添田の人~久保田実生の活動日記~

英彦山の麓にある添田町(福岡県田川郡)。そんな添田の住人、久保田実生(くぼたみしょう)の政治的活動日記です。

久保田実生からのお知らせ。

☆添田町議会のYouTubeチャンネル(こちら
 YouTubeで議会中継がご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「いのちの山河」上映会・2010年2月27日。

映画「いのちの山河 ~日本の青空Ⅱ~」の上映会が田川であります。
映画の内容などについての詳細は、リンク先をご参照ください。

◆日 時:2月27日(土)①10:30~、②14:30~、③18:30~(開場は30分前)
◆場 所:田川青少年文化ホール 1階小ホール(田川市平松町3番36号)
◆料 金:前売り 一般・大学生 1,200円(当日 1,500円)、中・高校生 800円(当日も同じ)
 ※製作協力券でも入場できます。
◆主 催:映画「いのちの山河」田川地区上映実行委員会、後援:田川市・田川市教育委員会
◆お問い合わせ:田川地区労センター内 電話 0947-45-1122

旧沢内村(現西和賀町 岩手県)の医療無料化に取り組んだ物語です。
私も都合をつけて、観に行こうと思っています。
ご興味のある方は、私までご連絡ください。前売り券をご準備いたします。
スポンサーサイト

22日の活動日記。

22日(日)に書こうと思いながら、ついつい次の日に。
2月22日といえば、猫の日です。
昨年の猫の日は、情報公開請求を行いました(日記はこちら)。
今年の猫の日は、家をみに行ったり、葬儀に参列したり、買い物したりの一日でした。

(前にも書いたことがあるのですが)日曜の夜は、ドキュメンタリーの連続です。
「ムーブ」(TBS系)では『現場力 ~世界不況下の九州自動車産業~』が放送されていました。
何気なく見ていると、川崎町の沖本縫製さんが出てました。
福岡県などは、北部九州を自動車の工場地帯にと産業の集約に取り組んでいますが、自動車関連の仕事をしている企業が川崎にもあるなんて。知りませんでした。。。
若い沖本さんががんばっている姿をみて、これからもがんばってほしいなと思いました。
川崎でがんばっている若い人がいれば、田川全体も元気になる気がします

それにしても、自動車が売れないようですね。
その影響か、普通車の中古車市場も冷え込んでいるようです。
普通車から軽自動車に乗りかえようと考えていて、下取りの査定をしてもらうのですが、昨年10月の半値だとか。。。
こんなところで自動車不況の影響を感じてしまいます。


ドキュメンタリーの続きですが、「NNN ドキュメント 09」(日テレ系)では、『増える国保難民』が放送されていました。
国民健康保険税(保険税)の滞納により、保険証がもらえないことを取り上げていました。短期保険証などの措置もしているようですが、それでは解決になっていないようです。
生活保護も簡単には受けられませんからね。。。

今の制度でちゃんと運用していくことも大事でしょうが、
社会保障をどのようにしていくのか、税収のことも踏まえて、考えていかなければならないのかも知れませんね。
消費税の話をすると選挙を戦えないというのもあるのかも知れませんが、ちゃんと議論しないと、世は少子高齢社会になっていくのですから、大変な世の中になってしまうんじゃないですかね。。。
消費税が悪だという考えは早く捨て去った方がいいのにね。。。

【報告】第27回まちぱぶ。

2月2日(月)は、「月」と「日」が揃ったゾロ目の日なので、まちぱぶを開催しました。
今年最初のまちぱぶでした。

第27回まちぱぶ(まちづくりパブ)
2009年2月2日(月)19:00~21:00
添田中央公民館2F会議室
参加者:3名(久保田含む)

<内容>
1.参加者自己紹介(今年の目標なんかも含めて)

2.活動報告(久保田より)
・産業厚生常任委員会(1月16日、29日)
・議会広報特別委員会(12月25日、1月8日、20日、22日)

