・真木小学校 3月18日(木) 10:00~
・中元寺小学校 3月18日(木) 10:00~
・落合小学校 3月18日(木) 10:00~
・津野小学校 3月18日(木) 10:00~

③閉校式
・英彦中学校 3月14日(日) 13:00~
・津野中学校 3月21日(日) 10:00~

報告は以上です。

議会中継がご覧いただけます。

昨日(4日)の臨時議会の動画がご覧いただけます(こちら)。
議会中継」の「録画中継はこちらから」→「平成22年」→「第1回臨時会」→「3月4日(木)」。

これだけ早くアップされると、町民の方にもすぐにご覧いただけるので、いいですね
迅速な職員の対応に感謝です
テレビや新聞では、一部だけを切り取っての報道になりますので、議会で起きたことすべてをご覧いただければと思います。

政治倫理条例。

各自治体では、政治倫理条例を制定しています。
その中で、問責制度について規定しているので、他の自治体がどうなっているかも含めて、調べてみました。

田川市郡の自治体で、条例(例規集)をホームページに公開しているのは、田川市、香春町、川崎町、福智町の4自治体です。
残念ながら、添田町は公開していません。

政治倫理条例は、各自治体によって異なります。
その違いを、NPO法人市民オンブズマン福岡が調査し、順位付けを行い公表しています(こちら)。
その中にある政治倫理条例ランキング(リンク先はpdf)を見てみると、
田川市 42/55位(49点)
香春町 4/55位(91点)
川崎町 25/55位(73点)
福智町 3/55位(92点)
添田町 35/55位(60点)
となっています。
香春町、福智町がランキング上位に入っています。

問責制度についての、各政治倫理条例は次の通りです。

田川市政治倫理条例(ログイン後→第3編 執行機関→第1章 市長部局→第4節 情報の公開・保護等)
第13条 刑事裁判第1審有罪判決宣告後における説明会

香春町政治倫理条例 
第14条 職務関連犯罪容疑による逮捕後の説明会 
第15条 職務関連犯罪容疑による起訴後の説明会
第16条 職務関連犯罪による第1審有罪判決後の説明会
第17条 職務関連犯罪による有罪確定後の措置

川崎町政治倫理条例
第14条 刑事事犯起訴後の説明会
第15条 刑事事犯有罪判決宣告後における説明会
第16条 刑事事犯有罪判決宣告後の措置

福智町政治倫理条例
第12条 職務関連犯罪容疑による逮捕後の説明会
第13条 職務関連犯罪容疑による起訴後の説明会
第14条 職務関連犯罪による第1審有罪判決後の説明会
第15条 職務関連犯罪による有罪確定後の措置

添田町政治倫理条例
第10条 贈収賄罪の第1審有罪判決後における説明会
第11条 贈収賄罪確定後の措置

順位が高い(点数が高い)香春町や福智町は、逮捕後から規定をしています。
こうして比べてみると、同じ政治倫理条例でも、違いがあることがわかります。
どのような規定を設けるかは、その自治体の立法機関(意志決定機関)である議会によりますし、その自治体の意志の表れであると言えます。
町長が逮捕されたということを契機に、添田町の政治倫理条例を見直す必要があると思います。

問責制度に関する添田町政治倫理条例の条文です。

(贈収賄罪の第1審有罪判決後における説明会)
第10条 町長又は議員が、刑法(明治40年法律第45号)第197条から第197条の4まで及び第198条に定める贈収賄罪により第1審有罪判決の宣告を受け、なお引き続きその職に止まろうとするときは、町長等にあっては町長に、議員にあっては議長に、町民に対する説明会の開催を求め、当該町長又は議員は説明会に出席し釈明することができる。
2 町民は、前項の規定による説明会が開催されないときは、地方自治法第18条に定める選挙権を有する者50名以上の連署をもって、当該町長等又は議員に説明会の開催を要求することができる。
3 前項の開催請求は、第1審有罪判決宣告の日から30日を経過した日以後20日以内に、町長等に係るものについては町長を、議員に係るものについては議長を、通じて行うものとする。
4 町民は、説明会において当該町長等又は議員に質問することができる。

(贈収賄罪確定後の措置)
第11条 町長等又は議員が前条の有罪判決を受け、その刑が確定したときは、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第11条第1項の規定により失職する場合を除き、町長又は議長は、町政の名誉と品位を守り町民の信頼を回復するため必要な措置をとるものとする。
2 町長は、前項の措置に際して、審査会に諮問し、意見書の提出を求めるものとする。

以上が、添田町の条文です。
田川市郡でランキングトップの福智町の政治倫理条例の条文は、次の通りです。

(職務関連犯罪容疑による逮捕後の説明会)
第12条 町長等又は議員が刑法(明治40年法律第45号)第197条から第197条の4までの各条及び第198条までの罪、公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律(平成12年法律第130号)第1条の罪その他の職務上の権限又は地位に関連する犯罪(以下「職務関連犯罪」という。)の容疑による逮捕後、引き続きその職にとどまろうとするとき、町長等にあっては町長に、議員にあっては議長に町民に対する説明会の開催を求めることができる。この場合、当該町長等又は議員は、説明会に出席し釈明するものとする。

(職務関連犯罪容疑による起訴後の説明会)
第13条 町長等又は議員が職務関連犯罪による起訴後、引き続きその職にとどまろうとするときは、町長等にあっては町長に、議員にあっては議長に、町民に対する説明会の開催を求めなければならない。この場合、当該町長等又は議員は、説明会に出席し釈明しなければならない。
2 町民は、前項の規定による説明会が開催されないときは、地方自治法第18条に定める選挙権を有する者50人以上の連署をもって説明会の開催を請求することができる。
3 前項の開催請求は、逮捕後の説明会にあっては起訴又は不起訴の処分がされるまでの間に、起訴後の説明会にあっては起訴された日から50日以内に、町長等に係るものについては町長に、議員に係るものについては議長を通じて行うものとする。
4 町民は、説明会において当該町長等又は議員に質問することができる。
5 町長は、説明会の開催の適否について審査会にあらかじめ諮問し意見書の提出を求めなければならない。
6 議員にかかる意見書については、町長は、その写しを議長に送付しなければならない。

(職務関連犯罪による第1審有罪判決後の説明会)
第14条 前条の規定は、町長等又は議員が前条の罪による第1審有罪判決の宣告を受け、なお引き続きその職にとどまろうとする場合に準用する。ただし、開催請求の期間は、判決の日から30日を経過した以後20日以内とする。

(職務関連犯罪による有罪確定後の措置)
第15条 町長等又は議員が前条の有罪判決の宣告を受け、その刑が確定したときは、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第11条第1項の規定により失職する場合を除き、町長等又は議員は、町民全体の代表者としての品位と名誉を守り、町政に対する町民の信頼を回復するため、辞職手続をとるものとする。

以上が、福智町の条文です。
福智町は、起訴後の説明会を義務づけていますし、有罪確定後は「辞職手続きをとる」と規定しています。
添田町が、説明会(起訴後ではなく第1審有罪判決後!!)の開催を義務としておらず、有罪確定後は「必要な措置をとる」としているのとは、対照的です。

