添田の人~久保田実生の活動日記~

英彦山の麓にある添田町(福岡県田川郡)。そんな添田の住人、久保田実生(くぼたみしょう)の政治的活動日記です。

久保田実生からのお知らせ。

☆添田町議会のYouTubeチャンネル(こちら
 YouTubeで議会中継がご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29日の活動日記。

本日(29日)は、ちくほう翼の会主催のシンポジウムに参加してきました。

シンポジウム「安心して生きるために~男女共同参画社会の実現をめざして~」
すすめよう わがまちの男女共同参画 13:30~15:30 福智町中央公民館金田分館
ちくほう翼の会シンポジウム。
ちくほう地区の男女共同参画条例の状況などの報告や田川市議の石松さんから田川市議会での条例制定までの報告などがありました。

田川地域の自治体での男女共同参画条例の状況は、田川市(平成16年8月施行)、糸田町(平成18年9月施行)、香春町(平成20年8月施行)、川崎町(平成21年度施行予定)、福智町(策定中)となっています。
添田町、大任町、赤村は策定への動きもないとのことでした。

シンポジウムの中でもありましたが、条例だけつくるのではダメで、その後が大事だと。また、条例づくりをどのようにするのかでも、中身の異なる条例になると。
添田町で条例制定に向けた動きがほんとにないのかの確認はできていないのですが、今後、条例制定に向けた取り組みができればと思います。

スポンサーサイト

【報告】産業厚生常任委員会・2008年11月28日。

11月28日(金)に行われた、産業厚生常任委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 15:30~17:30

日程1 各課の報告
○住民課
・12月定例議会に上程予定の議案について
・ジョイの入浴料金の改定ついて
→来年4月より、値上げを実施する予定。現行150円の入浴料を210円へ。また、無料入浴の対象となっている方からも100円の徴収を予定。4月までの期間で周知をし、実施の予定。
・出産育児一時金が35万円から38万円へ。
 参照:出産育児一時金:引き上げ、3万円増の38万円答申--福岡市・諮問機関 /福岡(毎日jp)cache
→3万円引き上げられますが、この3万円が「産科医療補償制度」(無過失補償制度)の保険料となります。

○水道課
・有収率について(配布資料あり)
→有収率とは、供給した配水量に対する料金徴収の対象となった水量の割合です(有収率=料金徴収水量/給水量×100%)。
 これが100%に近いと、給水した水のほとんどを料金として回収できたことになりますが、なかなかそうはいきません。漏水などがあり、平成18年度の全国平均は89.7%です。添田町の有収率は84.9%です。
ここの数年、大きく変化はしていないとのことです。
漏水箇所を調べるためには、断水しての調査などが必要とのことでした。
あまり水を使わない夜間にやるなどの手段もあるようですが、なかなかやれていないとのことでした。

○総務課
・ブロードバンド(光ファイバー)整備事業について(配布資料あり)
→ブロードバンド整備事業に伴う全戸アンケートの結果をいただきました。アンケート回収率は75.56%で、全回答3,054のうち、
 「4月から利用」・・・724
 「2,3年以内に利用」・・・638
 「利用予定なし」・・・1,692
という結果でした。
・1日移動役場について(配布資料あり)
 今年も1日移動役場をやるようです。回覧板ですでに回っているかと思います。いいことではありますが、年に一度だけでなく、もう少し回数が多くてもいい気もしますね。。。まぁ職員の方は大変かも知れませんが。
 11月30日() 19:00~ 津野公民館
 12月01日(月) 19:00~ 中元寺地区老人センター
 12月07日() 19:00~ 彦山地区総合センター
 12月08日(月) 19:00~ 添田町民会館
 12月09日(火) 19:00~ オークホール

○事業課
・英彦山スケート場跡地について
・地域ブランド開発(ギャバ入りイチジク豆乳)について

日程2 12月議会について
・12月議会本会議(初日) 12月15日(月)
→日程については、12月11日(木)の議会運営委員会で決定されます。町民への周知を考えるとなるべく早くわかった方がいいんですけどね。。。

報告は以上です。

事業課の「英彦山スケート場跡地」と「地域ブランド」については、いろいろと意見交換が行われました。
添田町の将来ビジョンにも関わることなので、そうなるのも当然です。また、過去の観光事業や特産物開発の件なども話題に出ます。

