添田の人~久保田実生の活動日記~

英彦山の麓にある添田町(福岡県田川郡)。そんな添田の住人、久保田実生(くぼたみしょう)の政治的活動日記です。

久保田実生からのお知らせ。

☆添田町議会のYouTubeチャンネル(こちら
 YouTubeで議会中継がご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香春町議会報告会。

日本シリーズ、2勝2敗となりましたね
いやー、よかった、よかった
これで福岡まで帰ってくることが決定しました。
明日も勝って、日本一に王手で帰ってきてもらいたいもんですね

さて、11日(金)に香春町で開催されました、議会報告会を観に行ってきました。
香春町議会での初めての取り組みです。

香春町議会 議会報告会
11月11日(金) 19:00~21:00
香春町町民センター

香春町議会 議会報告会。

会場には、約50名の方が参加されていました。
議員は13名(定数15名)が出席していました。
13名も並ぶと、それなりに威圧感があります。
司会進行も議員がしていました。
あと、お茶もいただきました。

報告の内容は、
① 議会活性化の取り組み
② 9月議会報告
でした。
香春町議会では、平成21年6月から議会活性化に関する調査特別委員会を設置して、議会活性化(議会改革)に取り組んできました。現在、議会基本条例の制定に向けて取り組んでいます。

報告は30分程度で、意見交換に1時間10分程度とっていました。
質問(意見)も随分と出ました。
ですが、報告に対する質問というよりも、町政全般に対する質問が多かったです。中には質問というより、自分の意見を述べるだけというのもありました。

それにしても、13名(1名は途中退席したが)もいると、何も発しない議員もいるわけで。
実際、発言の機会がないのもわかりますが。
特に、質問に対して自分の意見を言いたくなるので、いろんな議員が答えると、それだけで時間もなくなるし。。。

御船町議会の報告会は、町内数ヵ所で実施し、議員が分担して参加していました。
だから、全員が発言するということにもなります。
1ヵ所だけの開催だと、香春町議会のようになりますよね。。。

あと、参加者も発言しないまま帰るという方がほとんどになってしまうので、それももったいないなと思います。
まちぱぶやっていて思うのは、参加者の皆さんは、話したいこと・聴いてもらいたいことがあるから参加しています。
だからこそ、発言を促すような、仕掛けって大事だなと思います。

議会報告会でワールドカフェやったらいいだろうな、きっと。
そんな議会、まだないよね、きっと。
添田町議会がその最初になれたら・・・、いや、なると思わんとなれんか!!
どうしたらそうなれるか、考えんといかんですな。。。

ちなみに、山口さんの次の記事を読んだときから、議会報告会でもやれたらと思い始めました。

新しいまちづくりのススメ 津屋崎日記 <18>対話の場づくり(1) 座席を変えてみると(西日本新聞Web版)


11月29日(火)には、田川市議会の議会報告会が開催されます。
私も観に行く予定です。
スポンサーサイト

2時のパパ。

9月は、なんやらかんやらであっという間に過ぎてしまいました。
おかげさまで、9月1日14時06分に、次女 秋葉(あきは)を授かりました。
友人からは、2時(二児)のパパやねとのコメントもいただきました

二人目は最初の子よりいい加減になるとは聞いていましたが、その通りですね。
「いい加減」というのも、加減がわかっているという意味もあるんですけどね。
長女 夏子(2歳)は、妹への嫉妬なんかもあり、そんな様子を見るのも楽しみのひとつです。
こうやって、自我とか人間関係とかを学んでいくんやろうなーと。


さて、議会の方ですが、9月議会も無事に終わりました。
録画中継もアップされているようです。
9月議会本会議(初日 9月8日)、9月議会本会議(最終日 9月16日No.1,No.2,No.3,No.4,No.5,No.6)。
※9月8日の分は、なぜか音声のみです。
アップが遅いという声もいただいております
「およそ一週間後」じゃない!!と。
職員の体制変更から半年が経過したのですから、そろそろ軌道にのってもいい頃だろうとは思いますが。。。