情報公開条例もそうですが、添田町の条例を見直すべきですね。

e都市ランキング2009。

発表! e都市ランキング 2009 ~都道府県別・全国1361団体の情報化を比較~

昨年もe都市ランキングのことを日記で書きました(こちら)。
昨年、1387/1481位(全国順位)だった添田町はどんな結果になったのかと、福岡県のページを確認したところ・・・。
添田町の名前がありませんでした

アンケートに答える暇がなかったのかも知れませんが、残念なことです。
ランキングがすべてではないとしても、ひとつの目安にはなりますので、来年はアンケートに答えてもらいたいなと思います。


添田町のホームページに、「光インターネット無料講習会のお知らせ」が掲載されています。
広報そえだでも掲載されていたので、ご存知の方も多いかも知れません。
驚いたのは、その募集内容ではなく、その募集方法(申込み方法)です。
ホームページの方では、メールでの受付を行っています
(私の知る限り)メールでの受付を行うのは、初めてではないかと思います。
お問い合わせ先としてのメールアドレスが掲載されていたことは過去にあると思いますが、申込みですからね。
いい方向に進んでいるんじゃないかと思います。

これからも、メール(やホームページ)を利用した申込みがもっと可能になればと思います。
使う方(申込者)の立場に立った行政になると、いいですね。

【報告】産業厚生常任委員会・2009年9月15~17日。

9月議会中に行われた、産業厚生常任委員会の報告です。
付託された議案の審議が中心です。

9月15日(火) 09:30~10:50

補正予算で計上されていた工事個所の現場視察に行きました。
津野の道路(長吾林・立野線)と中元寺の道路(雷・尾畑線)の改良工事です。
中元寺の道路改良工事は、地域活性化経済危機対策事業の一つとして予算計上されています。


9月16日(水) 09:30~12:30

○事業課
(1)栄農社の採用について
添田町のホームページでも株式会社栄農社の社員募集がなされています(こちら)。
その採用についての質疑がありました。
採用に役場が関わるのかどうかが問題になりましたが、答弁は、不明瞭なものでした。
添田町が100%出資したからといって、一企業の採用試験に関わるのはおかしいという意見が出ました(私を含む)。
結局、今後、採用の形態(誰が採用に関わるのか)を明確にするということになりました。

ちゃんと、会社を立ち上げ、役員まで決まっているのですから、採用も会社運営のひとつとして、しっかりとやってもらいたいもんです。

(2)議案35号(一般会計補正予算)
議論の中心は、地域活性化経済危機対策事業(2-2-8)でした。
予算自体が、2款総務費のものだったので、概要については総務課より説明がありました。

経済危機対策として、国から添田町へ次のお金が入ってきました。

地域活性化経済危機対策臨時交付金・・・1億8,866万4千円
地域活性化公共投資臨時交付金・・・3,100万円

これらのお金と過疎債(借金)や一般財源(添田町のお金)を使い、以下の事業を行うというものです。

農産物加工施設整備事業・・・7,868万8千円
耕作放棄地対策・農業経営支援事業・・・800万円
町道雷尾畑線改良事業・・・4,000万円
庁舎空調設備整備事業・・・7,938万円
公用車環境対応車更新事業・・・1,142万円
錦風荘施設改修事業・・・6,825万円
しゃくなげ荘取水設備整備事業・・・8,016万2千円
合計・・・3億6,590万円

個別に見ていきますと、

農産物加工施設整備事業・・・7,868万8千円

英彦中学校の跡地(平成22年に統合する方針)に、農産物加工施設を建設するというもの。これらの予算には、整備工事費や備品購入費、コンサルへの委託料(商品開発や包装デザイン)が含まれている。誰が運営し、何をつくるかは、これから決めるとのこと。

耕作放棄地対策・農業経営支援事業・・・800万円

栄農社の資金繰りが2年目(来年度)で苦しくなることから、助成を行うというもの。当初の計画と作付品目の変化や1年目(今年度)の収入が見込めなくなったということが原因。

町道雷尾畑線改良事業・・・4,000万円

15日に現地視察を行った箇所。

庁舎空調設備整備事業・・・7,938万円

役場の空調設備を取り換えるというもの。昭和50年に設置したもので、いつ壊れてもおかしくないとのこと。CO₂(二酸化炭素)削減にもなる。

公用車環境対応車更新事業・・・1,142万円

普通車2台、軽5台を購入するというもの。

錦風荘施設改修事業・・・6,825万円

スプリンクラーの設置が必要で、その整備と空調設備の改修を行うというもの。

しゃくなげ荘取水設備整備事業・・・8,016万2千円

取水設備を新しく整備するというもの。


それぞれに事業について、説明を受け、質疑を行いました。
担当の職員から説明があるのですが、すべてが納得のいく説明かというと、残念ながらそうではありません。
私たちから質問をされて、窮している職員を見るのはツライですが、予算の審議ですので、仕方ありません。

私たち議会には、予算提案権がありません。
町長は、これらの事業の優先順位が高いと判断し、予算を組んで提案しています。
私たち議会にできることは、これらの予算を承認するか否かです。
せっかく約2億円ものお金が国から入ってくるというのに、もっと他に使い道はなかったものかと思ってしまいます。


9月17日(木) 9:30~11:35

付託された議案のうち住民課関係のものの審議と、請願・陳情の審議を行いました。

○住民課
(1)議案第35号
子育て支援対策費(3-2-5)として、4,135万7千円が追加されました。これは、子育てねっとそえだの事業に関するものです。現在は、成長の記録を小学校6年生までとしているのですが、それを中学校3年生まで延長するというものです。国のICT利活用モデル構築事業の一つとして実施されていますが、中学校までの延長は、国の方から打診があったとのことです。費用のほとんどが国からお金で賄われます。
主なものは、システム構築業務の委託料(2,536万円)と備品購入費(1,377万円)です。備品購入費で、パソコン(52台)や関連機器を購入するとのことです。
子育てねっとそえだの構築に結構なお金が投入されてきましたが、どれだけの方が利用し、便利になったと感じているのでしょう。。。
私も加入していますが、イマイチ感が否めません。。。

(2)議案第36号(国民健康保険)、議案第37号(老人保険)、議案第38号(後期高齢者医療)
議案の説明を受け、質疑を行いました。
特別な質問などはありませんでした。

(3)請願・陳情
請願第3号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法」(仮称)の速やかな制定について意見書の提出を求める請願
→紹介議員である竹田議員より、説明を受けました。

その後、請願・陳情についての委員会採決を行いました。

請願第3号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法」(仮称)の速やかな制定について意見書の提出を求める請願
→継続審査

請願第6号 生活保護の老齢加算及び母子加算の復活を求める意見書の提出に関する請願
→全会一致で可決

陳情第5号 新型インフルエンザ対策等の公衆衛生活動を強化するために県内保健環境福祉事務所統廃合計画の中止を求める陳情書について
→全会一致で可決

陳情第5号 乳幼児医療費の就学前までの完全無料化を求める陳情書(平成20年9月より継続審査であったもの)
→全会一致で可決


各議案についての採決は、18日に行うことにして、解散となりました。

報告は以上です。

プチリニューアル。

日記を少し扱いました。
2カラム(メニュー1+本文)から3カラム(メニュー2+本文)への変更です。
いかがでしょうか?

