添田の人~久保田実生の活動日記~

英彦山の麓にある添田町(福岡県田川郡)。そんな添田の住人、久保田実生(くぼたみしょう)の政治的活動日記です。

久保田実生からのお知らせ。

☆添田町議会のYouTubeチャンネル(こちら
 YouTubeで議会中継がご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎だけに聞こえるものだと思っていたけど。

いつの頃からか、家(町四)で鹿の鳴き声が聞こえるようになった。
発情期だからという話も聞いたけど、昨年、聞こえていたかは覚えていない。
鹿が増えて、どんどん下りて来ているという話なので、その一例なのかも知れない。

駆除したイノシシやシカ、いっそ名物に 添田に食肉施設(asahi.com)

添田町:駆除したイノシシやシカの食肉加工施設を整備 /福岡(毎日.jp)cache

被害が絶えないので、何とか対策はしないといけないのだけれども。
施設の運営は、「「英彦山ジビエの会」がボランティアで運営する」とある。
着実に事業は進んでいるのだろうが、新町長の実績になるのか、前町長の遺産になるのか、気になるところです。
スポンサーサイト

【報告】産業厚生常任委員会・2009年6月16日。

6月16日に行われた、委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 6月16日(火) 09:30~11:00

日程1.執行部の報告
(1)各課からの報告
○事業課
①森の家について
現在、休止している森の家を再開したいというもの。
町としては、直営(業務委託)方式で運営したいということでした。
収支計画書も出ていましたが、いろいろと質問が出ていました。
そもそも、平成20年の2月には指定管理者の募集をしておきながら、今回はその募集も行わずに直営でやるというのには、納得できません。先ずは、指定管理者でやろうというのであれば、再度公募して、その上で判断するのがいいかと思います。前回の公募で十分な周知ができていたかという問題もあります。
森の家の再開は、その運営費が補正予算で計上されるかと思いますので、その予算を議会が認めるかどうかで、決定するかと思います。

②体験施設(英彦山スケート場跡地)について
地域活性化・生活対策事業のひとつです。
前回の委員会(6月9日の日記)で説明を受けました。そのとき、収支の数値について質問をしましたが、ちゃんとした説明がなかったので、その再説明を受けました。

③獣肉処理施設について
こちらも地域活性化・生活対策事業のひとつです。
添田町に獣肉加工施設を建設する予定なのですが、武雄市が同じように獣肉加工処理施設を持っているので、視察に行くというものです。
総務文教常任委員会で視察の話が出て、産業厚生と合同で行くことにしました。

(2)田川土木事務所・飯塚農林事務所の訪問について
6月18日(木)に産業厚生常任委員会で、田川土木事務所(11:00~)と飯塚農林事務所(13:30~)を訪問する。

報告は以上です。

地域活性化・生活対策事業の予算は、3月議会で可決しています(日記はこちら)。
ただ、その予算執行については、議会の承認を得ることとなっているから、いまだに中身の議論と議会が承認するかどうかの話が続いています。
執行する側(担当職員)としては、早く着工しないと年度末までに間に合わないという問題があります。
どのような決着にするのか、議会としての態度が問われています。
こういうことになるぐらいなら、ちゃんと予算を否決するなど態度を鮮明にした方がいいんですけどね。
まぁ過去のことを言っても仕方ありませんが、過去から何を学ぶかはもっと大事です。

武雄の視察の件も3月議会で予算があがったときに、行くべきものです。議員同士の雑談の中では、行きましょうと言っていたのですが、実現せずでした。
予算を通した後で、視察に行っても、あまり意味はありません(全くないとは言いませんが)。
地域活性化・生活対策事業が突然出てきたもので(←そもそもそれがおかしい!!)、3月議会中に行く時間がなかったのかも知れませんが、それでも予算審議の参考とするためにも、行くべきだったのではないかと思います。
ただ、武雄市の場合は、イノシシを食肉加工し、販売までするという仕組みなので、添田町とは異なります。添田町も販売まで手掛けるというのであれば、いい参考になるのではないかと思います。個人的には、添田町が販売までするのはどうかと思いますが、レモングラスの取り組みや樋渡市長のまちづくりはいい参考になるかと思います。

〔参考〕
「いのしし課」被害逆手に肉販売 佐賀・武雄市が猛進中(asahi.com)cache

これからの地方自治。

昨日(1日)は、福岡へ行っていました。

天神中央公園(アクロス福岡横)で行われた「第1回ふくおか町村フェア」を覗きにいきました。
町村フェア1 町村フェア2
天気もよかったので、お客さんも多いようでした。
13時半ぐらいに行ったのですが、お店は品薄状態でした。
添田町のお店も売れ行きは上々のようでした。