6月議会で監査の公表について一般質問を行いましたが、その甲斐あってか(?)、9月議会の全員協議会で、監査結果の報告書が配布されました。
地方自治法に従えば、当然のことなのですが、やっと普通になりました。
もっと欲を言えば、議会への報告は、議場ですべきだと思います。9月議会(9月8日)の録画を見てもらえればわかりますが、決算監査については議場での報告がなされています。だったら、定期監査についても・・・と思うのですけどね。これも「あり方委員会」で検討したいと思っています。あと、自治体によっては、ホームページに監査の結果を公表していますので、そんな対応もできればと思います。11月(!?)からは、添田町のホームページもリニューアルされることですしね。

また、9月議会では、平成22年度決算の認定を行いました。
これまでは、決算審査特別委員会をつくり、6名程度の議員で審査を行っていましたが、今年は「決算についても全員が責任をもって関わるべき」ということで、各常任委員会で行いました。
ただ、各常任委員会の所管の決算審査のみとなりましたので、すべての決算について全員で審査を行ったわけではありません。
9月議会中に、認定結果を出せたことは、新年度予算への反映も期待できますので、いいことなのですが、各常任委員会での審査となったことで、全体的に見れなかったことと審査自体が甘くなったのではないかと個人的には思いました。
私としては、全員参加での予算決算常任委員会をつくって、そこで予算と決算について集中的に審議するのがいいと思っているのですけどね。。。そんなこと言いだすと、「二委員会制をやめて、一委員会制にしてしまえばいい」とか「一委員会制にするには議員13人は多いんじゃないか」などと話が展開し、議員定数のことなんかになっちゃうんですよね。。。
そんなこんなも「あり方委員会」で検討する予定にはしているのですが、なかなかの難題です。


田川市事業仕分け 「現行通り」1件のみ 2日間の日程終了 要改善は13件(西日本新聞Web版)cache

10月8日、9日に田川市で事業仕分けが行われました。
構想日本によるものです。私も見に行きたかったですが、残念ながら行けませんでした
私のように、見に行きたくても行けなったかった方は、田川市のホームページに録画がありますので、そちらから見ることができます
当日も生中継があっていましたし、資料もアップされていましたので、会場に行けなくても、見学することが可能だったのです。こういう取組み、さすがだなーと思います。
事業仕分けの結果が、来年度予算(今後の事業実施)にどう反映されるのか、気になるところです。

家族も増えましたし、我が家にも帰ってきましたので(9月は妻の実家に居候)、ぼちぼち日記を書いていこうと思います。

田川市の専決処分の結末。

父の日にとプレゼントをもらいました。
こういうので、父になったことを自覚したりもするもんですね

先日の日記(こちら)に書きました、田川市の専決処分の件ですが、24日の本会議で賛成多数(賛成16 反対3)で可決となったようです。

田川市議会:作兵衛絵画の保存・活用、専決予算を承認 /福岡(毎日jp)cache

専決処分の承認をめぐるやりとりは、田川市議会のホームページの「議会インターネット中継」から見ることができます(動画はこちら)。24分頃からです。
それにしても、田川市議会の動画のアップは、素早いですよね~。
添田町議会の動画は。。。


夜(25日)は、まちぱぶを開催しました。
雨の中にもかかわらず、ご参加いただきました。
ありがとうございます。
ブログやツイッターの講習会なんかがあればいいのにという意見もありました。
ニーズはどんなもんでしょうかねー???