というわけで、今回のアンケートは、日記のリニューアルについてです。
率直な感想をお寄せください。
場合によっては、元(2カラム)に戻します。

これまでのイメージを変えることなく、リニューアルしましたので、
単にテンプレートを変更するのではなく、これまでのテンプレートのHTMLとCSSをイジル方法で変更しました。
素人の私にとっては、大手術。
なかなか上手く表示されなかったりしましたが、IE8では表示できるようになりました。
他のブラウザーでちゃんと表示されているか不安です。
お気付きの点がありましたら、ご連絡ください。

あと、文字のサイズも少し大きくしました。
お気付きになったでしょうか?

今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

本日(24日)は、これから委員会&議会です。

行事がたくさん、添田町。

久しぶりの日記です。
9月12日より、夏子(娘)との新生活がスタートしました。
9月議会も始まり、日記を書かねばと思いつつ、なかなか書く時間を確保するに至らず。。。
なかなか生活のリズムをつくることができずにいます。
夏子中心の生活だからとは言え、なんとかしたいと思います。

20日、21日は、添田町の敬老会がありました。
婦人会の出し物などもあり、参加者は楽しい時間を過ごしたかと思います。
私も来賓として参加しました。
町民体育館の時代と比べると、過ごしやすくなったので、よかったです。

秋は行事が目白押しです。
来週(9月27日)は、第19回英彦山サイクルタイムトライアル大会があります。
一応、エントリーしました。
昨年の大会が雨で中止となったため、自転車に乗るのは、一昨年の大会以来となります。。。
雨が降らなければいいですけどね。。。

10月17日(土) 英彦山修験道と食文化の味覚
長野覚さんのお話を聴けるのと山伏弁当に惹かれます。

10月18日(日) 第19回岩石城まつり
議会の関係で出席予定です。
武者を募集していますので、奮ってご応募ください。

10月25日(日) 第10回ひこさん山伏の里探訪
ホームページには、情報がありませんが、今年も開催するようです。
残念ながら田川高校の同窓会と重なっているので、参加できません。また、来年!!

まだまだ他にもあります。
観光を売りにする添田町なら、イベントカレンダーか何かをホームページ上につくったらどうかと思います。今のホームページで十分だと思っている間は、難しいのかも知れませんが。。。

諸々の報告は追って、書きます。

※山伏の里探訪の案内がホームページにアップされたので、追加しました(2009年9月29日追記)。

父になりました。

8月11日に、長女(夏子)を授かりました。
父という役割が増えました。
さらに、人格の完成に努めてまいりたいと思います。


出産に立ち会った、というより、陣痛が始まってから出産まで付き添っていたのですが、想像以上でした。
出産って、ほんと、大変ですね。。。
母は強しなんていいますが、敵わないなと実感しました。


出生届を提出しなければなりませんが、添田町のホームページをみると、相変わらず、「出生届」のページに辿りつくまでが面倒です。
何とかならないものかと思いますが、何とかする気がないんじゃないかと思ったり。。。
同じ田川郡でも、糸田町のホームページのように、どこを見ればいいのか、すぐにわかるものもあります。


ホームページでの案内も大切なことですが、もっとネット経由なんかでできるようになるといいのになとつくづく思います。
今回、住所変更に伴い、免許証の住所変更を行ったときも、思いました。
平日の17時までしか住所変更できないと言われたときです。

以前なら、仕方がないかなとも思ったかも知れませんが、これだけインターネットが発達すると、何とかならんものかと思ってしまいます。

そのためにも、国民総番号制の議論を進めないといけませんが。。。

国政を語る会in添田を開催しました。

我が家にも光(ケーブル)がやってきました。
これで、一安心です。

さて、本日(24日)、山口はるなさん(福岡11区立候補予定者)を囲んで、「国政を語る会」を添田町で開催いたしました。
足元の悪い中、ご参加いただきまして、ありがとうございます。
衆議院選挙までカウントダウンですが、ゴール目指して、がんばりたいと思います。
もちろん、次のスタートのためのゴールですが。

雨模様を恨みましたが、帰宅してテレビをみると、福岡市内などはひどかったみたいですね。
あれぐらいの雨でよかったと思いました。
まだまだ降るようなので、災害が心配ですね。


先日(日記はこちら)、ネット選挙のことを書きましたが、アゴラ 言論プラットフォームに『2009年を「ネット選挙」元年に ― 米重克洋 』がありました。
その中で気になったのが、「PayPalによるネット献金システム」です。
このシステム、現在行われている仙台市長選の候補者のサイトでみたことがありました。
こんなシステムがあるんやねーと思ったものです。

楽天も「LOVE JAPAN」で、ネット上からクレジットカード決済で政治献金をすることができるサイトを開設しています(7月27日グランドオープン予定)。
これもすごいなと思いましたが、楽天のサービスは国会議員にのみ限定されています。

PayPalの方は、自分で設定をしないといけないようですが、誰でも使えるようです(まだちゃんと理解できていません)。
PayPalをみつけたのは、仙台市長選に立候補している、佐藤崇弘さんのブログです。右側に「献金のお願い」がありますが、そこをクリックすると、寄付のサイトへとびます。
佐藤さんのような若い方が仙台市長選に立候補しているのにも驚きましたが、寄付をネット上で集める仕組みを導入していることにも驚きました。
今後、PayPalを利用する方が増えるでしょうね。

その佐藤さんですが、プロフィールをみると、惹かれるものがあります。
(元)副市長対決で盛り上がっているようですが、佐藤さんのような方が当選するとオモシロイのになと思います。
ちなみに、佐藤さんのことは、堀江さん(ホリエモン)のブログで知りました。
堀江さんのブログで紹介されれば、いい宣伝になったでしょうね。
投票行動につながったかどうかはわかりませんが・・・。

新聞を賑わす。

昨日(24日)、ホタルを観に行ったのですが、ポツポツしかいませんでした。
昨年は6月14日に行っていましたので、今年は少し遅かったのでしょうね~。
思いつきで行ったので、仕方がないのですが。。。

最近、添田町が新聞に載ることが多いですね。

油木ダム:行橋市、1日200トンの水もらい受け開始--貯水率6.3% /福岡(毎日jp)cache

梅雨入り宣言は出ましたが、まだまだ本格的な雨は降りませんね。。。

添田町教委:小規模の津野、英彦両中を添田中に統廃合へ--来年4月方針 /福岡(毎日jp)cache

添田の3中統廃合:「設置条例」見つからず 手続きできぬ?悩む町 /福岡(毎日jp)cache

中学校の統合問題の記事に、「11月~今年5月には津野、英彦両中校区で約60回にわたり、保護者や地元区長らを対象とした説明会を開いている」とありますが、この60回の説明会には、PTAが独自に行った話合いが含まれているのではないかと思われます。
私の一般質問に対する教育長の答弁では、それぞれのPTAが独自に会合を持って、合意書を提出したとのことでした。
この記事をそのまま読むと、町が主催(同席しての)の説明会を数多く実施したんだなと思ってしまいます。

設置条例の件ですが、私もあるものだと思っていました。
ですから、一般質問の中でも、「条例」という言葉を使っています。
教育長が「9月議会で同意を得られれば」と言ったのも、「条例の改正に対する同意」だと勝手に思っていました。
勝手に思い込むというのは、よくないことですね。