23町村の特産 伝統芸能PR 1日まで「町村フェア」 福岡市天神(西日本新聞Web版)cache

都市部では、田舎のものが売れますので、いい外貨獲得になります。
マリノアシティの九州のムラ市場もお客さんが多いです。
添田の歓遊舎ひこさんに来てもらうだけでなく、こちらから出向いて行って、売ってくるというのも大事ですね。


その後は、地方自治体のガバナンス研究 公開研究会に参加。
「「分権」でなく、「自治」への地方議会改革-改革派首長からの提言-」というテーマは刺激的です。
ゲストスピーカーがまたまた刺激的。
改革派首長として、有名人ばかり。
木下敏之さん(前佐賀市長)、福嶋浩彦さん(前我孫子市長)、穂坂邦夫さん(前志木市長)。
このような方の話を福岡で聴けるなんて、ラッキーですしかも無料!!

住民へ開かれた議会に 地方議会研究会 福岡市で開催 元市長3人が提言(西日本新聞Web版)cache

定員120名に対して、180名が参加です。
会場は、熱気に包まれていました。主催者側としては、うれしい誤算だったようです。
私も、こういうイベントにこんなに多くの方が参加するとは思いませんでした。
なんとかせないけんと思っている人が多いんだろうなと思うと、なんだかうれしくなります。
遠くは関東から来ている方もいました。

主催の東京財団では、研究報告書・提言発表「分権時代の地方議会改革-改革派首長からの提言-」をWebで公開しています。
イベントのもとになったものであり、示唆に富んだ報告書です。イベントでももらいましたが、もう一度、じっくりと目を通そうと思います。

イベントでは、刺激的な発言が相次ぎました。
議会をどのような議会としていくのか、まさに問われています。
議会はまだまだできることをやっていないという指摘もその通りで、やるべきことをやってから、それでもどうなのかを考える必要があります。
議会は「意思決定機関」であるというご指摘も。
自覚しているつもりでも、添田町の議会のあり方を省みると、こんな意思決定の仕方でいいのかと改めて思います。もちろん、議会としての意思決定になりますので、議会全体として自覚をしないといけませんけどね。
「改革派首長の時代はもう終わったので、次は改革派議会の時代に」という発言も。そうです、議会が議会らしくなることが必要です。もっともっといろんなことが出来るのですから。
勝手にできないと思いこんでいることが多過ぎるんですよね、たしかに。。。

とても元気づけられたイベントでした。

イベント後は、木下さん、福嶋さんとお茶を飲む機会に恵まれました。
ご縁に感謝するとともに、ヒューマンネットワークの大切さを改めて感じました。
福嶋さんの熱い想い(ブレない心)は、すごいです。権力というのは、危険物なので、どう扱うかを常に意識していたと。権力を行使するときは、慎重に行ったということでした。もちろん、自分のため、支持者のために使ったことはないと!!
首長は権力という危険物を取り扱う、危険物取扱者だと言っていました。
なるほどと思いました。危険物を取り扱っているという自覚のない権力者ほど恐ろしいものはありませんからね。選挙とは、まさに、その危険物である権力を誰に扱わせるかを決めるものなんですよね。

更にその後、木下さんを囲んだ食事会に参加。
木下さんの著書である『なぜ、改革は必ず失敗するのか』(WAVE出版)にサインもいただきました

【報告】産業厚生常任委員会・2009年1月29日。

1月29日(木)に行われた産業厚生委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 1月29日(木) 09:30~11:30

各課から報告を受けました。

○住民課
・ゴミ収集日の変更(配布資料あり)
→収集日が週1回だった地域も、週2回となります。
詳しくは、回覧板や広報そえだでお知らせするようです。

○総務課
・議会中継を始めます(配布資料あり)

○事業課
・入札結果報告(配布資料あり)
→町民プール(漏水のため廃止)の解体撤去を行います。
・ギャバ入りイチジク豆乳の件(地域ブランド 配布資料あり)
→改めてイチジク豆乳の説明を受ける
→審議の結果、予算執行(搾り機や冷凍庫購入)を認める
・町営住宅の件
→来年度以降の建設に関しては、まだはっきりしていない。
現在、建設中の1棟目は、6月完成になりそう(着工が遅れたため)。
ただし、ストックヤード計画(5年間で4棟建設)はまだそのまま。計画の変更はまだ行っていない。