しかしながら、二つとも、それに関する予算は認めて(通して)いるのです。
予算を認めながら執行を認めないというのは、やはり無理があると改めて感じます。
予算案(というより議案すべて)に対して、否決してきていないことに原因があります。これは議会の責任です。
これまでの(長年の)やり方というのもあるのでしょうが、そろそろ考えるべきときのような気がします。
各議員とそれぞれ話をすると否決ということも語るのですが、現実にはなかなか。。。
やはり、本会議での委員長報告の後、質疑・討論をちゃんとやらねばいけませんね。。。
反発はそれなりにあるでしょうけど。。。
変化を起こそうと思うのなら、先ずは自分自身からですね♪


18時過ぎから、委員会と議会事務局とで、意見交換会(懇親会)が行われました。
風邪の影響もあり不参加と伝えていたのですが、なんだかんだで最後までいました

26日の活動日記。

風邪だろうとは思いますが、本日(26日)は、ほとんど声が出ませんでした
週末から悪く、もういいかなと思っていたのですが、ダメでした。
そんなこんなで、夕方からの予定もキャンセルしました。
喋れないのに、総会&懇親会に行ってもね。。。

先週の金曜(21日)、外尾悦郎さん(ウィキペディア(Wikipedia))の話を聴いてきました。
九州大学ユーザーサイエンス機構リベラルアーツ講座2008「感性-もうひとつの知をひらく-」のひとつです。
外尾さんの話を聴いたのは、これで2回目です。
前回は、サグラダファミリアの話が中心でしたが、今回は、価値観とか教育とかに触れながらの話でした。
「違いがわかる男」(ネスカフェゴールドブレンド)の話は、重く深みもあり、いい刺激になりました。
たまには、世界(現場)で活躍している人の話を聴くのもいいですね。

外尾さん、2月にまた来福し、講演があるようなことを言っていました。
そのときも、都合が合えば行こうと思います。

ちなみに、リベラルアーツの講座には、行く予定にしています。
今週の金曜は委員会と重なるので、行けませんが。。。

あと、24日に予定していました「ふれあいウォークinそえだ」は雨天のため中止でした。
前もって中止の連絡をいただきました。職員の方は連絡が大変だったんじゃないかと思います。
私は、雨でなくとも参加は無理だったでしょうが。。。

20日の活動日記。

寒い日が続きますね~

寒気:ブルブル 英彦山、初冠雪(毎日jp)cache

英彦山は雪ですね。紅葉とのマッチもきれいなことでしょう。


昨日(19日)は、佐々木さん(田川議会議員)の佐々木まこと後援会世話人会がありましたので、参加してきました。
佐々木さんの選挙のお手伝いをしたこともあり、後援会の方々とは顔見知りですし、何よりも妻の出身が猪位金ということもあり、なんやらかんやら話をしてきました。

樋渡市長辞職届「病院」問い市長選(asahi.com)cache

世話人会でも地域医療のことが話題となりましたが、田川地区の総合病院も他人事ではありません。問題になってからではなく、その対策をしておくのも行政の役目だと思います。
地域医療の問題は、誰かが何とかしてくれるというだけでなく、住民を含めみんなで意識を持ってどうするかを考えないといけないですね。
武雄市の市長選が、地域医療を考えるいい機会になるかも知れません。
前回の市長選は、マニフェスト選挙だったので、今回もそうなるのかも。
ちなみに、武雄の樋渡市長、ブログ(日記)を書いています。
武雄市長物語(http://hiwa1118.exblog.jp/)

【報告】産業厚生常任委員会・2008年11月18日。

委員会の報告です。

産業厚生常任委員会 11月18日(火) 09:30~12:00

日程1 各課からの報告
○事業課
・入札結果の報告(配布資料あり)
→次回より、配布資料に予定価格の掲載を希望。掲載されることに。ただし、取扱いは注意とのことでした。
う~ん、取扱いってどういう意味でしょうかね???
委員会は公開が前提ですし、配布資料も傍聴者がいれば配布されるものだと思うのですが。。。
こういうところで情報公開(情報共有)に対する姿勢がみてとれる気がします。
・英彦山勤労者福祉協会、歓遊舎ひこさんなどの経営状況報告(配布資料あり)
→行楽の時季ということもあり、お客さんは多いようです。11月もこの調子でお客さんに来ていただけるといいですね。
・地域ブランド開発について(資料あり)
→いちじく豆乳の試飲アンケート報告と英彦山スケート場跡地についての説明がありました。
委員会で審議の結果、事業を進めるにはまだ詰めがなされていないとのことで、継続審議となりました。
・英彦山を美しくする会からのお知らせ
→12月6日(土)に美化キャンペーンと定期総会を開催。