しかし、設置条例がないとは、びっくりです。
記事にも英彦山小学校のときのことが書かれています。
「町は02年に英彦山小学校を廃校にしたが、議会の同意を得るだけで済ませていた」と。
学校を設置するときに、条例を制定するようになっているんですけどね。。。
現在、調査中とのことなので、何らかの結論が出るのではないかと思います。

以前の産業厚生委員会でも、「添田町のルール」が問題になりました。
そのときは、入札に関してのことでした。
一事が万事とまでは言いませんが、ルールに対する意識が低いのかも知れませんね。

ルールと言えば、今月の広報そえだ(NO.572)の12ページに「添田町情報公開条例及び個人情報保護条例の運用状況について公表します」という記事がありました。お気付きでしたでしょうか?
この公表も条例によって決められています。
ですが、こんな公表初めて見たという方もいらっしゃることでしょう。
これまで、おざなりにしてきた結果です。昨年の情報開示請求のとき(だったはず)に、指摘しておきました。
自ら決めたルールに自ら従うというのが、自律の基本ですからね。

そもそも添田町のルールを誰もが簡単に見れないというのも問題です。
他の自治体では、その自治体の条例をホームページ上に公開しているところもあります(例:川崎町福智町香春町田川市など)。
上記の例にある自治体を見ると、同じようなシステムを導入しているのがわかります。
条例を公開する(システム導入)となると、費用がかかるでしょうが、それは民主主義のための必要経費だと考えればいいんじゃないかと思います。
まぁ、外注しなくとも、添田町はシステム構築のできるIT専門の職員を雇っていますので、その職員にやってもらうという手もあるかと思います。
あとは、そういう指示を出すか出さないかということになります。。。

添田町が新聞に載るのは、よい宣伝になるとは思いますが、よい内容の記事でもっと載るといいですね

議会中継が始まりました。

添田町のホームページに、議会中継のページが追加されました。
「開催日」から6月11日を選択し、「検索」をクリックしてください。
一覧の中から見たい映像の「選択」にチェックを入れ、再生ボタンをクリックしてください。
見たい映像の横にある「再生」ボタンをクリックしてください。

添田町の議会の情報公開が一歩前進しました。
ありのままの議会を見ていただきたいです。
また、慣れない作業に職員の方も苦労したのではないかと思いますが、早く慣れていただければなと思います。

それにしても、編集が気になります。。。
こんなに編集せずに、もっとありのままでいいのではないかと思います。
私の一般質問はノーカットですけどね。
岩本さんの一般質問や一般質問後の町長の発言がカットされています。
どんな基準で、誰が判断しているのか、とても気になります。
傍聴に来ているのと同じだと考えれば、不適切発言以外、そのままでいいと思うのです。
そんな取り決めが不十分のまま、スタートしたというのも事実ですけどね。。。

議会の報告(6月11日の日記)に、リンクを追加しようと思いましたが、よく方法がわかりませんので、勉強します。

※今回の町長の発言は、本会議閉会後の発言であり、議会中継や議事録の対象とはならないそうです(2009年6月23日追記)。
※議会の報告(6月11日の日記)に、リンクを貼りました(2009年6月25日追記)。
※議会中継の再生ボタンの位置が変りました(2009年6月30日追記)。

待ち遠しい。

議会中継のページがどのようになるのか気になります。
もっと気になるのは、自分の質問がどんなものなのかということ。
早口にならないように気をつけているのですが、どうしても・・・
議会中継を見て、感想や気付いた点がありましたら、ご連絡いただけると助かります。
ありのままの添田町議会を見ていただければと思います。
私の一般質問に関してもですが。。。

ホームページといえば、川崎町大任町のホームページがリニューアルしていました。
細部まで見ていないのですが、以前のそれぞれのホームページより見やすくなったと思います。

添田町のホームページもちょっとずつ?中身が充実してきていますが、先進事例というにはほど遠いのが現状です。
技術を持っている職員がいても、ホームページの位置付けや活用法がちゃんとしていないと、現状のままである可能性は高いのですが。。。

議会中継を契機に、ホームページの改善につながっていけばなと思います

【報告】第30回まちぱぶ。

6月8日にまちぱぶを開催した。
今回で30回を迎えることができました
ご支援ならびにご参加、ありがとうございます
添田のまちづくりを語れる場として、今後も開催してまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

第30回まちぱぶ(まちづくりパブ)
2009年6月8日(月)19:00~20:45
添田中央公民館2F会議室
参加者:6名(久保田含む)

<内容>
1.参加者自己紹介

2.活動報告(久保田より)
・臨時議会(5月26日)
・添田町社会福祉協議会評議員会(5月30日)

3.本日のお題 ~総合計画とは!?~
今年度に策定予定の総合計画ですが、それがそもそもどんなもので、どうやって策定されていくのかなんかを説明しました。
資料として、添田町の第4次総合計画(冊子)を配布しました。役場にあったのをもらったのですが、もう在庫はほとんどないということでした。参加者からは、「こんなの見たことない」という声も。まぁ総合計画を手にとって見る方はごくごく少ないでしょうからね。。。
他の自治体では、ホームページ上で公開しているところもあります。添田町は・・・、ありません
今年度策定する第5次総合計画は、掲載するように言っていこうと思います。

総合計画の策定例として、猪名川町(兵庫県)を挙げました。猪名川町では、第5次総合計画の策定に向けて、作業を進めています。ホームページにもその情報があります(こちら)。スケジュールといい、組織図といい、住民と一緒になってつくっていこうという姿勢が見てとれます。
総合計画は、誰のためのものかというのを考えさせられます。義務付けがあるから策定しているようでは、町の将来図にはなり得ないですからね。

添田町でどのように策定していくかは、外部委託のコンサルタント次第とのことでした。
総務課の事項は、総務文教常任委員会の担当となるのでしょうが、これからもどのように進んでいるのか、チェックしていきたいと思います。

ほんとは、ホームページにアップされるといいのですけどね。。。
ホームページの改善についても、粘り強くやっていきたいと思います。

4.参加者からの意見など
・光について
加入状況はどうか?
→詳しい報告はもらっていない。ただ、頑張る地方応援プログラム(第3弾)として、「地域情報通信基盤整備プロジェクト」を制定しています。その中に目標数値として2,000件(21年度末)とあります。

・歓遊舎ひこさんの改修
以前のブログに歓遊舎ひこさんの改修工事があったが、町の施設ではないのか。
→施設は添田町のものであるが、今回は歓遊舎ひこさんで改修工事を行うとのこと。いまいちはっきりしていない。

5.次回の予定
第31回まちぱぶ
日 時:7月7日(火)7月8日(水)19:00~21:00
場 所:添田町中央公民館会議室
参加費:200円(資料代)
テーマ:地域活性化・経済危機対策臨時交付金(経済対策事業)

※7月7日で予定していましたが、武雄市への視察が入りましたので、8日へ変更いたしました。(2009年6月30日追記)

2009年5月のアクセス数。

5月のアクセス数です。

ユニークアクセス:944(4月:931)
トータルアクセス:1,652(4月:1,769)

※ユニークアクセス…訪問者の重複アクセスを数えていないアクセス数、トータルアクセス…訪問者の重複アクセスを数えているアクセス数(ページ閲覧数)。

いつも、ご訪問、ありがとうございますm(_ _)m
検索ワードの第2位が「子育てねっとそえだ」でした。
実際、検索していただくとわかりますが、添田町のホームページ内に案内や説明はないんですよね(こちら)。
対象者には、ちょくせつ資料を配布したり、加入を呼びかけているようですが、ホームページにも情報があるといいんじゃないかなぁと思います。