議会中継のことや職員採用のことなんかも話しました。
議会中継が議会や町民にどのような影響を与えますことやら。。。

3.本日のお題 ~添田町の町営住宅~
添田町のホームページに町営住宅の一覧が掲載されています(こちら)。
このページには、耐用年数などは載っていないが、これだけの戸数を抱えているので、建て替えをどうするのかというのは、大きな問題となる。添田町第4次総合計画の基本計画(平成17年~平成21年)に「住宅」(p.11)の項目もあるが、なんら具体的はことは書かれていないし、これまでに具体的な施策もやっていない。現在、峰地団地の建て替えを進めているが、それもままならない状態になっている。定住促進として、バスターミナル跡地を分譲するのもいいが、住宅政策をどうするかをしっかりと考えなければならない時期に来ている。
また、町営住宅の空きについては、空き状態がほとんどないように抽選を行い、入居してもらっている。入居募集(抽選日)を限定して、空きの状態を放置している自治体と比べると、評価できることをやっている。

4.参加者からの意見など
・国保税が高い
→12月議会で竹田さんも質問していました。国保会計は黒字なのに、保険税は下げられないのかと。答弁はできないということでした。
何とかできればとも思いますが、医療費を下げるしかないですね。。。医療費を抑制するためにも、健康づくりが大切ですね。
ちなみに、各自治体の国保税の算定の案内ページです。
添田町香春町福智町田川市

5.次回の予定
第28回まちぱぶ
日 時:3月3日(火)19:00~21:00
場 所:添田町中央公民館会議室
参加費:200円(資料代)
テーマ:議会の仕組み(他の議会との比較)

【お知らせ】2月1日「夕張 年老いた町で~最期まで幸せに暮らすための医療~」(NHK BShi)。

この日記でも取り上げたことのある医療法人財団 夕張希望の杜と村上医師の活動を記録したドキュメンタリー番組が放送されます。

ハイビジョン特集  夕張 年老いた町で~最期まで幸せに暮らすための医療~
2月1日(日) 午後7:00~8:50
NHK BShi

NHKの地上波じゃないので、ご覧になれる方が少ないかも知れませんね。

夕張希望の杜を応援するメールマガジン(MM)も引き続き、読者を募集しています(無料)。

夕張市立総合病院を引継いだ「夕張希望の杜」の毎日(まぐまぐ)

メールアドレスを登録して、メールマガジンを受信するだけで、夕張希望の杜を支援することができます。
私も登録して、メールマガジンを読んでいます。
地域医療の問題や終末医療など考えさせられることの多いメールマガジンです。
まだ登録されていない方は、是非、この機会にご登録ください。
メールマガジンの詳しい紹介は、木下敏之さんのホームページ内にありますので、そちらをご覧ください。

今週の活動日記。

正月を迎えるための、もちつきを見ると、年末だなと実感します。
知人宅でもちつきをやるということで、見学だけに行きました。
妻の紹介も兼ねてですけどね。

本日(28日)は、もちつきに顔を出した後、
小石原の窯元へ行きました。
いつ行っても、陶芸の話は勉強になります。

さて、今週の活動日記を忘れないうちに、書いておきます。
書いておかないと、このまま年を越しそうなので。。。

12月22日(月)
朝から副業のため、久留米へ。
夕方からは、まちぱぶでした。
次回のまちぱぶは、2月2日に行います。
特別まちまぶとして、1月1日に英彦山山頂にて、初日の出を見る会を行います。
降雪が激しい場合は中止となりますので、ご了承ください。
参加したいという方がいらっしゃったら、サイドバーにあるメールフォームよりメッセージをください。
また、1月のまちぱぶは、新年会とします。日時などは、1月になって決めます。

12月23日(火)
午後から福岡での勉強会へ参加。
地域医療についての勉強会でした。
某シンクタンク、元医師、行政職員などなどいろんな分野の方が参加しての勉強会です。
誰かが何とかしてくれるだけじゃなくて、自分達でどうするのか考えないけんなーと改めて思った勉強会でした。
ほんとは、懇親会まで参加したかったのですが、終了後は北九州八幡へ。