ホタルはまだまだ舞っています。

少し時期外れとなったのですが、添田町の某所へホタルを見に行ってきました。
(時期が遅いので)数は少なくなっちょうけど、まだ飛びよるよ~という地元の方の情報をいただいたので。
行ってみると、多くのホタルが舞っていて、キレイでした。
夏子(娘)は「こっちにおいで~」と言っていましたが、実際に捕まえて見せてやると、ビビってイヤがってました。


本日(23日)の新聞に田川市の専決処分の記事が掲載されていました。

炭鉱画巡り田川市が6100万円専決(asahi.com)cache

田川市:作兵衛絵画の保存・活用へ 予算6100万円を専決処分 /福岡(毎日jp)cache

佐々木さん(田川市議会議員)のブログでも専決処分についてのことが書かれています。
田川市議会での委員会のネット中継は、もう少し先からのスタートなので、今回の議会運営委員会でのことは見られないようですね。。。
それにしても、予算の専決処分とは、スゴイですね。
まぁ、田川市長の決定したことですから、何とも言えませんが、同じことが添田町でも起こっていたら。。。
議会の一員としては、承服できないでしょうね、きっと。
田川市議会がどのような態度表明になるのやら。。。


もうひとつ、今後の動向が気になっている自治体が。
長崎県の対馬市です。
議員の報酬を日当制にしようと条例の改正案を審議しています。
その条例の改正案は、住民の直接請求によって、提案されたものです。
過去にも否決されたようなので、今回も否決となるのかも知れませんが、その後、どういう展開になるのやら。。。
以下、関連するニュースです。

市議の報酬「日当制に」 対馬市の市民団体 直接請求署名を準備(西日本新聞Web版)cache

対馬市議会:市議報酬日当制の導入求め、市民団体が署名提出 /長崎(毎日jp)cache

市議報酬 日当か月額か(asahi.com)cache

対馬市議日当制 条例を提案(asahi.com)cache

田川市議会、委員会の見える化。

5月にあった臨時議会の録画中継がアップされています(こちら)。

専決処分の承認や条例改正などを行いましたが、本会議だけ(1日だけ)の議会だったので、
ご覧になった方から、ちゃんと審議はしているの?というご意見をいただきました。
各委員会が事前に開催され、その中で詳細説明などを受けているので、質問などはその場で行っています。
なので、議員はその議案の詳しい中身や背景を知ることができているのですが、
傍聴に来た方や中継をご覧になった方はよくわからないというのが現状です。

議会に関心をもって、傍聴にいらっしゃる方もせっかく増えているので、
もっと「見える議会」「見せる議会」になっていけたらと思います。
そんなこんなも「議会のあり方を考える特別委員会」で検討していきます。

ちなみに、田川市議会は、委員会のネット中継を開始します。

常任委ネットで中継 議会改革中の田川市(asahi.com)cache

田川市議会:3常任委と議運審議も来月4日からネット中継 /福岡(毎日jp)cache

議会基本条例を制定し、それに基づくアクションです。
全国でも委員会中継を実施している自治体はほとんどありません。いい取り組みだと思います。

添田町議会の「あり方委員会」では、委員会中継も検討項目には挙げています。
が、委員会の傍聴もままならないような現実を考えると、ネット中継はまだまだ先になるような。。。
「委員会は見せられん」という感覚がまだまだ強いのでしょう。。。
そのあたりの感覚というのは、なかなか変わりませんからねー。
と、嘆くことはあまりせず、諦めることなく「見える議会」「見せる議会」に向けて、がんばりますけどね。
そのために議員をやっているようなもんですから。

住民の皆さんも、議会に関心を持ってもらい、「見える議会」になればいいなと思っていただければと思います。
議会は、住民の皆さんから選ばれた議員で構成されているのですから。

選挙後。

選挙も終わり、田川のまちも静かになりました。
佐々木允さん(田川市議)はおかげ様で4位で当選することができました。
田川市議会基本条例を実際に使っていく初年度となりますので、これからの活躍にも期待するところです。