○総務課
・ブロードバンド整備事業について(入札報告、配布資料あり)
→各地域での説明会では、約700名の参加があった。各家庭へのアンケートは、今月末をメドにまとめる。
体験ブース(10:30~16:00)も役場1Fと歓遊舎ひこさんに設置。
相談窓口。
また、添田町のホームページにも「光ファイバーを町内全域に整備します」というページができています。

○水道課
・入札結果の報告(配布資料あり)
・石綿セメント管の更新工事
→約72%が終えている。今年度末では約87%にし、来年度末までにすべての石綿セメント管を交換する。

○住民課
・医療費について(配布資料あり)
・添田町元気倶楽部
→10月1日よりスタートしたが、登録者数は約300名に増加(スタート時は187名)。平均15名ぐらいが参加している。

日程2 視察調査報告
10月27~29日に行った委員会視察のまとめです。

報告は以上です。

13日の活動日記。

広報そえだ(11月号)にも案内が出ていますが、11月24日(月)に「ふれあいウォークinそえだ」があります。
本日(13日)、申込みを済ませました。
健脚コース(岩石山までの約10キロ)です。
締切は、11月14日(金)までのようです。町外の方でもいいんだとか。
申込先は、添田町教育委員会生涯学習係(0947-82-5946)。
参加費は、300円です。

自動車関連企業の収益悪化、法人税収減に自治体危機感(NIKKEI NET)cache

先日のまちぱぶでも話に出ましたが、宮若市への影響がこんなにすごいとは思いませんでした
朝日新聞(11月13日朝刊30面)の記事によれば、還付金も含めると、約10億円の減収になるんだとか。若宮市の今年度の一般会計当初予算が154.5億円とありますので、その10億ですから、ふといですね~。


財務省のホームページの中に「日本の財政を考える」というページがあります。
今の日本の財政状況がどんなに悪いか、プライマリーバランスの均衡をはからないけんとあります。
そうせないけんちゅうのなら、給付金はねー。。。
国債は発行しないというのかも知れませんが。。。借金返済のための財政投融資特別会計の金利変動準備金なんだからね。。。
ちなみに、「日本の財政を考える」の中には、映像あり、ゲームあり、シュミレーション(自分が大臣になって予算をたてる)ありです。
こういうゲームとか、いくらぐらいかけたんでしょうかねー。
道路をつくるためのミュージカルと・・・。

道路と言えば、国土交通省がメルマガ(メールマガジン)を発行しているのですが、毎週金曜日のメルマガには、編集長による「編集長だより」があります。メルマガのバックナンバーはこちら
知っている人だからというのもあるのでしょうが、いい感じですよ
国土交通省のメルマガという気がしません。
役人バッシングがひどい昨今ですが、メルマガでも読んで、相手のことを知るのも必要かもしれませんね。。。

12日の活動日記。

いい天気ですが、風は冷たくなりましたねー。
英彦山の紅葉もいい頃でしょうね~

本日(12日)は、夕方より、行橋へ行ってきました。
連合福岡京築・田川地域協議会定期総会に来賓として参加です。

日中は、入札に関する取り組みなんかをインターネットでいろいろとみてました。
設計金額=予定価格という自治体もありますし、設計金額を事前に公表している自治体もあります。
これだけ自治体があると、様々ですね。
公正で透明な入札を行うために試行錯誤しているのがわかります。

積算代行業があることも知りました(こちら)。
へぇ~という感じです。
知らないことが多いので、いい勉強になります。


ホリエモンこと堀江貴文さんがブログをやってます。

六本木で働いていた元社長のアメブロ(http://ameblo.jp/takapon-jp/)

先週の『久米宏のテレビってヤツは!?』(TBS系毎週水曜22時~)に出てて、ブログのことを言ってました。
それ以来、ときどきみてます、ホリエモンのブログ。
あと、この番組も。
今日の番組で、筑紫さんのことをとり上げていました。
筑紫さんを語る久米さん、何とも言えませんね。。。

田川地域観光推進会議 英彦山の自然や歴史学習 県立大学生 観光ガイドと交流(西日本新聞Web版)cache

記事に「同会議は2006年度から活動していた「田川地域観光戦略策定協議会」(会長・山本文男添田町長)が昨年末、解散し、それを受け継ぐかたちで発足した」とあります。
そうなんです、田川市郡の自治体で構成していた「田川地域観光戦略策定協議会」は解散しているのです。観光戦略を考えるということで、やってきていたのですが、成果はたがわネット(http://www.tagawa-net.jp/)の構築と観光パンフの作成といったところでしょうか。。。
たがわネットをもっと活用した田川の観光も必要ですね。
添田町の行事案内も掲載してもらえばいいのにと思います。男魂祭の案内とか。。。