所属している北九州URC(ウルトラランナーズクラブ)の忘年会に参加
会の行事に参加したのは、昨年の忘年会以来。
今年も練習会に参加できませんでした。。。
来年こそはと思いながらも、行事なんかが入るので、難しいんですよねー。
選挙の関係とかもあるので。。。
身体を絞るためにも、走らんといけませんね。

12月24日(水)
クリスマスイヴ
一年って早いですね~

12月25日(木)
朝から議会広報委員会がありました。

議会広報特別委員会 09:30~12:00

今回は、レイアウトと大幅に変えようと挑戦しています。
どんな出来上がりになるのか楽しみですし、皆さん(読者)の反応も楽しみです。

夜は、友人宅でクリスマスパーティー
と言っても、ただの飲み会だけでなく、サンタクロースに扮して子ども達にプレゼントを渡しました。
昨年は上手くいったのに、今年はバレてるっぽかったです
子どもは一年で随分と成長するもんですね。。。

12月26日(金)
夕方から党の忘年会に参加

12月27日(土)
山口はるな後援会の活動に参加。
今年中にあるのではないかと言われ続けた衆議院解散総選挙は、来年へ持ち越しとなりました。
山口はるなさんの名前も少しずつ浸透してきたのではないかなと思います。
来年は、来年こそは、選挙の年となりますので、山口はるな後援会の一員としても、しっかりと活動していきたいと思います。

夕方からは、サッカーチームの忘年会に参加
と言っても、都合が悪くなったメンバーが多く、友人とさしのみとなりました。


こうして見ると、が多いことがわかります。
まぁ私のお腹を見ても、自明なのですけどね。。。
このお腹、正月が終わる頃にはどうなっているのやら。。。

あと、例によって例のごとく、議員は有権者に対して年賀状を出せません(正確には、自筆による返信は可能)ので、私から添田の方へ年賀状を出すことはありません。
ご了承くださいませ。
ちゃんと守るのもどうかとも思いますが、ルールは守るべきものですからね。。。
(添田町の)議員からの年賀状が届く度に、心が揺らぎますが。。。

20日の活動日記。

寒い日が続きますね~

寒気:ブルブル 英彦山、初冠雪(毎日jp)cache

英彦山は雪ですね。紅葉とのマッチもきれいなことでしょう。


昨日(19日)は、佐々木さん(田川議会議員)の佐々木まこと後援会世話人会がありましたので、参加してきました。
佐々木さんの選挙のお手伝いをしたこともあり、後援会の方々とは顔見知りですし、何よりも妻の出身が猪位金ということもあり、なんやらかんやら話をしてきました。

樋渡市長辞職届「病院」問い市長選(asahi.com)cache

世話人会でも地域医療のことが話題となりましたが、田川地区の総合病院も他人事ではありません。問題になってからではなく、その対策をしておくのも行政の役目だと思います。
地域医療の問題は、誰かが何とかしてくれるというだけでなく、住民を含めみんなで意識を持ってどうするかを考えないといけないですね。
武雄市の市長選が、地域医療を考えるいい機会になるかも知れません。
前回の市長選は、マニフェスト選挙だったので、今回もそうなるのかも。
ちなみに、武雄の樋渡市長、ブログ(日記)を書いています。
武雄市長物語(http://hiwa1118.exblog.jp/)