そうそう、田川市、今回の選挙では選挙公報が配られました。
選挙公報って、町でも作成しているところがあるんだと、今回、知りました。
そう、添田町でもやろうと思えばできるのです。
候補者にとっては手間だし、有権者にとってはそんなの要らないなんて話になると導入も困難になってしまうのですが。。。
議会改革の中で、取りあげたいと思います。
ちなみに、公職選挙法を早く改正して、選挙公報もネットで公開できるようになればいいのにって思います。


川崎町長選挙は、現職の手嶋さんが17票差で落選するという結果になりました。

4町長選 新宮は長崎氏初当選 川崎 小田氏返り咲き(西日本新聞Web版)cache

接戦と言われていましたが。
これも選挙ということでしょう。
川崎町の変化が気になるところ。町のホームページは、現状維持となるのだろうか。。。


先日、震災で亡くなった方の49日法要のことが報道されていました。
テレビや新聞では、震災のニュースがぐっと減りました。
私は、四万十塾のとーるさん達の活動報告を見ています。
いろんなことを考えさせられます。

東日本大震災:200年の「命」つないだ しょうゆ会社(毎日.jp)cache

私の知り合いグループ(ML仲間)が、岩手県陸前高田市を支援しようというプロジェクトを立ちあげています。
その陸前高田市支援として、キーパーソンである八木澤商店の8代目 河野和義さんへの支援を行っています。
河野さんについては、下のリンク先をご覧ください。

200年以上続く老舗社長が語る 「陸前高田も会社も無くなりました」(日経ビジネス)

とーるさん達の活動報告を見ても、まだまだ長期間の支援が必要だなと思い知らされます。
できることを続けていけたらなと思います。

議会中継がアップされています。

桜も散り、サンプロも終わり、新年度になりました。

8日、添田小学校の入学式に来賓として参加してきました。
今年の新入生は40名(2クラス)。
昨年は55名だったので、少し寂しい気もしました。。。
新入生を見ながら、夏子の入学もすぐに来るんだろうなぁなどと思ったりもしました。

中学校の入学式(9日)にも行きたかったのですが、産業厚生常任委員会と重なってしまったので、行けませんでした。。。
毎年、何らかと重なり、中学校の入学式には行けてないんですよね。。。


3月議会の最終日の議会中継がアップされています。
議会中継」→「録画中継はこちらから」→「平成22年」→「第1回定例会」→「3月25日(木)」でご覧いただけます。
年度末、年度初めの忙しさに加え、今回は、マイクの調子が悪かったりもしたようです。
そんなこんなでアップが遅れたようです。
田川市議会のように、その日のうちにアップされるようになると、いいのですが。。。
次の6月議会で議会中継を始めて1年となります。
議会中継のあり方についても再度の見直しが必要かなと思います。

お詫びなど。

先日の日記「無給伝説!?」の中に誤りがありましたので、訂正しています。
11月の臨時議会でボーナスを削減していますが、町長を含めた全員が減額となっています。
町長はボーナスを削減していないとしておりましたが、私の勘違いでした。
事実と異なることを伝えてしまいました。誠に申し訳ございません。
今後は、確認の上、記したいと思います。

今回の間違いは、メールでのお知らせにて気付きました。
ご指摘、ありがとうございました。


さて、宮若市では、市議選の最後の議席がくじ引きで決定されました。

宮若市議会議員選挙結果(宮若市ホームページ)

公職選挙法第95条第2項により、得票数が同数だったので、選挙長によるくじ引きで決定したということです。
くじ引きは、候補者自らが行うものだと思っていましたが、選挙長が行うと規定されているのですね。知りませんでした。
今度の町議選の選挙長は誰になるのだろう???
前回は山本町長が選挙長をしていたが。。。


田川市議会では、増額修正した予算案を委員会可決したようです。

田川市議会:来年度予算案 教育費を増額修正--総務文教委 /福岡(毎日jp)cache

佐々木允さん(田川市議)のブログ(こちら)に詳しくあります。
予算の増額修正は、なかなかありません。
本会議でも可決となれば、事例になることでしょう。
執行部提案の予算案をそのまま通すのではなく、ちゃんと見極めた上で、議会が意思決定を行う。当然と言えば当然のことですが、そのことがなかなか出来ていないのが現実です。
添田町議会も新年度予算を審議中です。しっかりと審議し、意思決定をしたいと思います。