報告は以上です。

地域ブランドのイチジク豆乳については、やはり、予算の時点でもっと徹底的に討論すべきだと反省。
予算を通すときに、予算執行に条件をつけてもあまり意味がないと痛感。これがこれまでのやり方なんでしょうが、これを変えないとダメだと改めて認識。過半数をしっかりと握り、反対すべきものにはちゃんと反対する、ふつうの議会に変わらなければなりません。
委員会の役割分担(委員会中心主義)もあるだろうけど、いろいろと考えさせられました。。。

地域ブランドといえば、本日(31日)もあっていたのですが、福岡市で第1回ふくおか町村フェアというイベントがあっています。
添田町も出店しています。本日は雨でしたけど、お客さんがどうだったのか気になるところです。そえだ舞姫連のみなさんも雨の中、踊ったのでしょうかね!?
明日(2月1日)もあっています!!
「添田町」ブランドを多くのお客さんに知ってもらえればと思います。
明日、福岡行きの用事があるので、ちょっと覗いてこようと思います。余裕があればですけど。。。


議会中継に関してですが、委員会終了後にも、いろいろと担当の方からききました。
予算は昨年3月議会の当初予算で計上されていました。
総務課の予算の「イントラネット構築事業」の中に入っていたので、気付きませんでした。
私達の委員会(産業厚生委員会)では、総務課の予算説明が基本的にないので、こんなことが起こります。気になったときは訊いているのですが、町内の公の施設のイントラ整備としか思っていなかったという勝手な思い込みもありました。。。
総務文教委員会の議員からも議会中継なんて言葉は聞いたことがないような気がするので、どこまでの予算説明があったのかはわかりません。

イントラネット構築事業は約1億円かかるのですが、そのうちの約440万円で次の3つを整備するとのことです。
①地図 ②Webカメラ ③議会中継
①の地図は、添田町の地図に公共施設や災害時の避難場所を紹介するもの。いつかの一般質問で町長が地図だと言っていたのは、このことかと思われます。。。推測ですが。。。
②のWebカメラは現在、しゃくなげ荘などに設置されているもの(こちら)を車の交通状況がわかるもの(動かせるもの)に変えるなど。
③の議会中継はそのまま議会中継です。

議会中継のシステムは、株式会社エーディーエスさんのシステムを入れるようです。
業者の決定は、イントラネット構築を九電工さんがやるので、九電工さんからの仕事でエーディーエスさんに決まったようです。
同じシステムで議会中継をやっているところは、京都府議会長岡市議会(リンク先はともに議会中継のページ)などがあります。

議会中継に関しては、本会議だけでなく、委員会の中継を行っている議会もあります。
添田町でも委員会中継・・・って難しいかも知れませんね。。。
先ずは本会議の中継からですね。

産業厚生委員会では、特に異論・反論はありませんでした。
具体的なイメージがなかったので、議論のしようがなかったのかも知れませんが。
ちなみに、総務文教委員会は、2月4日に行われます。

【報告】産業厚生常任委員会・2009年1月16日。

1月16日(金)に行われた産業厚生委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 1月16日(金) 15:00~17:15

2009年最初の委員会です。
各課から報告を受けました。

○事業課
・入札結果報告(配布資料あり)
・各施設運営状況報告(配布資料あり)
・町営住宅の建替えの件(こちらの日記を参照)
→まだ執行部での意見統一はできておらず、回答は先送り。
・GABA入りイチジク豆乳(地域ブランド)の件
→継続審議中の件です。予算を通しているのだからという意見もあるのですが、通すときに執行するときには、委員会(議会)の了解を得るようにとの条件を付しています。それで、今になっても議論中です。

こうなって思うのは、委員会の中だけでなく、本会議においても、反対討論して反対意見をちゃんと述べないといけないなということ。
普通の議会なら、当然行われていることなんでしょうけどね。
これまでの流れ(慣習?)を変えんといかんですね。。。