29日の活動日記。

本日(29日)は、夕方から福岡へ。
会議に参加のためです。
毎週金曜は何かとあっているので、サッカーの練習に行けず、残念です。
6月もすべての金曜が用事で埋まってしまいました。
私のお腹は成長し続けるばかりです。。。


蛍が乱舞していますね。
季節を感じます。
日田市では川開き観光祭が開催され、花火も打ち上げられました。

花火といえば、直方市の花火大会でスポンサーを募集しているようです(こちら)。
スポンサーの減少によるためのようですが、こういう参加型の取り組みはいいなと思います。
実際、自分の花火が打ち上げられるって素敵だと思いませんか?
直方の花火大会に行けるのなら、スポンサーになりたいとも思うのですが、時期的に無理っぽいです
花火のテレビ中継でも見入ってしまうように、ネット中継とかすればいいのになと思います。
添田の花火大会も工夫しながらやっていくと、もっと盛り上がるのではないでしょうかね


29日の深夜、「銃弾よりも用水路を~ペシャワール会・中村哲~」(RKB)があっていました。ムーブ(RKB)で中村哲さん(ペシャワール会)を取り上げた「俺の敵は暴力主義~ペシャワール会・中村哲の闘い~」の続編みたいなものでした。
アフガニスタンの現地でこれまでも活動してきた中村さんだからこそ、一言一言は重い言葉だなと改めて思いました。新テロ特措法の審議時、参考人として委員会で発言をしています(番組内でもその場面があります)が、そんな声に耳を傾けることもなく、新テロ特措法は衆議院で再可決という結果になりました。
そんなことがあったなんてすぐに忘れてしまいがちですが、それではいけないんですよね。
選挙で選ばれた国会議員が、これからの日本の意思決定を行うのですから、これまでどのような意思決定をしてきかたのか、これからどのような意思決定を行おうとしているのか、ちゃんとチェックしないといけません。

映画「花と龍」の主人公のモデルとなったのは、中村さんのお祖父さんだそうです。そして、原作者の火野葦平は叔父さんになるそうです。

車で過ごしたGW。

GWの思い出です。

ETCの利用で、高速代が1000円になるということで、行ってきました宮崎に。
5月1、2日の一泊二日、妻の宮子との旅です。
延岡→宮崎→日南→飫肥 と約780km、よく走ったものです

いつもは車の少ない大分自動車道もGWだからなのか、1000円効果なのか、車が多いように感じました。
大分経由で延岡へ。
今回の旅の目的である、「直ちゃん」のチキン南蛮。
直ちゃん チキン南蛮定食。
以前、仕事で延岡を訪れ、そのときに出会って以来、ここのチキン南蛮は最高です
閑散としている延岡駅近辺において、行列は異様な光景でした。
並び始めて、約1時間でありつけました。まぁ待って食べるだけのことはあります。

食後は宮崎市を目指して南下。
途中、クルスの海に寄りました。「叶う」に形が似ているということで、願いが叶うんだとか。
クルスの海。 ラブプロジェクト。
説明の看板に、「ひむかラブラブプロジェクト」(参考)というのがありました。
他の場所と関連付け、回遊性をもたしているようです。
観光地(スポット)で大事なのは、ついでに来てもらうことですからね。ラブラブなんてネーミングがついていたら、カップルは行くでしょうねー。

夜は宮崎市で、宮崎の美味しい野菜と宮崎牛を堪能。
持つべきは、九州のコンシェルジュだなとつくづく思いました

翌日、宮崎県庁に行こうと思っていたのですが、朝市みたいのをやっていて、すでに人が多かったので、断念。
宮崎市を離れ、更に南下して、日南市へ。
道の駅。
道の駅フェニックスも大盛況でしたよ。
広い太平洋もよかったです。

日南市では、サンメッセ日南と鵜戸神宮へ行きました。
宮崎に戻るは混雑するだろうということで、飫肥を経由して福岡へ。

飫肥では、財団法人飫肥城下町保存会「食べあるき・町あるき」事業をやっていました。
こちらも回遊性をもたせた事業で、クーポンの付いたマップを購入し、自分が好きなところを散策するというものです。温泉手形もそうですが、自分のところだけでがんばろうとするのではなく、お客様の側に立ちながら、win-winのビジネスモデルでやるというのは、いいですね。
飫肥1 飫肥2 飫肥3
当日は、クーポンが売り切れ&滞在時間が短かったので、飫肥を満喫することはできませんでしたが、またゆっくり来たいなと思いました。
おび天はちゃんと食べましたけどね

帰り、少しだけ渋滞しましたが、事故もなく宮崎旅行を終えました。
旅行ではありますが、他の土地に行くと、そこそこのまちづくりが見えて、いい勉強(視察)になります。


宮崎旅行の疲れが残る、5月3日。
今度は、一路、鹿児島日置(ひおき)市へ。
5月17日投開票で行われる、日置市議選の応援に、佐々木さん(田川市議)と一泊二日の旅行です。
急遽、決定したことなので、福岡→宮崎→福岡→鹿児島→福岡 というハメになってしまいました

日置市議選では、坂口洋之さんが立候補しています。
坂口さんは社民党の議員で、私が立候補するとき、わざわざ応援に来てくれました(日記はこちら)。今回はそのお礼を兼ねての応援です。
佐々木さんと一緒に、街宣を行いました。

日置市は合併により誕生した市で、合併後のまちづくりはなかなか難しいもののようでした。
でも、日置市には、自然あり、温泉あり、文化(陶器、焼酎)ありとまちづくりをしていく上での材料は豊富だなと感じました。
また、鹿児島ならでは?のおもてなしのこころは最高です。

応援ということで行った鹿児島でしたが、温泉に焼酎、郷土料理と、鹿児島を満喫しました
坂口さんと。
10日が告示日だったので、今(12日)は選挙の真っ最中です。
いい報せが届くことを願っています。

それにしても、よく車に乗ったGWでした。

田川市の議長選。

田川市議会:新議長に高瀬氏、副議長は竹内氏 /福岡(毎日jp)cache

期待していた所信表明会は行われなかったようです。
佐々木さん(田川市議)のブログに臨時議会の模様があります。
なかなかこれまでやっていないことをやるというのは難しいということですね。。。
他の議会では、少ないながらもやっているところもあるんですけどねー。
まぁ田川市議会がやらなかった(できなかった)ということで、添田町議会が先駆者になれる可能性が出てきました

議会として表彰を受けたこともある添田町議会ですが、「議会を議会にした」という点で評価されるようになると、議会にとっても、町民にとってもいいことなんですけどね・・・。
あとは、そんな気があるかどうかです。
次回の町議選(議長選)の前に決定するのが一番いいのでしょうけど、「次の議会のメンバーで決める」なんてことになりそうなので、そうなったら、町議選に出る人が、「議長選の所信表明会に賛成か反対か」をはっきりさせて、有権者に判断してもらうというのもいいかも知れませんね。
開かれた議会を求めるのは、議員として当然だと思っていますが、そういう議員が選ばれるかどうかは別ですからね。