16日からの議会と委員会のことは、明日にでも書きます。。。
あと、11日の本会議の議会中継がご覧いただけます(こちら)。


福岡県汚職:山本被告、「当然」と続投意向 事件避け所信表明--添田町議会 /福岡(毎日jp)cache

新年度の町政「実施するのは当然」(RKB LOCAL NEWS)cache

政治倫理条例。

各自治体では、政治倫理条例を制定しています。
その中で、問責制度について規定しているので、他の自治体がどうなっているかも含めて、調べてみました。

田川市郡の自治体で、条例(例規集)をホームページに公開しているのは、田川市、香春町、川崎町、福智町の4自治体です。
残念ながら、添田町は公開していません。

政治倫理条例は、各自治体によって異なります。
その違いを、NPO法人市民オンブズマン福岡が調査し、順位付けを行い公表しています(こちら)。
その中にある政治倫理条例ランキング(リンク先はpdf)を見てみると、
田川市 42/55位(49点)
香春町 4/55位(91点)
川崎町 25/55位(73点)
福智町 3/55位(92点)
添田町 35/55位(60点)
となっています。
香春町、福智町がランキング上位に入っています。

問責制度についての、各政治倫理条例は次の通りです。

田川市政治倫理条例(ログイン後→第3編 執行機関→第1章 市長部局→第4節 情報の公開・保護等)
第13条 刑事裁判第1審有罪判決宣告後における説明会

香春町政治倫理条例 
第14条 職務関連犯罪容疑による逮捕後の説明会 
第15条 職務関連犯罪容疑による起訴後の説明会
第16条 職務関連犯罪による第1審有罪判決後の説明会
第17条 職務関連犯罪による有罪確定後の措置

川崎町政治倫理条例
第14条 刑事事犯起訴後の説明会
第15条 刑事事犯有罪判決宣告後における説明会
第16条 刑事事犯有罪判決宣告後の措置

福智町政治倫理条例
第12条 職務関連犯罪容疑による逮捕後の説明会
第13条 職務関連犯罪容疑による起訴後の説明会
第14条 職務関連犯罪による第1審有罪判決後の説明会
第15条 職務関連犯罪による有罪確定後の措置

添田町政治倫理条例
第10条 贈収賄罪の第1審有罪判決後における説明会
第11条 贈収賄罪確定後の措置

順位が高い(点数が高い)香春町や福智町は、逮捕後から規定をしています。
こうして比べてみると、同じ政治倫理条例でも、違いがあることがわかります。
どのような規定を設けるかは、その自治体の立法機関(意志決定機関)である議会によりますし、その自治体の意志の表れであると言えます。
町長が逮捕されたということを契機に、添田町の政治倫理条例を見直す必要があると思います。

問責制度に関する添田町政治倫理条例の条文です。

(贈収賄罪の第1審有罪判決後における説明会)
第10条 町長又は議員が、刑法(明治40年法律第45号)第197条から第197条の4まで及び第198条に定める贈収賄罪により第1審有罪判決の宣告を受け、なお引き続きその職に止まろうとするときは、町長等にあっては町長に、議員にあっては議長に、町民に対する説明会の開催を求め、当該町長又は議員は説明会に出席し釈明することができる。
2 町民は、前項の規定による説明会が開催されないときは、地方自治法第18条に定める選挙権を有する者50名以上の連署をもって、当該町長等又は議員に説明会の開催を要求することができる。
3 前項の開催請求は、第1審有罪判決宣告の日から30日を経過した日以後20日以内に、町長等に係るものについては町長を、議員に係るものについては議長を、通じて行うものとする。
4 町民は、説明会において当該町長等又は議員に質問することができる。