まちぱぶでも言いましたが、英彦山のバスツアーがあります。
霊峰英彦山紅葉めぐりと紅葉露天風呂の英彦山温泉(JTB旅物語)
忘れないように、掲載しときます。

【報告】第25回まちぱぶ。

本日(11日)は、月のゾロ目の日なので、まちぱぶの日でした。

第25回まちぱぶ(まちづくりパブ)
2008年11月11日(火)19:00~21:00
添田中央公民館1F会議室
参加者:3名(久保田含む)

<内容>
1.参加者自己紹介

2.活動報告(久保田より)
・臨時議会(10月21日)
・産業厚生常任委員会(10月15日)
・議会広報特別委員会(10月14日)
・決算審査特別委員会(10月16日、30日)
・行政視察(10月27~29日)

3.本日のお題 ~行政視察報告~
10月27~29日に行った、行政視察の報告を行いました。
この日記にも報告を書いております(こちら

4.ご意見など
・ブロードバンド説明会について
・定額給付金について
・地域ブランドのその後
・子育て支援(医療費の無料化など)

5.次回の予定
第26回まちぱぶ
日 時:12月22日(月)19:00~21:00
場 所:添田町中央公民館会議室
参加費:200円(資料代)
テーマ:12月議会の報告、今年を振り返って。

※追記・・・第26回まちぱぶの開催日を12月12日から12月22日へ変更しました(12月10日)。

週末の活動日記とか。

8日(土)は、社民党の首長自治体議員団福岡県会議の定期総会があったので、福岡へ行ってきました。
年に一度の総会で、これまでは勉強会とのセットでしたが、今年は総選挙がありそうでないので、総会のみでした。
このような状況では講師の選定も大変ですし、選挙となっていれば、勉強会どころではないですからね。

ありそうでない選挙のために、添田東の運動会も今年は実施できないまま中止となったようです。
選挙となれば、添田小学校の体育館が投票所となります。
こういう所は多いのかも知れませんね。
衆議院解散の権限は、麻生総理にあるのですから、何ともしがたいところです。。。

9日(日)は、男魂祭が深倉であったので、参加してきました。
昨年よりも寒かったです。紅葉はもう少しという感じでしょうかね???
今年初のコートでしたが、着て行って、正解でした。右の写真は姥ヶ懐(うばがふところ)での様子。
深倉の紅葉。 姥ヶ懐。
男魂岩の説明。 御神輿。
特設ステージでは、添田舞姫連の踊りやもちまきが行われました。
舞姫連。 もちまき。
もう少し天気がよければ、お客様も多かったかも知れませんね。
こればかりは、仕方無いことですが。。。

とあるプロフィールに、好きなおかしとして「KitKat」と書いていたら、ゆず味のキットカットをいただきました。
キットカット。
こんなのがあるとは知りませんでした。おいしいですよ~
ゆずは、高知県馬路村(うまじむら)産を使用。
馬路村、ゆずでのまちおこし(村おこし)で有名なところです。馬路村農業協同組合
ゆずといえば、馬路村となっているところがすごいですね!!
地域ブランドはこうあるべきだなと思います。それが全国区なら、言うことなしです。
添田の地域ブランドもせめて、福岡での地位は築きたいですね。
ちなみに、添田町議会の委員会視察で、過去に、馬路村へ行っています。

明日(11日)は、ポッキー&プリッツの日でもありますが、介護の日でもあります。
そんな日でありますが、何よりも、まちぱぶの日です。
添田中央公民館で、19時からです。是非、ご参加ください

産業厚生常任委員会行政視察。

10月27日(月)~29日(水)に、産業厚生常任委員会の行政視察へ行ってきました。
視察先は、長野県下條村(しもじょうむら)奈良県宇陀市(うだし)です。

長野県下條村~出生率2.04人の村~

下條村は、長野県の最南端に位置し、人口4,176人(2008年4月1日現在)、面積37.66㎢の村です。
今回の視察目的は、定住促進政策を学ぶことです。
日本の合計特殊出生率(一人の女性が一生に生む子どもの数)が1.34人(2007年)となっている中、下條村は2.04人という高い値です。新聞やテレビでも取り上げられ、下條村の取り組みは有名です。視察が絶えないとのことでした。今回は、静岡市との合同視察となりました。

下條村は、以前は養蚕で栄えたのですが、養蚕業の衰退、人口減少となりました。ピーク時(1950年)には6,410人いた人口も、1990年には3,859人へ。
このままでは、村は衰退してしまうということで、村に若い人を呼び戻そうと、若者定住促進を推進。1年に1棟ずつ村営住宅を建て、人口増へ転換。人口は4,000人台を回復。若い人が増えたことにより、出生率も上がり、2.04人という数値になっています。