○住民課
・職員の異動報告

○総務課
・定住促進団地土地分譲の件(配布資料あり)
→添田バスターミナル跡地(郵便局横)の土地を添田町が買い取り、分譲することにしていましたが、その分譲の公募が始まります。
ホームページにもお知らせが出ています(こちら)。
応募者の資格要件は、町内在住を問わないということになっていますが、定住促進の目的から考えると町外の方を優先的に入れるべきだと思います。
また、書類は持参でないとダメとなっていますが、受付時間は平日の9時~17時です。委員会では、受付時間の延長(週に一度でもいいので)や休日の受付を要望しましたが、受け入れられなかったようです。
町外に住む働く世代をターゲットにするのなら、平日17時までの受付はムリですからね。郵送での受付や時間外も開いている施設(例えば図書館)での受付を行えばいいのにと思います。結局、相手のことではなくて、自分達の仕事のことしか考えてないのではないかなと思っちゃいますね。。。

・職員採用の件
→1月より、新職員が1名採用されました。
12月議会の全員協議会(こちらの日記を参照)で町長が言っていた、大学院出のITに詳しい人ということです。
まさか、採用しているとは思いませんでした。
総務課長に、何の仕事をするのか尋ねましたが、具体的な回答は返ってきませんでした。
職員採用については、公募を行ったそうです。広報そえだやホームページでの募集は見かけていないがと質問すると、掲載はしていないが回覧板でチラシを配布したとのこと。
採用について口をはさむことはできませんが、すっきりしない採用です。前にも書きましたが、何でこの時期なんでしょうね。。。後はしっかり仕事をしてもらうしかありませんね。。。

○水道課
・入札結果報告(配布資料あり)

報告は以上です。
住宅のことがあったので、合同委員会かなと思っていましたが、単独の委員会でした。
住宅の件は、早く、回答をすべきだと思うのですが、執行部の方はそう思ってないんでしょうかね。。。

【報告】産業厚生常任委員会・2008年11月28日。

11月28日(金)に行われた、産業厚生常任委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 15:30~17:30

日程1 各課の報告
○住民課
・12月定例議会に上程予定の議案について
・ジョイの入浴料金の改定ついて
→来年4月より、値上げを実施する予定。現行150円の入浴料を210円へ。また、無料入浴の対象となっている方からも100円の徴収を予定。4月までの期間で周知をし、実施の予定。
・出産育児一時金が35万円から38万円へ。
 参照:出産育児一時金:引き上げ、3万円増の38万円答申--福岡市・諮問機関 /福岡(毎日jp)cache
→3万円引き上げられますが、この3万円が「産科医療補償制度」(無過失補償制度)の保険料となります。

○水道課
・有収率について(配布資料あり)
→有収率とは、供給した配水量に対する料金徴収の対象となった水量の割合です(有収率=料金徴収水量/給水量×100%)。
 これが100%に近いと、給水した水のほとんどを料金として回収できたことになりますが、なかなかそうはいきません。漏水などがあり、平成18年度の全国平均は89.7%です。添田町の有収率は84.9%です。
ここの数年、大きく変化はしていないとのことです。
漏水箇所を調べるためには、断水しての調査などが必要とのことでした。
あまり水を使わない夜間にやるなどの手段もあるようですが、なかなかやれていないとのことでした。

○総務課
・ブロードバンド(光ファイバー)整備事業について(配布資料あり)
→ブロードバンド整備事業に伴う全戸アンケートの結果をいただきました。アンケート回収率は75.56%で、全回答3,054のうち、
 「4月から利用」・・・724
 「2,3年以内に利用」・・・638
 「利用予定なし」・・・1,692
という結果でした。
・1日移動役場について(配布資料あり)
 今年も1日移動役場をやるようです。回覧板ですでに回っているかと思います。いいことではありますが、年に一度だけでなく、もう少し回数が多くてもいい気もしますね。。。まぁ職員の方は大変かも知れませんが。
 11月30日() 19:00~ 津野公民館
 12月01日(月) 19:00~ 中元寺地区老人センター
 12月07日() 19:00~ 彦山地区総合センター
 12月08日(月) 19:00~ 添田町民会館
 12月09日(火) 19:00~ オークホール

○事業課
・英彦山スケート場跡地について
・地域ブランド開発(ギャバ入りイチジク豆乳)について

日程2 12月議会について
・12月議会本会議(初日) 12月15日(月)
→日程については、12月11日(木)の議会運営委員会で決定されます。町民への周知を考えるとなるべく早くわかった方がいいんですけどね。。。

報告は以上です。

事業課の「英彦山スケート場跡地」と「地域ブランド」については、いろいろと意見交換が行われました。
添田町の将来ビジョンにも関わることなので、そうなるのも当然です。また、過去の観光事業や特産物開発の件なども話題に出ます。