(贈収賄罪確定後の措置)
第11条 町長等又は議員が前条の有罪判決を受け、その刑が確定したときは、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第11条第1項の規定により失職する場合を除き、町長又は議長は、町政の名誉と品位を守り町民の信頼を回復するため必要な措置をとるものとする。
2 町長は、前項の措置に際して、審査会に諮問し、意見書の提出を求めるものとする。

以上が、添田町の条文です。
田川市郡でランキングトップの福智町の政治倫理条例の条文は、次の通りです。

(職務関連犯罪容疑による逮捕後の説明会)
第12条 町長等又は議員が刑法(明治40年法律第45号)第197条から第197条の4までの各条及び第198条までの罪、公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律(平成12年法律第130号)第1条の罪その他の職務上の権限又は地位に関連する犯罪(以下「職務関連犯罪」という。)の容疑による逮捕後、引き続きその職にとどまろうとするとき、町長等にあっては町長に、議員にあっては議長に町民に対する説明会の開催を求めることができる。この場合、当該町長等又は議員は、説明会に出席し釈明するものとする。

(職務関連犯罪容疑による起訴後の説明会)
第13条 町長等又は議員が職務関連犯罪による起訴後、引き続きその職にとどまろうとするときは、町長等にあっては町長に、議員にあっては議長に、町民に対する説明会の開催を求めなければならない。この場合、当該町長等又は議員は、説明会に出席し釈明しなければならない。
2 町民は、前項の規定による説明会が開催されないときは、地方自治法第18条に定める選挙権を有する者50人以上の連署をもって説明会の開催を請求することができる。
3 前項の開催請求は、逮捕後の説明会にあっては起訴又は不起訴の処分がされるまでの間に、起訴後の説明会にあっては起訴された日から50日以内に、町長等に係るものについては町長に、議員に係るものについては議長を通じて行うものとする。
4 町民は、説明会において当該町長等又は議員に質問することができる。
5 町長は、説明会の開催の適否について審査会にあらかじめ諮問し意見書の提出を求めなければならない。
6 議員にかかる意見書については、町長は、その写しを議長に送付しなければならない。

(職務関連犯罪による第1審有罪判決後の説明会)
第14条 前条の規定は、町長等又は議員が前条の罪による第1審有罪判決の宣告を受け、なお引き続きその職にとどまろうとする場合に準用する。ただし、開催請求の期間は、判決の日から30日を経過した以後20日以内とする。

(職務関連犯罪による有罪確定後の措置)
第15条 町長等又は議員が前条の有罪判決の宣告を受け、その刑が確定したときは、公職選挙法(昭和25年法律第100号)第11条第1項の規定により失職する場合を除き、町長等又は議員は、町民全体の代表者としての品位と名誉を守り、町政に対する町民の信頼を回復するため、辞職手続をとるものとする。

以上が、福智町の条文です。
福智町は、起訴後の説明会を義務づけていますし、有罪確定後は「辞職手続きをとる」と規定しています。
添田町が、説明会(起訴後ではなく第1審有罪判決後!!)の開催を義務としておらず、有罪確定後は「必要な措置をとる」としているのとは、対照的です。

情報公開条例もそうですが、添田町の条例を見直すべきですね。

入札結果をうけて。

情報公開請求をして得た情報を公開しました(こちら)。
表を作成するのは、大変でした
添田町のホームページで公表してもらえると助かるんですけどね。。。

そもそも、新聞やニュースで落札率が話題に出る度に、添田町の落札率はどげなっちょんやかと思ったのがきっかけです。
訊けば、簡単にわかるものと思っていたのが大きな間違いで、結局、情報公開条例をつかわなければならないとは。。。