と、住宅だけ建てればそれでいいのかというと、そうではありません。財政状況などもありますし、魅力のある所でないと、住む人はいません。

今の村があるのは、村長のおかげだということでした。下條村の村長は、伊藤喜平さん。2008年のベストファーザー賞にも選ばれています(こちら)。受賞とその理由なんかは、「みのもんたのサタデーずばッと」でも放送されました。その番組の内容を、視察資料として、見せていただきました。
伊藤村長の取組みは、「出生率を伸ばした小さな村の大きな挑戦」(全国町村会ホームページ内)にあります。

村をよくすためには、先ずは村役場からと、役場の改革を行います。
職員の意識改革と人員の削減です。
一般行政職員は、34名(2008年4月現在)。とても少ないです。
それでもやっているのだから、すごいもんです。
下條村のデータは、こちら(下條村ホームページ内)にあります。決算カードは、こちら(長野県を選択し、その48ページ)

人員削減や経費削減により、財政にも余裕ができ、住宅建設を行いました。
住宅は、若者が住むために建設したもので、福祉住宅ではないとのことでした。入居条件は「子どもがいる」か「結婚をする若者」に限定しているとのこと。入居者審査にあたっては、地域の活動にどれだけ参加するのかなども基準になるとか。
家賃は、2LDK(駐車場2台付き)で36,000円です。
添田の町営住宅の感覚からすると高いと思いますが、福祉住宅ではないことや下條村の隣りの飯田市では約その倍するということから考えると安いかと思います。
平成9年度から、1年に1棟ずつ10棟を建設。今は、住宅地の土地分譲なんかも手掛けているそうです。
平成16年度からは、幼児から中学生までの医療費を無料化。年間1,000万円の費用だそうです。
平成19年度には、保育料を一律10%引き下げ。翌20年度も10%引き下げ。
これなら、子どもを産み育てるなら下條村というイメージも定着するでしょうね。
主な職場となる飯田市まで車で20分というのも魅力です。

財政に余裕があるからこそ、様々な取り組みができるのだなと感じました。
その財政をどうするかは、まさにどようなまちづくりをしていくかにかかっているということも。

それでは、下條村での写真です。
下條村役場。 下條村役場内。
役場は内には、ケーブルテレビのデモンストレーションやブロードバンドを体験できるパソコンもありました。
暗くなるのが早く、撮影が遅くなりましたが、村営住宅です。立派です。
下條村村営住宅1。 下條村村営住宅2。
下條村には、道の駅があります。
下條村道の駅。 下條村ふるさと納税。
道の駅でもふるさと納税のアピールを行っています。さすがです。
余談ですが、下條村出身の芸能人に峰竜太さんがいます。
下條村に入ると、「峰竜太のふるさと」みたいな看板がありました。道の駅も峰竜太祭りさながらの商品陳列でした。
下條村峯竜太。



奈良県宇陀市~有害鳥獣への取り組み~

宇陀市は、奈良県の北東部に位置し、人口37,062人、面積247.62㎢の市です。2006年1月1日に、大宇陀町、菟田野(うたの)町、榛原(はいばら)町、室生(むろう)村の3町1村が合併してできた市です。旧室生村の室生寺は全国的にも有名です。
今回の視察目的は、有害鳥獣への取り組みを学ぶことです。
宇陀市は、面積の72%を山林が占め、サル、シカ、イノシシなどによる農林業への被害は年々増加しているとのこと。
そこで宇陀市は、宇陀市鳥獣被害防止計画(平成20~22年度)を策定し、国の補助金を活用しながら、対策を行っています。
狩猟は猟友会と協力してやっているが、高齢化(平均年齢63.2歳)のため狩猟者育成を行っている。育成補助として、狩猟免許取得に対し、10,000円の補助(市単独事業)を出している。
宇陀市の職員に、猟銃免許を持っている方がいるので、その方はフル回転しているとのこと。

また、サルは群をつくり移動しているため、隣の名張市(三重県)と連携し、「宇陀・名張地域鳥獣被害防止広域対策協議会」を設立し、対策にあたっている。
県が異なると、農政部門が異なるのだが、うまく連携している事例だと言える。アドバイザーには、大学にも入ってもらい、サルの位置を把握するためNPO法人サルどこネットとも連携している。

ワナの設置や防護ネットの設置は、地元の方にも協力してもらい設置している。
捕獲した後のシカなどは、解体する場合もあるが、ほとんどが埋設処理。食肉加工所なども視野にいれているが、採算がとれるかどうかで踏み切れていないようです。
イノシシの解体研修なども実施し、DVDなんかも作成しています。