それにしても、佐々木さんは悔しい思いをしただろうな。。。

神幸。

添田町のホームページ内の財政情報が増えています。
(TOP→「まちの概要」→「財政」→「添田町の予算・決算を公表します」)
町の財政状況を知るためにも、これぐらい情報提供をしていることは、いいことだと思います。
地方債(借金)の残高や積立金(貯金)の残高、財政比較表なんかも掲載されています。
あとは、そこ(財政のページ)に辿り着くまでの問題ですね。。。
これからも添田町のホームページが改善され、情報共有が進むことを期待しています


週末は添田町の神幸でした。
9日は、山笠保存会の理事(産業厚生委員会の副委員長なので)なので、子ども山笠の集結に参列しました。天気は晴れでよかったのですが、子ども達にとっても保護者の方にとっても暑過ぎたのではないかと思います。
山笠1。 山笠2。
JR添田駅横に子ども山笠が集結です。
山笠保存会の会長(山本町長)からあいさつがあり、記念品の贈呈が行われました。

10日は、地元の神幸に顔を出しました。
神幸1. 神幸2.
昨年よりも暑かったので、御神輿の担ぎ手は大変だったのではないかと思います。私も昨年は、担ぎましたので、大変なのは知っています(日記はこちら)。実際、暑さで大変そうでしたが、その分晴れやかな顔をしていたようにも見えました。

いよいよ、暑い夏がやってきますね

4月なのに、雪!?

雪エープリル降-る 英彦山も白く 福岡県内「花冷え」(西日本新聞Web版)cache

昨日(1日)の夜、雪がまじっているような雨やなーと思いながら運転していたが、見間違いではなかったようだ。4月やし、まさかねーとも思ったのだが。

さて、添田町のホームページに、子育て応援特別手当のページがアップされています。
定額給付金は知っているけど、子育て応援特別手当は知らないという方もいるかも知れないので、このようにホームページでも広報するというのは大事だなと思います。
対象者には、通知が届いているのでしょうけど、それでもアップすることが大事なのです。
ホームページが、名実ともに、広報の手段となるその日まで。。。


先日の日記(こちら)に、三木市(兵庫県)の議会で、補正予算が否決され、再議の予定となっていると書きました。再議の結果、原案通りで可決となったそうです。一度否決された議案ですが、もう一度考えてみると可決となる???こんなこともあるんだなといい勉強になります。
三木市のホームページには、「三木市議会定例会での再議の結果について」(リンク先はpdf)がアップされています。同じくアップされている「市長閉会挨拶」(リンク先はpdf)なんかを読むと、ホームページを意識的に利用しているなと思います。

添田町、三木市でも争点となった地域活性化・生活対策臨時交付金の活用ですが、他の自治体でも色々とあったのかも知れませんね。。。

【報告】産業厚生常任委員会・2009年3月23日。

3月23日(月)の開催された、産業厚生委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 3月23日(月) 09:30~11:30

先ずは、水道課所管の予算について説明を受けました。
議案第18号 平成21年度添田町水道事業会計予算 についてです。
気になったものをピックアップ。

・平成21年度で石綿セメント管の更新事業が終わりとなります。
・浄水場の急速ろ過装置の改修に7,000万円を計上しています。昭和53年のものだそうです。
・不納欠損処分として、70万円を計上しています。行方不明者(転居先不明や死亡など)の滞納金を処分する(諦める)ものです。

付託された、議案の審議は以上で終了です。

次に、教育委員会から報告があるとのことで、報告を受けました。
中学校の統廃合についてです。
平成22年度からは、中学校3校を1つ(現添田中学校)にするというものでした。
現在、統合に向けた説明会を行っているとのこと。具体的なことはこれからのようです。
教育長からの説明の中で、平成4年に添田町義務教育を考える会(会長 加藤 勝憲 氏)が「添田町義務教育等を考える会検討報告書」を提出していることを知りました。そのような報告書があったとは知りませんでした。
報告書をもらい、中身を見てみると「早晩、統廃校の問題について検討する必要がある」との文言があります。当時は、統廃校に反対という意見が強かったようですが、その当時から検討しなければいけないと考えていたんですね。

学校教育は、総務文教常任委員会の所管となりますので、産業厚生委員会への報告はありません。
説明会も地元だけに行っているので、町民が統廃合についての説明や意見を述べる機会もありません。
せっかくホームページがあるのですから、情報を載せ、情報共有を図るべきだと思います。

最後に、総務課から追加議案に関する事前説明が行われました。
議案第24号 奥山辺地に係る総合整備計画の変更について
議案第25号 平成21年度 添田町一般会計補正予算(第1号)を定めることについて

当初予算を計上したばかりなのに、すぐに補正予算!?って思われるかも知れませんが、予算提出後に追加が出たとのことです。
先日の全員協議会でも話に出た、プレミアム付き商品券の予算です。プレミアム分200万円を町が負担します。財源は、財政調整基金(貯金)を取り崩して、充てます。
主な質問は次の通りです。
・どうして今の時期か→商工会との話し合いがなかなかつかなかった
・プレミアム分の20%の理由→他の自治体にならって


すべての議案(付託された分)の説明が終わりましたので、産業厚生委員会としての決を採りました。
議案第12号 平成21年度 添田町一般会計予算を定めることについて
→賛成多数で可決(私は反対)

議案第13号 平成21年度 添田町国民健康保険事業勘定特別会計予算を定めることについて
→全会一致で可決

議案第14号 平成21年度 添田町老人保健特別会計予算を定めることについて
→全会一致で可決

議案第15号 平成21年度 添田町後期高齢者医療特別会計予算を定めることについて
→全会一致で可決

議案第16号 平成21年度 添田町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算を定めることについて
→全会一致で可決

議案第18号 平成21年度 添田町水道事業会計予算を定めることについて
→全会一致で可決

産業厚生委員会の結果と総務文教委員会の結果を議会運営委員会(議運)で報告し、本会議前の全員協議会で議運の委員長より報告があります。本会議をスムーズに行うためのものです。

報告は以上です。

【報告】産業厚生常任委員会・2009年3月19日。

3月19日(木)の開催された、産業厚生委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 3月19日(木) 09:30~11:45 13:15~14:20

本日は住民課所管の予算について説明を受けました。
先ずは一般会計予算(議案第12号)についてです。
事業課の主な担当予算は、民生費(3款 16億1,134万円)、衛生費(4款 4億4,468万円)です。
以下、気になったものをピックアップ。歳出からです。

総務費 総務費の4項戸籍住民基本台帳費は住民課の所管です。
総務費 戸籍住民基本台帳費 戸籍住民台帳費の委託料(2-4-1-13)で、904万円を計上。その中でも証明書等自動交付機保守委託料として、528万円を計上。住民基本台帳カード(住基カード)で、住民票などを発行できる機械です。この機械を使用しての発行は、平成19年度で167件、平成20年度(12月末時点)で99件です。単純に割ると、恐ろしい単価となります。。。
機械を置かずとも休みの日にも交付できるようにする工夫の方が大事な気がします。
執行部としても、検討していくということでした。

民生費
民生費 社会福祉費 介護保険費の負担金(3-1-8-19)で、福岡県介護保険広域連合加入市町村負担金として、2億1,264万円を計上。
また、この説明の中で、4月から介護保険料が値下がりするとありました。現在、広域連合のAグループに属していますが、加入町村の減により、添田町はBグループになります。基準額で4,700円/月(現在6,456円/月)となります。