落札率に関しては、談合との関係がいろんなところで言われています。
その多くは全国市民オンブズマン連絡会議が「過去の談合訴訟や、公正取引委員会の審判、さらに全国落札率調査をふまえ、落札率95%以上を「談合の疑いがきわめて強い」、落札率90%以上を「談合の疑いがある」としています」(談合問題分科会)と述べているのを根拠にしています。
実際、これまでの談合事件の落札率を調べると高い数字が出てくるのは事実です。
だからと言って、「落札率が高い=談合が行われている」と言えるかというと必ずしも言えません。予定価格というのは適正に見積もった積算価格をもとに設定しています。落札金額と予定価格が近似しているのは必ずしも悪いというわけではないのです。しかも、落札率が低ければいいかというと、そうとも言えません。工事の品質をどのように担保するかも問題になります。安かろう悪かろうでは、ダメですからね。

添田町の落札率についても、数字が高いからというだけでは、何も言えません。適正に行われた入札の結果だと言われれば、それまでですからね。。。まぁ実際に高い数字を見ると驚いちゃいますが。ちなみに、予定価格が1,000万円以上の工事の平均落札率は、99.2%です

これまでに、情報公開請求などをして感じたことは、とにかく情報提供をしたがらないということです。町の基本姿勢(町長の考え)が「法律事項でないからしない」(平成19年12月議会での私の一般質問に対する答弁)というのでは当然なのかも知れませんが。
役場の事業課で閲覧できる入札の結果についても、予定価格が250万円を超えるものしか閲覧できません。これは、県からの指導でやっているとのことでした。同じように広川町でも公開していますが、こちらはホームページでの公開をしていますし(こちら)、予定価格も記入されています。添田町で閲覧できる資料には、この予定価格がないのです。
そもそも、なぜ250万円以上かというと、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律施行令」で定められているからです。これは、「250万円を超えるものについては公表しなさいよ」というものであって、「250万円未満については公表しなくていいですよ」というものではありません。
田川市では、250万円未満のものであっても、ホームページで公表しています(こちら)。
言われたことしかしないというのではなく、どのように税金が使われているかを住民に知ってもらうためにも、情報の共有化をし、入札を透明にすることが何よりも大事だろうなと思います。
他の自治体ではやっているところもあるのですから、添田町でも実施したいもんです。トップが代わらなければ無理なのかも知れませんがね。。。次の町長選は情報公開がキーですよ、きっと。

情報公開条例をつかって入札結果を訊き出し、この日記で公表する日がこなくなることを切に願っています。。。

交際費の公表。

暑い日が続いてますねー
昨日(9日)は、山口はるなさん(衆議院選挙立候補予定者)と添田町を回りました。
「選挙?」って反応が多いです、当然ですが。
実際、解散総選挙がいつになるかはわかりませんからねー。
でも、先ずは名前を知ってもらうことからなので、一人でも多くの方と出会うことができたらと思います。


8日は議会広報委員会がありました。

議会広報特別委員会 09:30~11:30

原稿を持ち寄り、印刷会社と初校作成の打合せです。
まだ原稿が揃っていないので、書かんといかんです。。。


福岡市長 交際費公表 HPで(西日本新聞Web版)cache

このニュースでびっくり。
福岡市は交際費の公表(HP上で)をしていなかったんですねー。知りませんでした。てっきりやっているもんだと思ってました。
福岡市のホームページを見てみると、「市長のオフィス」があり、その中で交際費の執行状況を公表しています。
議会の方はというと、交際費の公表はしていません。
田川市市長の交際費議会の交際費もホームページ上で公表しています。
福岡市の現状からすると、田川市は進んでいるんですかね?田川市が普通であって、福岡市が遅れているとすれば、添田町は。。。
添田町の交際費はホームページ上で公表されていませんし、中身も知ることができません(情報公開制度を利用すれば可能だとは思いますが)。
交際費を無くせとは言いませんが、何に使ったかがわかるように透明性は高めてもらいたいもんですね。先ずは議会からやりますかね。。。