ただ、どう捕獲するかだけを問題にしているのではなく、不要果樹の伐採やゴミ出しの徹底を行い、里に降りてこないための工夫も行っています。

市内でも農村部と中止部の温度差、近隣市町村との温度差があるとのことでした。
特に、奈良はシカを大事にしている(奈良公園)ので、シカの捕獲に対しては様々な意見が寄せられると。県の対応も、まだこれからという感じだとのことでした。

宇陀市役所 入札結果の公表。
宇陀市役所はとてもきれいで立派でした。合併前に建てたそうで、一番新しく、大きいので、ここが庁舎になったとのことです。
吹き抜けになってましたよ。
市役所横には、入札結果が公表されていました。
宇陀市では、設計金額までも公表しているんですね。写真の黒くなっているところは、私が修正しました。
宇陀市の入札に関しては、ホームページにありました。
■予定価格(委託業務を除く)
1.  入札に付する建設工事における予定価格(消費税込み)の決定については、入札書の開札執行時において、開札立会者が「くじ」を引き予定価格算出割合を決定し、事前公表している設計金額(消費税込み)に乗じて算出(千円止め)し、予定価格を決定するものとする。
2.  予定価格算出割合は、95.00%~99.99%の範囲内において「小数点第2の位(0~9)」、「小数点第1の位(0~9)」、「1の位(5~9)」の順に開札立会人が「くじ」を引き決定します。
■公 表
◎ 予定価格と設計金額
 設計金額を事前公表  予定価格を事後公表
◎ 入札参加業者名
 事後公表

設計金額を事前公表し、予定価格の算出割合をくじで決定しているのですね。

視察にいくと、視察目的だけでなく、いろんなところで我が町との違いがわかるので、いい勉強になります。

平成19年度決算審査。

9月議会で、決算審査特別委員会を設置し、認定1~6号の付託審議を行いました。
決算審査特別員会のメンバーは、次の通りです(敬称略)。

田中 正(委員長)
緒方 裕子(副委員長)
上田 定
岩本 泰三郎
高瀬 知恵子
久保田 実生

決算審査は、次の日程で行われました。

09月30日(火) 13:30~ 総務課、バス事業特別会計
10月07日(火) 09:30~ 住民課、国民健康保険事業勘定特別会計、老人保健特別会計、住宅新築資金等貸付事業特別会計
10月16日(木) 09:30~ 事業課
10月30日(木) 09:30~ 水道課、議会事務局、教育委員会

各会計の決算状況は次の通りです。単位は円。
  歳入(収入) 歳出(支出)
一般会計 6,897,250,682 6,895,359,200
国民健康保険事業勘定特別会計 1,776,265,174 1,631,460,511
老人保健特別会計 1,930,883,092 1,946,948,164
住宅新築資金等貸付事業特別会計 17,599,696 17,361,900
バス事業特別会計 30,001,931 29,505,053
水道事業会計
 収益的収入および支出
 資本的収入および支出
 
242,960,634
37,500,000
 
198,315,036
120,784,429

水道事業会計には、収益的収支と資本的収支があります。収益的収支とは、水道料金(上水道、簡易水道)などの事業収入と、維持管理費など事業運営のための経費です。資本的収支とは、施設の建設や整備を行うための経費とその財源です。 資本的収支の不足分は、平成19年度及び過年度損益勘定留保資金(減価償却費などの現金の支出を伴わない経費により蓄積されたもの)で補填しています。

他の自治体と比べるときは、普通会計で比較しますので、その額を掲載しておきます。
普通会計=一般会計+住宅新築資金等貸付事業特別会計+バス事業特別会計(-バス会計繰出・繰入)
これで計算すると、普通会計歳入:6,920,664,309円、歳出:6,918,038,153円

平成19年度普通会計収支や各指標は次の通りです。決算カードの掲載がまだなので、掲載しておきます。歳入・歳出の総額が、上記と若干異なるのは、統計上の都合だとか。
用語の解説については、松本武洋さん(和光市議会議員)のブログにわかりやすくあります。また、松本さんの著書にもわかりやすく出ていますので、そちらをご購入の上、ご参照ください。自治体によっては、決算カードをホームページに掲載し、その用語説明をしているところも多くあります。習志野市(千葉県)財政用語の解説ページはどこの部分の説明なのかも図解でわかりやすいんじゃないかなと思います。