民生費 社会福祉費 介護予防事業費の委託料(3-1-9-13)で、そえだまち元気倶楽部推進事業委託料として、2,832万円を計上。平成20年度から始まった事業です。委託先は社会福祉協議会です。

衛生費
衛生費 保健衛生費 予防費の補助金(4-1-2-19)で、老人健康事業助成金として、12万円を計上。こういう助成金があるのなら、ちゃんと公募して助成先を決定すべきだと意見を述べました。

衛生費 保健衛生費 環境衛生費の補助金(4-1-3-19)で、生ゴミ処理容器購入助成金として、5万7千円を計上。クレポン(緑色の生ゴミ処理機。畑なんかにあるやつ)の購入助成金となっています。が、今の時代、クレポンを購入する人はほとんどいません。生ゴミ減を目的とする助成金なら、クレポンだけでなく、生ゴミ処理機の購入に対する助成をすべきだと意見を述べました。検討するとのことでした。

衛生費 保健衛生費 母子保健費の委託料(4-1-4-13)で、妊婦一般健康診査委託料として、683万円を計上。妊婦検診の助成分が5回から14回へとなりました。

一般会計予算(議案第12号)は以上です。

午後からは、
議案第13号 平成21年度 添田町国民健康保険事業勘定特別会計予算
議案第14号 平成21年度 添田町老人保健特別会計予算
議案第15号 平成21年度 添田町後期高齢者医療特別会計予算
議案第16号 平成21年度 添田町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算
についての審議を行いました。

報告は以上です。

添田町にもいろいろと助成金があるのですが、その情報は皆無といっても過言ではありません。
ホームページがあるのですから、ちゃんと情報発信すればいいのにと思います。
田川市では、浄化槽の助成金生ゴミ処理容器の助成金についても、ちゃんと案内をしています。

【報告】3月議会 本会議初日・2009年3月11日。

3月11日(水)に開催された3月議会本会議初日の報告です。

本会議の前に全員協議会が開催されました。

全員協議会 10:05~11:00

議会運営委員長(畠田さん)より、議会運営委員会の報告がありました。
3月6日(金)に行われた、総務文教委員会・産業厚生委員会の報告をとりまとめての報告です。
また、6月議会から始める議会中継に向けて、そのあり方を検討していくことを確認しました。
一般質問は、一問一答方式にしていこうということです。

その後、執行部(町長)からの報告があるということで、報告を受けました。

町長の報告事項です。
(気になったものの要点をまとめました)
○定額給付金について
→すでに給付を始めている自治体もありますが、添田町では、3月27日に申請書の送付を開始。支給開始は4月17日を予定しているようです。添田町のホームページにも定額給付金のお知らせがアップされています(こちら)。

○地域活性化・生活対策事業について
→国が「地域活性化・生活対策臨時交付金」(リンク先はPDF)として、6,000億円を予算計上しました。そのうちの、約1億2,239万円(限度額)が交付金として添田町に入ります。
その予算で以下の事業をしたいとのことでした(一般会計補正予算に計上。数字は概数)。
・耕作放棄地対策(農業の株式会社を設立)・・・7,905万円
・獣肉処理施設整備事業・・・2,022万円
・英彦山レクリエーションセンター運営事業(英彦山スケート場跡地)・・・905万円
・歓遊舎ひこさん裏駐車場整備事業・・・670万円
・消防指令車購入・・・438万円
・ブロードバンド事業(支障木の伐採)・・・525万円
合計:1億2,465万円(不足分は町が支出)

○指定管理者制度について
→現在のまま継続したい。そもそも添田町に指定管理者制度は合わないとも。

町長からの報告後、質疑応答。
私も質問しました。質問者は全部で3人。
質問は、1月に採用した職員について。
12月議会の全員協議会でも質問したので、確認のためにも(関連する日記はこちら)。
やりとりの要点は以下の通り(※私の記憶&メモに基づいて、私が要約しています)。
久保田:「1月から職員を採用していますが、何の仕事をするのですか?ブロードバンド事業だとは思うのですが、その中での何の仕事をさせているのですか?これまでの職員では対応できない仕事だとは思いますが。」
町長:「ブロードバンド事業です。専門家がいないんですよ。」
久保田:「ですから、そのブロードバンド事業の中で、何をしているのですか?専門家にしかできない仕事とは何ですか?」「(答えてもらえるのなら)誰でもいいのですが。」
総務課長:「当面は、ブロードバンドの利活用についてやってもらいます。その後は、庁内システムの見直し、ハード・ソフトの見直しを行う予定です。」
久保田:「当面はブロードバンド事業の利活用を、今後はシステムの見直しということでいいですか?」
副町長:「庁内システムのハード面、ソフト面での見直しを行う予定でいます。」

やりとりは以上です。
人事権は、執行部(町長)にあるので、何とも言い難いところはあるのですが、今後を踏まえた採用であり、今後の方向性が見えたので、今回の質問に関してはこれでよしとします。
本来ならば、ブロードバンド事業を始めるにときに採用に関して検討すべきだったのでしょうけどね。プロジェクトチームをつくってやったらどうかという議会からの提案もあったのですが、それもありませんでした。もちろん、まちづくり推進室を設置(2007年4月)し、その中に地域情報調整班をつくっていたんですけどね。。。

システムの見直しについてですが、添田町は他の自治体同様、様々なシステムを導入しています。そのシステムの導入や維持管理には莫大は費用がかかっています。その費用の削減に向けてやっていくというのはとてもいいことです。他の自治体でもやっていますので、事例は多くあります。後発の強みを活かしてやっていければと思います。やると意思表示したことがとても大事です。
いつまでに何をするのかというのはまだないようですが(ほんとは持ってほしいところ!!)、今後を見守ることとし、私からもプッシュしていこうと思います。

全員協議会終了後、本会議。


本会議初日 11:05~11:40

以下、本会議の議事日程に沿っての報告です。
初日なので、議案の上提が中心です。
その場で採決するものもありますが、委員会に付託され、各委員会にて審議されます。

日程1 会議録署名議員の指名
→3番(緒方 裕子)議員、4番(高瀬 知恵子)議員 

日程2 会期の決定
→3月11日(水)~25日(水)の25日間に決定

日程3 議案第1号 添田町総合余暇施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
⇒添田町民プール(漏水により平成16年より閉鎖)の撤去の伴い、関連する条例を改正するもの。
→全員一致で可決

日程4 議案第2号 添田町営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について
⇒暴力団員の入居を規制するもの。
→全員一致で可決

参考:「怖い町」から脱却を 福岡、暴力団追放条例の策定要望(産経ニュース)(cache

日程5 議案第3号 添田町職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
⇒添田町職員の勤務時間は国家公務員に準じているのですが、勤務時間が1日8時間(週40時間)から7時間45分(週38時間45分)に短縮となったことから、それに合わせるもの。
→全員一致で可決

日程6 議案第4号 添田町土地開発基金条例を廃止する条例の制定について
⇒土地取得が必要な事業を円滑に進めるために昭和46年につくった基金。昭和47年に一度だけ基金の利用があった。平成14年に土地開発公社が解散し、基金だけがそのまま残っていた。その基金を廃止し、約1億7,286万円を財政調整基金に繰り入れする。
→全員一致で可決