【報告】産業厚生常任委員会・2008年11月18日。

委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 11月18日(火) 09:30~12:00

日程1 各課からの報告
○事業課
・入札結果の報告(配布資料あり)
→次回より、配布資料に予定価格の掲載を希望。掲載されることに。ただし、取扱いは注意とのことでした。
う~ん、取扱いってどういう意味でしょうかね???
委員会は公開が前提ですし、配布資料も傍聴者がいれば配布されるものだと思うのですが。。。
こういうところで情報公開(情報共有)に対する姿勢がみてとれる気がします。
・英彦山勤労者福祉協会、歓遊舎ひこさんなどの経営状況報告(配布資料あり)
→行楽の時季ということもあり、お客さんは多いようです。11月もこの調子でお客さんに来ていただけるといいですね。
・地域ブランド開発について(資料あり)
→いちじく豆乳の試飲アンケート報告と英彦山スケート場跡地についての説明がありました。
委員会で審議の結果、事業を進めるにはまだ詰めがなされていないとのことで、継続審議となりました。
・英彦山を美しくする会からのお知らせ
→12月6日(土)に美化キャンペーンと定期総会を開催。

○総務課
・ブロードバンド整備事業について(入札報告、配布資料あり)
→各地域での説明会では、約700名の参加があった。各家庭へのアンケートは、今月末をメドにまとめる。
体験ブース(10:30~16:00)も役場1Fと歓遊舎ひこさんに設置。
相談窓口。
また、添田町のホームページにも「光ファイバーを町内全域に整備します」というページができています。

○水道課
・入札結果の報告(配布資料あり)
・石綿セメント管の更新工事
→約72%が終えている。今年度末では約87%にし、来年度末までにすべての石綿セメント管を交換する。

○住民課
・医療費について(配布資料あり)
・添田町元気倶楽部
→10月1日よりスタートしたが、登録者数は約300名に増加(スタート時は187名)。平均15名ぐらいが参加している。

日程2 視察調査報告
10月27~29日に行った委員会視察のまとめです。

報告は以上です。

【報告】産業厚生常任委員会・2008年9月18日。

9月18日(木)に行われた、産業厚生常任委員会の報告です。
いつもの通り、私の記録に基づく報告です。正式な議事録(要点筆記)は、議会事務局で作成しています。

冒頭、ブロードバンド整備事業の説明を受けるということで、総務文教常任委員会との合同委員会が開催されました。

合同委員会 09:30~10:10

ブロードバンド整備事業の進捗などの説明を受けました。
副町長も同席しての説明です。
いつもの議案説明や委員会報告は、各課長が行っています。
以前(昔)は、町長が委員会に同席して答弁していたこともあるそうです。

ブロードバンド事業ですが、先日(9月16日)の全員協議会で町長から次のような発言がありました。
「(国で)定住自立圏構想の話も出てきたので、その中でブロードバンド整備事業をやるということも可能かも知れない。今のまま(単独で)やるのか、もうちょっと待って(他の自治体と)やるのか議会でも検討してくれ。」
何でこんなこと言うのかなと思います。
3月議会で予算を提出しておきながらの発言です。

合同委員会では、
・検討するにも定住自立圏構想なんてものは、この地域で話も出ていない(話がまとまるかもわからない)
・3月議会で予算を通しているのに、こちらから中止するなんてことは言えない
・今のスケジュールで来年4月に間に合うのか
・住民への説明は、まだまだ不十分
・加入者のメドはたったのか
などなどの意見が出ました。

私は、「あのような発言が出るのは、町長自身が迷っていることの表れなのか」と質問しました。
答弁は、「そんなことはない。(今年度に)必要な事業として実施するつもりである」というものでした。
だったら、なんであんな発言をするのですかねー、よくわかりません。。。
全員協議会は法律の定めによらない会議で非公開で行われるものですが、その中だから不用意な発言になるのですかね。。。

合同委員会の結論としては、議会で検討するにも検討材料がない(不十分である)し、事業を中止するかどうかの判断は、先ず執行部(町長)が決めるべきだということになりました。
ブロードバンド整備事業は、このまま進められます。

ただ、住民への説明不足が気になるところです。
「専門の職員がいないから」などと町長は言っていましたが、計画から予算化までが早過ぎるのかも知れませんね。
全体の計画(町の将来像)の中での位置付けなんかがありませんからね。。。
スケート場の改修事業なんかと同じ構造のような気がしてなりません。