歳入総額(A) 6,920,665千円
歳出総額(B) 6,918,038千円
歳入歳出差引額(C=A-B) 2,627千円
翌年度へ繰り越すべき財源(D) 1,100千円
実質収支(E=C-D) 1,527千円
単年度収支(F) △98,095千円
積立金(G) 4,344千円
繰上償還金(H) 554,411千円
積立金取崩し額(I) 400千円
実質単年度収支(J=F+G+H-I) 460,260千円

積立金現残高(貯金にあたるもの) 3,506,785千円(前年度末3,949,184千円)
地方債現残高(借金にあたるもの) 10,233,000千円(前年度末10,965,780千円)

標準財政規模 3,586,952千円

財政力指数(3年平均) 0.22

経常収支比率 109.3%

その他の財政健全化法に関する指標については、過去の日記の「平成19年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率の審査意見書」をご覧ください。また、添田町のホームページ内でも公表されています。


今年で3回目の決算審査委員になりました。
産業厚生委員会だけではわからないお金の流れがわかるし、いろんな勉強にもなります。
今回は、これまでの2年よりも、審査時間が長かったです。メンバーが変われば質問も変わるし、これまでと別の視点から見られるので、いい経験になりました。

全体を通して感じたのは、情報公開、情報発信がまだまだなされていないということです。各事業の詳しい内容までは、出ていません。事業を行うにあたっても、もっとホームページなんかを利用すれば、もっともっとうまくいくのにって思います。

決算の状況だけでも、ホームページに載せればいいのにと思います。広報そえだや議会だよりなんかに載せはしますが、どうしても紙面の制約があるので、すべてを載せるわけにもいきません。
ホームページの改善は、前から言っていることですが、なかなかよくならないのは、残念なことです。

また、今回の決算審査委員会で、情報公開を求めコピーをしてもらうと、その料金が一枚300円であることがわかりした。これについては、別に書こうと思います。
決算審査委員をする度に、ほんと、勉強になります。

決算審査での議論が、来年度の予算編成に反映されることを望みます。。。

4日の活動日記。

11月になり、今年も残り○日ってのを耳にするようになりました。
早いものですね。

3連休は、添田にいました。
11月1日(土)は、添田での披露宴を行いました。
10月11日(土)の披露宴は、親族・友人とでしたので、今回は、添田の町長をはじめ議員の方々、隣組の方々にご参加いただいての披露宴です。
場所は、そえだジョイを利用しました。
添田披露宴2 添田披露宴1
日本酒のおかげで、すっかり酔いました。
添田披露宴も無事に終わり、ほっとしています
あとは、家探しです。。。

3日(月)は、添田文化祭を観に行きました。
今年もすばらしい作品が多く並んでいましたよ。
あと、BBIQ(ビビック)のブース?(コーナー?)もありました。
光ファイバー整備事業のことを知ってもらおうということでしょう。いいですね、こういうの。

光ファイバー整備事業については、今月の広報そえだに特集記事が掲載されています。早いところでは、明日(5日)、配布されるかと思います。町のホームページ内にも、特集ページを設けたり、質問を受けたりすればいいのになと思います。。。

本日(4日)は、パスポートの受け取りなんかをしたりしていました。
パスポートってそんなに変わらないと思っていたら、違いました
前のパスポートは48ページだったのに、新しいパスポートは52ページです。
しかもICチップが内蔵されています
いや~、びっくりですねー。
これで入国審査がスムーズに行くといいのですけどね。

明日(5日)は、溜まった日記をまとめようと思います。
視察の報告もまだですし。。。

2008年11月のスケジュール。

01(土)添田披露宴(12:00~、そえだジョイ)
02(日)
03(月)
04(火)
05(水)
06(木)党の会議(18:00~、田川市)
07(金)党の会議(15:00~、福岡市)
08(土)社民党首長自治体議員団福岡県会議定期総会(10:00~、福岡市)
09(日)男魂祭(10:00~、添田町深倉)
10(月)
11(火)第25回まちぱぶ(19:00~、添田町中央公民館)
12(水)連合福岡京築・田川地域協議会定期総会(18:30~、行橋市)
13(木)
14(金)
15(土)副業(09:00~、福岡市)
16(日)副業(10:00~、島根)
17(月)
18(火)産業厚生常任委員会(09:30~、添田町役場)
19(水)
20(木)
21(金)党の会議(15:00~、福岡市)
22(土)副業(10:00~、福岡市)
23(日)新風まつり(11:00~、田川市)
24(月)ふれあいウォークinそえだ(08:00~、添田町)
25(火)副業(18:00~、福岡市)
26(水)連合福岡田川地区連絡会総会(懇親会)(19:00~、田川市)
27(木)副業(16:00~、北九州市)
28(金)産業厚生常任委員会(15:30~、添田町役場)
29(土)副業(10:00~、福岡市)
30(日)