プロフィール

久保田 実生

Author:久保田 実生
まちづくリストを目指して活動しています。
添田町議会議員(3期目)。

足跡掲示板

お気軽にコメントしてください♪

※私が不適切だと判断した書き込みは、通知なしに削除する場合があります。ご了承ください。

カテゴリー

最近の記事&コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

キーワード(タグリスト)

キーワードを選択いただくと、関連する日記(記事)をご覧いただけます。

PDCAJIAM添田町議会飯田市行政評価決算審査添田町震災防災大分県熊本県四万十塾狭山事件イベント議会改革川崎町渋谷区クローズアップ現代News23あり方委員会議会広報常任委員会選挙産業厚生常任委員会相川俊英条例年金歴史的風致維持向上計画総合計画議会だより総務文教常任委員会議会議会広報特別委員会ふるさと納税日光市マンガ福岡市行財政改革カイゼン鳥取県わかりやすい予算書DNA運動平川市議会ホームページ福岡市議会チーム議会情報共有子育て講演会花まる学習会高濱正伸議員定数人口藻谷浩介市町村合併婚活街コン流山市議会松野豊クラウドファンディングチクスキ中村文昭観光指定管理者ホテル和住民投票情報発信広川町入札川町情報公開スケジュールまちづくり津屋崎英彦山がらがら英彦山糸田町大阪維新の会せんたくまちぱぶ協働ワールドカフェ大刀洗町NPO共働リコール百条委員会検察審査会ボランティア社会保障世代間格差Evernote奈良市屋久島アクセス数田川市香春町対話事業仕分け構想日本視察御船町福島町福津市ビジョンカフェ田川高校夏祭り男女共同参画ホタル対馬市白老町ウッディー観光ボランティアしゃくなげ荘歓遊舎ひこさん東京財団我孫子市福嶋浩彦神幸陸前高田市八木澤商店議会基本条例東日本大震災報酬審議会マニフェスト武雄市南風原町電子自治体浦添市財務諸表新地方公会計制度松本武洋和光市岡垣町江華郡山伏弁当岩石城ハコモノ行政有害鳥獣地域ブランドイノシシ英彦山サイクルタイムトライアル森の家ボイラーボイラー委員会100条委員会個人情報保護地方自治法議会報告会全員協議会滞納英彦山勤労者福祉協会住宅公職選挙法教育首長阿久根市栄農社公共交通医療制度水源地福智町政治倫理条例飯塚市予算e都市ランキングブロードバンド一般質問総合窓口修験道美深町戦争長谷川岳夏まつり下條村海士町山口はるな小布施町寄付政策木下敏之財政クマタカ猪名川町平和期末手当ラスパイレス指数議員力検定日置市須佐神社国民健康保険まちの駅社民党妊産婦健診浄化槽助成金森林環境税粉炭ストーブ平和憲法をいかす会沖縄国土調査小泉改革都市間交流夕張市財政健全化法添田町郷土史会広報そえだ水道馬路村決算審査特別委員会歴史産廃処分場敬老会ゴミ富士山杉田久女句碑種田山頭火高校交際費直方市基地少子化町民税佐々木小次郎組合乳幼児医療制度川渡り神幸祭渕上塾労政懇田植え米作りNPOタケノコ終末期医療費三セク山村留学津野平成筑豊鉄道クラスター爆弾栗山町添田東長生会平均寿命長洲町2050年大任町遺跡議会事務局まちづくり推進室自己紹介

トラックバック

カウンター&管理方針

※管理者(=私)が不適切だと判断したコメント・TBは、通知なく削除する場合があります。ご了承ください。

ツイッター(twitter)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入りのブログ

メール(お気軽にどうぞ)

こちらのフォームから管理者(=私)にメールを送ることができます。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログランキング


クリックしてくださいね♪ にほんブログ村 政治ブログへ

日記の写真

日記中の写真をクリックすると原寸表示されます。 もう一度クリックすると閉じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。