合同委員会の後、産業厚生常任委員会となりました。

産業厚生常任委員会 10:15~11:00

昨日(17日)に引続き、付託された議案の審議です。
<付託議案の審議>
陳情第5号 乳幼児医療費の就学前までの完全無料化を進める陳情書の取扱いについて
→就学前までの完全無料化ということで、今年10月から実施の乳幼児医療制度(通院 上限600円)の窓口負担や所得制限の撤廃を求めるものです。

続いて、議案の委員会採決が行われました。
<付託議案の採決>
議案第36号 平成20年度 添田町一般会計補正予算(第2号)を定めることについて
→スケート場跡地の整備事業は認められないということで、議案の修正をするか予算執行に対して条件を付けるかということで議論した結果、全体的な計画を作成の上で予算を執行することという条件を付して全員一致で可決となりました。
執行条件を付しての可決というのは、これまでの(添田町の)議会運営の中でよくやられてきたものです。予算の議案そのものを否決すると、予算全部が止まるので、執行条件を付して予算を通すのです。執行部もこれまで、条件を満たすまでは執行しないという約束を守っているようです。
ですが、やはり白黒つけるためには修正議案を提出させる方がよいと私は考えます。
これまでのように十分な計画もないままに議案を提出してくるのも、こちら(議会)が議案の否決や修正を迫らないからだとも思います。
今回は、修正ではなく条件を付すということにしましたが、次からはこちらの態度を明確にするべきだと意見を述べました。

一気に全部変わるとは思いませんが、一歩一歩の変化を期待したいと思います。


議案第37号 平成20年度 添田町国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第2号)を定めることについて
→全員一致で可決


陳情第5号 乳幼児医療費の就学前までの完全無料化を進める陳情書の取扱いについて
→継続審議に


委員会の採決後、視察先について話し合いました。
下條村(長野県)にという意見も出ていましたが、視察が他自治体との合同になるということで、他の案も考えることに。
結局、次の委員会までに案を考えてくるようにと、視察先の選定は私に一任されました
さぁーて、どこにしましょうかね~♪
選定(資料集め)には時間がかかりますが、自分の意見が通るので、うれしいです。

報告は以上です。

産業厚生常任委員会の後に、議会運営委員会が開催され、すべての付託議案の審議が終了したので、議会の会期を短縮しようという決定がなされました。

先輩議員の話では、会期を延長することはあっても、短縮することは珍しいとのことです。
新聞に、9月議会の会期として26日(金)まで、一般質問は26日(金)と掲載されていたので、その記事を見て、一般質問の傍聴に来ようと思っていた人もいるかも知れませんね。。。

【報告】産業厚生常任委員会・2008年6月10日。

本日(10日)は、産業厚生委員会で付託された議案について審議しました。
以下の報告はいつものように私のメモ(&記憶)に基づくものです。正式な議事録に関しては、議会事務局へお尋ねください。

産業厚生常任委員会 09:30~13:00

各課ごとに関係する議案の審議です。

<住民課>
○議案26~28号について(配布資料あり)
→福岡県の医療制度の改正により、添田町の医療制度も10月1日実施で変更となります。
変更になるのは、乳幼児医療、重度心身障害者医療、母子家庭等医療です。
次の表のように変更となります。
乳幼児医療費の支給(下線部分が変更となります)
  現行 改正後
対象者 通院:3歳未満
入院:義務教育就学前
通院:義務教育就学前
入院:義務教育就学前
所得制限 なし 3歳未満:なし
3歳以上:児童手当準拠(本則及び特例給付)
自己負担 3歳未満:なし
3歳以上:初診料、往診料の自己負担分相当額
3歳未満:なし
3歳以上:
 通院 600円/月(上限)
 入院 500円/日(月7日限度)
 ※いずれも1医療機関ごとに自己負担