太字は添田町での予定です。

2008年10月のアクセス数。

10月のアクセス数です。

ユニークアクセス:1,110(9月:1,038)
トータルアクセス:2,345(9月:2,113)

※ユニークアクセス…訪問者の重複アクセスを数えていないアクセス数、トータルアクセス…訪問者の重複アクセスを数えているアクセス数(ページ閲覧数)。

いつも、ご訪問、ありがとうございますm(_ _)m
えーー、今月のクリック先No.1は、結婚式の写真でした(^_^;)

プロフィール

久保田 実生

Author:久保田 実生
まちづくリストを目指して活動しています。
添田町議会議員(3期目)。

足跡掲示板

お気軽にコメントしてください♪

※私が不適切だと判断した書き込みは、通知なしに削除する場合があります。ご了承ください。

カテゴリー

最近の記事&コメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

キーワード(タグリスト)

キーワードを選択いただくと、関連する日記(記事)をご覧いただけます。

PDCAJIAM添田町議会飯田市行政評価決算審査添田町震災防災大分県熊本県四万十塾狭山事件イベント議会改革川崎町渋谷区クローズアップ現代News23あり方委員会議会広報常任委員会選挙産業厚生常任委員会相川俊英条例年金歴史的風致維持向上計画総合計画議会だより総務文教常任委員会議会議会広報特別委員会ふるさと納税日光市マンガ福岡市行財政改革カイゼン鳥取県わかりやすい予算書DNA運動平川市議会ホームページ福岡市議会チーム議会情報共有子育て講演会花まる学習会高濱正伸議員定数人口藻谷浩介市町村合併婚活街コン流山市議会松野豊クラウドファンディングチクスキ中村文昭観光指定管理者ホテル和住民投票情報発信広川町入札川町情報公開スケジュールまちづくり津屋崎英彦山がらがら英彦山糸田町大阪維新の会せんたくまちぱぶ協働ワールドカフェ大刀洗町NPO共働リコール百条委員会検察審査会ボランティア社会保障世代間格差Evernote奈良市屋久島アクセス数田川市香春町対話事業仕分け構想日本視察御船町福島町福津市ビジョンカフェ田川高校夏祭り男女共同参画ホタル対馬市白老町ウッディー観光ボランティアしゃくなげ荘歓遊舎ひこさん東京財団我孫子市福嶋浩彦神幸陸前高田市八木澤商店議会基本条例東日本大震災報酬審議会マニフェスト武雄市南風原町電子自治体浦添市財務諸表新地方公会計制度松本武洋和光市岡垣町江華郡山伏弁当岩石城ハコモノ行政有害鳥獣地域ブランドイノシシ英彦山サイクルタイムトライアル森の家ボイラーボイラー委員会100条委員会個人情報保護地方自治法議会報告会全員協議会滞納英彦山勤労者福祉協会住宅公職選挙法教育首長阿久根市栄農社公共交通医療制度水源地福智町政治倫理条例飯塚市予算e都市ランキングブロードバンド一般質問総合窓口修験道美深町戦争長谷川岳夏まつり下條村海士町山口はるな小布施町寄付政策木下敏之財政クマタカ猪名川町平和期末手当ラスパイレス指数議員力検定日置市須佐神社国民健康保険まちの駅社民党妊産婦健診浄化槽助成金森林環境税粉炭ストーブ平和憲法をいかす会沖縄国土調査小泉改革都市間交流夕張市財政健全化法添田町郷土史会広報そえだ水道馬路村決算審査特別委員会歴史産廃処分場敬老会ゴミ富士山杉田久女句碑種田山頭火高校交際費直方市基地少子化町民税佐々木小次郎組合乳幼児医療制度川渡り神幸祭渕上塾労政懇田植え米作りNPOタケノコ終末期医療費三セク山村留学津野平成筑豊鉄道クラスター爆弾栗山町添田東長生会平均寿命長洲町2050年大任町遺跡議会事務局まちづくり推進室自己紹介

トラックバック

カウンター&管理方針

※管理者(=私)が不適切だと判断したコメント・TBは、通知なく削除する場合があります。ご了承ください。

ツイッター(twitter)

リンク

このブログをリンクに追加する

お気に入りのブログ

メール(お気軽にどうぞ)

こちらのフォームから管理者(=私)にメールを送ることができます。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログランキング


クリックしてくださいね♪ にほんブログ村 政治ブログへ

日記の写真

日記中の写真をクリックすると原寸表示されます。 もう一度クリックすると閉じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。