しかしながら、二つとも、それに関する予算は認めて(通して)いるのです。
予算を認めながら執行を認めないというのは、やはり無理があると改めて感じます。
予算案(というより議案すべて)に対して、否決してきていないことに原因があります。これは議会の責任です。
これまでの(長年の)やり方というのもあるのでしょうが、そろそろ考えるべきときのような気がします。
各議員とそれぞれ話をすると否決ということも語るのですが、現実にはなかなか。。。
やはり、本会議での委員長報告の後、質疑・討論をちゃんとやらねばいけませんね。。。
反発はそれなりにあるでしょうけど。。。
変化を起こそうと思うのなら、先ずは自分自身からですね♪


18時過ぎから、委員会と議会事務局とで、意見交換会(懇親会)が行われました。
風邪の影響もあり不参加と伝えていたのですが、なんだかんだで最後までいました

【報告】産業厚生常任委員会・2008年11月18日。

委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 11月18日(火) 09:30~12:00

日程1 各課からの報告
○事業課
・入札結果の報告(配布資料あり)
→次回より、配布資料に予定価格の掲載を希望。掲載されることに。ただし、取扱いは注意とのことでした。
う~ん、取扱いってどういう意味でしょうかね???
委員会は公開が前提ですし、配布資料も傍聴者がいれば配布されるものだと思うのですが。。。
こういうところで情報公開(情報共有)に対する姿勢がみてとれる気がします。
・英彦山勤労者福祉協会、歓遊舎ひこさんなどの経営状況報告(配布資料あり)
→行楽の時季ということもあり、お客さんは多いようです。11月もこの調子でお客さんに来ていただけるといいですね。
・地域ブランド開発について(資料あり)
→いちじく豆乳の試飲アンケート報告と英彦山スケート場跡地についての説明がありました。
委員会で審議の結果、事業を進めるにはまだ詰めがなされていないとのことで、継続審議となりました。
・英彦山を美しくする会からのお知らせ
→12月6日(土)に美化キャンペーンと定期総会を開催。

○総務課
・ブロードバンド整備事業について(入札報告、配布資料あり)
→各地域での説明会では、約700名の参加があった。各家庭へのアンケートは、今月末をメドにまとめる。
体験ブース(10:30~16:00)も役場1Fと歓遊舎ひこさんに設置。
相談窓口。
また、添田町のホームページにも「光ファイバーを町内全域に整備します」というページができています。

○水道課
・入札結果の報告(配布資料あり)
・石綿セメント管の更新工事
→約72%が終えている。今年度末では約87%にし、来年度末までにすべての石綿セメント管を交換する。

○住民課
・医療費について(配布資料あり)
・添田町元気倶楽部
→10月1日よりスタートしたが、登録者数は約300名に増加(スタート時は187名)。平均15名ぐらいが参加している。

日程2 視察調査報告
10月27~29日に行った委員会視察のまとめです。

報告は以上です。

週末の活動日記とか。

8日(土)は、社民党の首長自治体議員団福岡県会議の定期総会があったので、福岡へ行ってきました。
年に一度の総会で、これまでは勉強会とのセットでしたが、今年は総選挙がありそうでないので、総会のみでした。
このような状況では講師の選定も大変ですし、選挙となっていれば、勉強会どころではないですからね。

ありそうでない選挙のために、添田東の運動会も今年は実施できないまま中止となったようです。
選挙となれば、添田小学校の体育館が投票所となります。
こういう所は多いのかも知れませんね。
衆議院解散の権限は、麻生総理にあるのですから、何ともしがたいところです。。。

9日(日)は、男魂祭が深倉であったので、参加してきました。
昨年よりも寒かったです。紅葉はもう少しという感じでしょうかね???
今年初のコートでしたが、着て行って、正解でした。右の写真は姥ヶ懐(うばがふところ)での様子。
深倉の紅葉。 姥ヶ懐。
男魂岩の説明。 御神輿。
特設ステージでは、添田舞姫連の踊りやもちまきが行われました。
舞姫連。 もちまき。
もう少し天気がよければ、お客様も多かったかも知れませんね。
こればかりは、仕方無いことですが。。。

とあるプロフィールに、好きなおかしとして「KitKat」と書いていたら、ゆず味のキットカットをいただきました。
キットカット。
こんなのがあるとは知りませんでした。おいしいですよ~
ゆずは、高知県馬路村(うまじむら)産を使用。
馬路村、ゆずでのまちおこし(村おこし)で有名なところです。馬路村農業協同組合
ゆずといえば、馬路村となっているところがすごいですね!!
地域ブランドはこうあるべきだなと思います。それが全国区なら、言うことなしです。
添田の地域ブランドもせめて、福岡での地位は築きたいですね。
ちなみに、添田町議会の委員会視察で、過去に、馬路村へ行っています。