重度心身障害者医療費の支給(下線部分が変更となります)
名称も「重度心身障害者医療費」から「重度障害者医療費」へと変更となります。
  現行 改正後
対象者 身体障害者:身体障害者手帳の1級および2級の方
知的障害者:療育手帳の認定が「A」の方
重複障害者:療育手帳の認定が「B」で、かつ身体障害者手帳の3級の方
身体障害者:身体障害者手帳の1級および2級の方
知的障害者:療育手帳の認定が「A」の方
重複障害者:療育手帳の認定が「B」で、かつ身体障害者手帳の3級の方
精神障害者:精神障害者保健福祉手帳の1級の方
所得制限 なし 特別障害者手当準拠
自己負担 65歳未満:初診料、往診料の自己負担分相当額
65歳以上:なし
通院:500円/月(上限)
入院〔一般〕500円/日(月20日限度)
入院〔低所得〕300円/日(月20日限度)
 ※いずれも1医療機関ごとに自己負担
 ※「低所得」:町民税非課税世帯

母子家庭等医療費の支給(下線部分が変更となります)
名称も「母子家庭等医療費」から「ひとり親家庭等医療費」へと変更となります。
  現行 改正後
対象者 母子家庭
養育者家庭
 児童は3歳から18歳の年度末まで
一人暮らしの寡婦
母子家庭
父子家庭
養育者家庭
 児童は義務教育就学後から18歳の年度末まで
〔廃止〕一人暮らしの寡婦(経過措置あり)
所得制限 児童扶養手当準拠 児童扶養手当準拠
自己負担 初診料、往診料の自己負担分相当額 通院:800円/月(上限)
入院:500円/日(月7日限度)
 ※いずれも1医療機関ごとに自己負担

○議案第30号 平成20年度 添田町一般会計補正予算(第1号)を定めることについて
→歳入歳出にそれぞれ46,960千円を追加し、歳入歳出の総額を6,989,367千円とするもの。
→住民課に関するものは、条例改正に伴う電算システムの改修委託料や住基ネットーカードの作成委託料など。

○議案31号 平成20年度 添田町国民健康保険事業勘定特別会計補正予算(第1号)を定めることについて
→歳入歳出にそれぞれ201千円を追加し、歳入歳出の総額を1,441,757千円とするもの。
→全員一致で可決

<事業課>
○議案第30号 平成20年度 添田町一般会計補正予算(第1号)を定めることについて
→歳入歳出にそれぞれ46,960千円を追加し、歳入歳出の総額を6,989,367千円とするもの。
→事業課に関するものは、農産物加工設備整備工事費。イチジクを地域ブランドに位置付け、イチジク豆乳を製造するための機械購入費。
→賛成多数で可決

<請願・陳情>
請願第3号 後期高齢者医療制度に関する請願書(平成19年12月)
→引き続き継続審議に

議案の審議は以上です。審議が終わったので、11日(水)12日(木)は考案日となりました。
添田町は委員会中心主義を採っていますので、所管委員会での決定が尊重されます。
13日(金)に行われる本会議で採決が行われ、可決されます。


議案審議後は、田川郡東部じん芥処理センターを視察しました。
田川郡東部じん芥処理センター1 田川郡東部じん芥処理センター2
田川郡東部の自治体(添田町、大任町、香春町、赤村)のゴミがここに集められ、処理されます。
人口は減っているのに、ゴミの量は減っていないとのことでした。
ゴミの分別と生ゴミの水切りはしっかりとやってほしいとのこと。生ゴミの水分がゴミの焼却にとっては大敵ですからね。

資源ゴミのストックヤードを見学した後、最終処分場へ。
最終処分場1 最終処分場2
平成8年に工事が完了し、埋め立てられています。埋立容量は、69,000㎥。平成20年2月現在で、42,800㎥が埋め立てられているそうです。毎年、1,800~2,000㎥が埋め立てられているとも。
写真の左に見える煙突みたいなのは、ガスの排出口だそうです。
この敷地の下には、遮水シートがしっかりと敷かれ、排水溝も完備されています。
流れ出した水(雨水)は調整池に溜められ、処理が行われ放水されます。
右の写真はすでに埋め立てられて、草が茂っているところです。