日程7 議案第5号 平成20年度 添田町一般会計補正予算(第4号)を定めることについて
⇒歳入歳出に1,686万円を減額し、総額を79億3,976万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)

日程8 議案第6号 平成20年度 添田町国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第4号)を定めることについて
⇒歳入歳出に4,907万円を減額し、総額を16億4,322万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)

日程9 議案第7号 平成20年度 添田町老人保健特別会計補正予算(第3号)を定めることについて
⇒歳入歳出に7,140万円を減額し、総額を2億294万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)


日程10 議案第8号 平成20年度 添田町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を定めることについて
⇒歳入歳出に3,698万円を減額し、総額を1億5,626万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)

日程11 議案第9号 平成20年度 添田町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて
⇒歳入歳出に330万円を増額し、総額を1,801万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)

日程12 議案第10号 平成20年度 添田町バス事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて
⇒歳入歳出に113万円を減額し、総額を3,152万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)

日程13 議案第11号 平成20年度 添田町水道事業会計補正予算(第1号)を定めることについて
⇒収益的収入に1,112万円を減額して総額2億2,861万円とし、収益的支出に1,152万円を減額して総額1億8,281万円とし、資本的収入は補正なし、資本的支出は26万円を増額し1億5,267万円とする。
→委員会付託(総務文教常任委員会)

日程14 議案第20号 町道路線の廃止について(東下井線)
→全員一致で可決

日程15 議案第21号 福岡県自治振興組合の共同処理する事務の変更及び福岡県自治振興組合規約の変更について
→全員一致で可決

日程16 議案第22号 福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について
⇒加入団体の増減による変更。
→全員一致で可決

報告は以上です。


【報告】第28回まちぱぶ。

3月3日(火)は、「月」と「日」が揃ったゾロ目の日なので、まちぱぶを開催しました。
毎月一度、開催しています。

第28回まちぱぶ(まちづくりパブ)
2009年3月3日(火)19:00~21:30
添田中央公民館2F会議室
参加者:6名(久保田含む)

<内容>
1.参加者自己紹介

2.活動報告(久保田より)
・産業厚生常任委員会(2月18日)
・国土調査実施委員会(2月9日)

3.本日のお題 ~添田町の議会運営~
議会中継が来年度から始まるにあたり、中継を見ても何をやっているのかわかりずらいということもあり、議会の仕組み(ながれ)を確認しました。
議会が意思決定機関であることを確認し、議会のながれ(例えば、田川市議会)を説明。
他の議会との違いなんかも確認しました。

質疑・討論がない添田町議会ですが、中継を機に、議会を普通の議会にしていければと思います。
添田町議会のホームページも情報がほとんどないので、何とかしたいところです。

4.参加者からの意見など(話題になったこと)
・英彦山山頂のトイレ
・ブロードバンドの加入状況
・中学校の統廃合
・添田町の総合計画
などなど

5.次回の予定
第29回まちぱぶ
今回は、飲み会を開催します。
日 時:4月4日(土) 18:30~
場 所:田川市某所にて(添田までの送迎あり)
参加費:3,000円
参加希望の方は、久保田にメールでお知らせください。
アドレス:misho☆sweet.ocn.ne.jp(送信時は「☆」を「@」に変えてください)
まちぱぶにはちょっとねーという方もこの機会に、是非、ご参加ください

プロフィール

久保田 実生

Author:久保田 実生
まちづくリストを目指して活動しています。
添田町議会議員(3期目)。

足跡掲示板

お気軽にコメントしてください♪

※私が不適切だと判断した書き込みは、通知なしに削除する場合があります。ご了承ください。

カテゴリー

最近の記事&コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

キーワード(タグリスト)

キーワードを選択いただくと、関連する日記(記事)をご覧いただけます。

PDCAJIAM添田町議会飯田市行政評価決算審査添田町震災防災大分県熊本県四万十塾狭山事件イベント議会改革川崎町渋谷区クローズアップ現代News23あり方委員会議会広報常任委員会選挙産業厚生常任委員会相川俊英条例年金歴史的風致維持向上計画総合計画議会だより総務文教常任委員会議会議会広報特別委員会ふるさと納税日光市マンガ福岡市行財政改革カイゼン鳥取県わかりやすい予算書DNA運動平川市議会ホームページ福岡市議会チーム議会情報共有子育て講演会花まる学習会高濱正伸議員定数人口藻谷浩介市町村合併婚活街コン流山市議会松野豊クラウドファンディングチクスキ中村文昭観光指定管理者ホテル和住民投票情報発信広川町入札川町情報公開スケジュールまちづくり津屋崎英彦山がらがら英彦山糸田町大阪維新の会せんたくまちぱぶ協働ワールドカフェ大刀洗町NPO共働リコール百条委員会検察審査会ボランティア社会保障世代間格差Evernote奈良市屋久島アクセス数田川市香春町対話事業仕分け構想日本視察御船町福島町福津市ビジョンカフェ田川高校夏祭り男女共同参画ホタル対馬市白老町ウッディー観光ボランティアしゃくなげ荘歓遊舎ひこさん東京財団我孫子市福嶋浩彦神幸陸前高田市八木澤商店議会基本条例東日本大震災報酬審議会マニフェスト武雄市南風原町電子自治体浦添市財務諸表新地方公会計制度松本武洋和光市岡垣町江華郡山伏弁当岩石城ハコモノ行政有害鳥獣地域ブランドイノシシ英彦山サイクルタイムトライアル森の家ボイラーボイラー委員会100条委員会個人情報保護地方自治法議会報告会全員協議会滞納英彦山勤労者福祉協会住宅公職選挙法教育首長阿久根市栄農社公共交通医療制度水源地福智町政治倫理条例飯塚市予算e都市ランキングブロードバンド一般質問総合窓口修験道美深町戦争長谷川岳夏まつり下條村海士町山口はるな小布施町寄付政策木下敏之財政クマタカ猪名川町平和期末手当ラスパイレス指数議員力検定日置市須佐神社国民健康保険まちの駅社民党妊産婦健診浄化槽助成金森林環境税粉炭ストーブ平和憲法をいかす会沖縄国土調査小泉改革都市間交流夕張市財政健全化法添田町郷土史会広報そえだ水道馬路村決算審査特別委員会歴史産廃処分場敬老会ゴミ富士山杉田久女句碑種田山頭火高校交際費直方市基地少子化町民税佐々木小次郎組合乳幼児医療制度川渡り神幸祭渕上塾労政懇田植え米作りNPOタケノコ終末期医療費三セク山村留学津野平成筑豊鉄道クラスター爆弾栗山町添田東長生会平均寿命長洲町2050年大任町遺跡議会事務局まちづくり推進室自己紹介

トラックバック

カウンター&管理方針

※管理者(=私)が不適切だと判断したコメント・TBは、通知なく削除する場合があります。ご了承ください。

ツイッター(twitter)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入りのブログ

メール(お気軽にどうぞ)

こちらのフォームから管理者(=私)にメールを送ることができます。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログランキング


クリックしてくださいね♪ にほんブログ村 政治ブログへ

日記の写真

日記中の写真をクリックすると原寸表示されます。 もう一度クリックすると閉じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。