明日(11日)は、ポッキー&プリッツの日でもありますが、介護の日でもあります。
そんな日でありますが、何よりも、まちぱぶの日です。
添田中央公民館で、19時からです。是非、ご参加ください

プロフィール

久保田 実生

Author:久保田 実生
まちづくリストを目指して活動しています。
添田町議会議員(3期目)。

足跡掲示板

お気軽にコメントしてください♪

※私が不適切だと判断した書き込みは、通知なしに削除する場合があります。ご了承ください。

カテゴリー

最近の記事&コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

キーワード(タグリスト)

キーワードを選択いただくと、関連する日記(記事)をご覧いただけます。

PDCAJIAM添田町議会飯田市行政評価決算審査添田町震災防災大分県熊本県四万十塾狭山事件イベント議会改革川崎町渋谷区クローズアップ現代News23あり方委員会議会広報常任委員会選挙産業厚生常任委員会相川俊英条例年金歴史的風致維持向上計画総合計画議会だより総務文教常任委員会議会議会広報特別委員会ふるさと納税日光市マンガ福岡市行財政改革カイゼン鳥取県わかりやすい予算書DNA運動平川市議会ホームページ福岡市議会チーム議会情報共有子育て講演会花まる学習会高濱正伸議員定数人口藻谷浩介市町村合併婚活街コン流山市議会松野豊クラウドファンディングチクスキ中村文昭観光指定管理者ホテル和住民投票情報発信広川町入札川町情報公開スケジュールまちづくり津屋崎英彦山がらがら英彦山糸田町大阪維新の会せんたくまちぱぶ協働ワールドカフェ大刀洗町NPO共働リコール百条委員会検察審査会ボランティア社会保障世代間格差Evernote奈良市屋久島アクセス数田川市香春町対話事業仕分け構想日本視察御船町福島町福津市ビジョンカフェ田川高校夏祭り男女共同参画ホタル対馬市白老町ウッディー観光ボランティアしゃくなげ荘歓遊舎ひこさん東京財団我孫子市福嶋浩彦神幸陸前高田市八木澤商店議会基本条例東日本大震災報酬審議会マニフェスト武雄市南風原町電子自治体浦添市財務諸表新地方公会計制度松本武洋和光市岡垣町江華郡山伏弁当岩石城ハコモノ行政有害鳥獣地域ブランドイノシシ英彦山サイクルタイムトライアル森の家ボイラーボイラー委員会100条委員会個人情報保護地方自治法議会報告会全員協議会滞納英彦山勤労者福祉協会住宅公職選挙法教育首長阿久根市栄農社公共交通医療制度水源地福智町政治倫理条例飯塚市予算e都市ランキングブロードバンド一般質問総合窓口修験道美深町戦争長谷川岳夏まつり下條村海士町山口はるな小布施町寄付政策木下敏之財政クマタカ猪名川町平和期末手当ラスパイレス指数議員力検定日置市須佐神社国民健康保険まちの駅社民党妊産婦健診浄化槽助成金森林環境税粉炭ストーブ平和憲法をいかす会沖縄国土調査小泉改革都市間交流夕張市財政健全化法添田町郷土史会広報そえだ水道馬路村決算審査特別委員会歴史産廃処分場敬老会ゴミ富士山杉田久女句碑種田山頭火高校交際費直方市基地少子化町民税佐々木小次郎組合乳幼児医療制度川渡り神幸祭渕上塾労政懇田植え米作りNPOタケノコ終末期医療費三セク山村留学津野平成筑豊鉄道クラスター爆弾栗山町添田東長生会平均寿命長洲町2050年大任町遺跡議会事務局まちづくり推進室自己紹介

トラックバック

カウンター&管理方針

※管理者(=私)が不適切だと判断したコメント・TBは、通知なく削除する場合があります。ご了承ください。

ツイッター(twitter)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入りのブログ

メール(お気軽にどうぞ)

こちらのフォームから管理者(=私)にメールを送ることができます。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログランキング


クリックしてくださいね♪ にほんブログ村 政治ブログへ

日記の写真

日記中の写真をクリックすると原寸表示されます。 もう一度クリックすると閉じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。