ゴミとどう付き合っていくかは、ちゃんと考えないといけませんね。。。

プロフィール

久保田 実生

Author:久保田 実生
まちづくリストを目指して活動しています。
添田町議会議員(3期目)。

足跡掲示板

お気軽にコメントしてください♪

※私が不適切だと判断した書き込みは、通知なしに削除する場合があります。ご了承ください。

カテゴリー

最近の記事&コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

キーワード(タグリスト)

キーワードを選択いただくと、関連する日記(記事)をご覧いただけます。

PDCAJIAM添田町議会飯田市行政評価決算審査添田町震災防災大分県熊本県四万十塾狭山事件イベント議会改革川崎町渋谷区クローズアップ現代News23あり方委員会議会広報常任委員会選挙産業厚生常任委員会相川俊英条例年金歴史的風致維持向上計画総合計画議会だより総務文教常任委員会議会議会広報特別委員会ふるさと納税日光市マンガ福岡市行財政改革カイゼン鳥取県わかりやすい予算書DNA運動平川市議会ホームページ福岡市議会チーム議会情報共有子育て講演会花まる学習会高濱正伸議員定数人口藻谷浩介市町村合併婚活街コン流山市議会松野豊クラウドファンディングチクスキ中村文昭観光指定管理者ホテル和住民投票情報発信広川町入札川町情報公開スケジュールまちづくり津屋崎英彦山がらがら英彦山糸田町大阪維新の会せんたくまちぱぶ協働ワールドカフェ大刀洗町NPO共働リコール百条委員会検察審査会ボランティア社会保障世代間格差Evernote奈良市屋久島アクセス数田川市香春町対話事業仕分け構想日本視察御船町福島町福津市ビジョンカフェ田川高校夏祭り男女共同参画ホタル対馬市白老町ウッディー観光ボランティアしゃくなげ荘歓遊舎ひこさん東京財団我孫子市福嶋浩彦神幸陸前高田市八木澤商店議会基本条例東日本大震災報酬審議会マニフェスト武雄市南風原町電子自治体浦添市財務諸表新地方公会計制度松本武洋和光市岡垣町江華郡山伏弁当岩石城ハコモノ行政有害鳥獣地域ブランドイノシシ英彦山サイクルタイムトライアル森の家ボイラーボイラー委員会100条委員会個人情報保護地方自治法議会報告会全員協議会滞納英彦山勤労者福祉協会住宅公職選挙法教育首長阿久根市栄農社公共交通医療制度水源地福智町政治倫理条例飯塚市予算e都市ランキングブロードバンド一般質問総合窓口修験道美深町戦争長谷川岳夏まつり下條村海士町山口はるな小布施町寄付政策木下敏之財政クマタカ猪名川町平和期末手当ラスパイレス指数議員力検定日置市須佐神社国民健康保険まちの駅社民党妊産婦健診浄化槽助成金森林環境税粉炭ストーブ平和憲法をいかす会沖縄国土調査小泉改革都市間交流夕張市財政健全化法添田町郷土史会広報そえだ水道馬路村決算審査特別委員会歴史産廃処分場敬老会ゴミ富士山杉田久女句碑種田山頭火高校交際費直方市基地少子化町民税佐々木小次郎組合乳幼児医療制度川渡り神幸祭渕上塾労政懇田植え米作りNPOタケノコ終末期医療費三セク山村留学津野平成筑豊鉄道クラスター爆弾栗山町添田東長生会平均寿命長洲町2050年大任町遺跡議会事務局まちづくり推進室自己紹介

トラックバック

カウンター&管理方針

※管理者(=私)が不適切だと判断したコメント・TBは、通知なく削除する場合があります。ご了承ください。

ツイッター(twitter)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入りのブログ

メール(お気軽にどうぞ)

こちらのフォームから管理者(=私)にメールを送ることができます。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログランキング


クリックしてくださいね♪ にほんブログ村 政治ブログへ

日記の写真

日記中の写真をクリックすると原寸表示されます。 もう一度クリックすると閉じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。